このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

タコの正しい保存方法とは?味を落とさないコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

日本人にとって身近な食材であるタコ。さまざまな料理に使え、生でも加熱しても美味しいうえに栄養も豊富な万能食材である。スーパーでも売られており親しみある食材だが、正しい保存方法というのは案外知らないものだ。今回は冷蔵、冷凍などの正しいタコの保存方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タコの正しい保存方法を知ろう!

タコは生も茹でも味が落ちやすいデリケートな食材のため、すぐに調理しない場合は下処理をして茹でたうえで保存するのが正解。

釣ってきたタコの場合は、その場ですぐ締めるのが最もよいが、市場などで購入した場合は店の人に捌いてもらうほうがより正しい保存方法に近付けるだろう。
その後の処理としては、まずヌメリ取りが必須である。大量の塩を使ってタコの足部分を中心にしっかりと、可能であれば30分ほど時間を使ってもみこむ。足の付け根部分は念入りに、足先に向かってしごくようにするともみやすい。吸盤部分もゴミが入っている可能性があるためとくに注意して洗いながら塩もみをしよう。
キュッキュッと音がするくらいになったら塩もみは完了。この塩もみによってタコは柔らかくなり、同時に生臭さもとることができる。

次に沸騰したたっぷりの湯で、茹でダコにしていく。塩をひと掴み分投入し、タコを足のほうから湯に少しずつ浸ける。すると足先がくるくると丸まり、よく店頭で見かける茹でダコの姿になり始める。タコを頭まで湯に浸けたら、3~5分ほど茹で続けよう。

茹で過ぎると表面の皮がはがれ、固くなってきてしまうので注意が必要である。箸や竹串などが通ったら茹でダコの完成。柔らかさと味を保ったままで長期保存できるのが、タコの正しい保存方法のメリットだ。

2. タコの冷蔵保存の基本

ここではタコの冷蔵保存の仕方を解説しよう。下茹でしたタコは必ず熱を冷まして、表面の水分を拭き取って保存するのがポイントだ。水分が残っていると、傷みの原因になるので気を付けよう。

頭と足に切り分けて、さらに足を一本ずつに分ける。その足はそれぞれラップでぴったりと包んで、保存袋に入れてから冷蔵庫へ。冷蔵保存の場合は3~5日は保存することができる。

また、茹でダコは酢漬けにすることで保存期間を延長することが可能だ。1週間から10日ほどは冷蔵保存で美味しさを保てる。ただし、その場合は当然酢の味が馴染むため、酢の物やサラダに使用するとよいだろう。

3. タコの上手な冷凍保存方法

タコの保存方法ではじつは冷蔵よりも冷凍保存がおすすめだ。

冷凍して解凍したあとでも食感と風味が劣化しにくく、かなり長期間の保存が可能になる。冷蔵保存の場合は時間が経つと表面が乾燥してくるが、冷凍保存だとそれが起こらないからである。

手順は簡単で、冷蔵時と同じように表面の水分を拭き取ってから、ジッパー付き保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に入れるだけだ。

冷凍保存期間は2~3ヶ月ほど。あらかじめ用途に合わせて小さくカットしておけば、たこ焼きなどに手軽に使える便利な食材となる。

4. 美味しさを失わないタコの解凍方法

冷凍したタコを解凍する場合、自然解凍するのが最も美味しさを低下させない解凍方法だ。

真夏など、室温の高い場所に放置しておくのが不安な場合は、冷蔵庫内で時間をかけてゆっくりと解凍させるとよいだろう。

時間があまりない、というときには凍った袋のまま流水をかける解凍方法がベターだ。電子レンジで解凍すると、タコに余分な熱が通り食感が固くなってしまうため美味しさが落ちてしまう。煮物やスープなどに冷凍タコを使いたいときは凍ったまま調理しても大丈夫なので覚えておこう。

タコはどんな料理にも使いやすく、バラエティ豊かに応用可能な万能食材。保存方法や解凍方法を知っておくだけで日々の料理に広がりが出ることだろう。

結論

世界で一番タコを食べている国民、日本人にとってタコは食卓を彩る大切な食材。栄養素も豊富で、楽しい食感がアクセントになる。店で食べるだけでなく、自宅でもさまざまな料理に活用してほしい。正しい保存方法や解凍方法を知ることで、もっと気軽にタコを購入したくなるはずだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ