このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タコの正しい茹で時間とは?好みの食感に合わせて調整しよう

タコの正しい茹で時間とは?好みの食感に合わせて調整しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年1月 8日

ぷりぷりっとした食感が美味しいタコだが、自宅で茹でダコを作る場合には、どうしたらよいのだろうか。この記事では、茹で汁に入れるものや、茹で時間などの基礎を紹介する。そのうえで、柔らかめがいい、コリコリとした食感がいいなど、好みの食感に仕上げる方法もチェックしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タコを茹でるときの基本

はじめに、タコを茹でるときに知っておきたい基礎知識を説明しよう。必要なのは、下処理を済ませたタコのほか、大きな鍋いっぱいに沸騰させたお湯だ。(※沸騰後は弱火にする)お湯には塩を少々入れるだけでも問題ないが、家に番茶があれば、こちらも加えよう。番茶を加えると、タコの色が落ちづらく、赤く鮮やかに茹で上がるためだ。番茶は沸かしたものを茹で汁に注ぐか、茶葉を出汁袋に入れて煮るとよい。
沸騰した湯にタコを入れるときは、頭を持ち、足から少しずつ入れていく。タコの足がきれいに丸まっていくので、足先が丸まりきったら頭までゆっくりと入れていこう。
茹で時間は、頭まで入れてから約3~5分が目安だが、タコのサイズによって茹で時間は変わるので注意してほしい。茹でている間は、アクをすくい取ること。茹であがったらザルなどにあげて、あら熱を取ろう。お好みのサイズに切ってそのまま食べてもよいし、酢の物やからあげなどの料理に使ってもよいだろう。

2. タコを柔らかくしたいときの茹で時間・コツ

タコをできるだけ柔らかい食感にしたいのであれば、下処理のときにたっぷりの粗塩でよく塩もみをするほか、料理酒につけておくのもよい。昔から、タコを大根で叩くとよいと言われているが、これはタコの繊維を壊すために行う。大根に含まれる酵素「アミラーゼ」が繊維を壊し、タコを柔らかくするほか、棒よりもタコに傷がつきにくいといった理由からだ。だが、そのために大根を用意するのもおかしな話なので、大根がなければ棒を代用しよう。
茹で始めるときには、茹で汁に塩と番茶のほか、料理酒と酢を少々加えるとよい。茹で方の基本は変わらず、沸騰したお湯を弱火にし、タコを足から徐々に入れていく。しかし、茹で時間に関しては、2~3分と短めを目安にし、茹で上がったら冷水につけよう。こうすることで予熱によって中まで火が通り過ぎるのを防ぎ、外側のぷりっとした食感を保ちながらも、中はとても柔らかい食感になるのだ。
ただ、この茹で方だと中が半なまになる恐れがあるため、なるべく鮮度の高いタコを使うよう気をつけてほしい。

3. タコの食感を残したいときの茹で時間・コツ

タコのコリコリとした食感を楽しみたいのであれば、単純に言えば、柔らかく茹でるときの反対にすればよい。だからといって塩もみの工程を飛ばしてしまうと、茹でたときにアクが多く出たり、色が悪かったり、汚れが残っているなど美味しい茹でダコからは遠ざかってしまう。そのため、食感を強く残したいときでも、塩もみはきちんと行う必要がある。
一方、茹で汁は、塩と番茶のみでよいだろう。茹で方も基本と変わらず、弱火で足から頭までじっくりと茹でていく。茹で時間は5~10分と長めを目安にするが、湯が再沸騰しないよう気をつけよう。沸騰した湯で茹でてしまうと、コリコリとは別の硬い食感になり、美味しさが半減してしまう。茹で上がったら、氷水につけて身を引き締めるとよいだろう。
また、素材選びに気を配る方法もある。明石のタコは身が引き締まり、食感がよいと言われているため、よりコリコリ食感を楽しみたいのであれば、明石のタコを選ぶのも一つの手だ。

4. タコの食感別おすすめ料理

まず、食感に関係なく、お酒のアテに刺し身として食べるのがおすすめだ。柔らかいタコは刺し身らしさがより強く、硬めのタコはおつまみらしい歯ごたえが楽しめる。マヨネーズに一味唐辛子などをふって食べるのも美味しいだろう。
茹で時間の短い、柔らかい食感のタコが活きるのは、サラダ系の料理だろう。オニオンスライスと合わせて、醤油をかけたり、カルパッチョソースをかけたりと和風にも洋風にも仕立てることができる。
茹で時間の長いコリコリ食感のタコは、からあげにしてもよいし、小さめに刻んでタコ飯やコロッケ、シュウマイなどに入れるのもよい。コリコリ食感が口の中で弾け、食欲をそそってくれるだろう。

結論

タコはすぐに硬くなりやすい特徴を持つため、火加減と茹で時間がとても重要だ。茹で方の基礎はもちろんだが、好みや料理に合わせて茹で時間を変えられる知識も身につけてほしい。そうすれば、より美味しいタコ料理が楽しめるだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ