このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ハンバーグソースの簡単アレンジ。オリジナルソースで楽しもう

投稿者:
ライター 大中千景(おおなかちかげ)

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年5月24日

子どもから大人まで、世代を問わず愛される料理のひとつ、ハンバーグ。しかし、毎回同じ味付けのソースで少々食傷気味、という人もいるのではないだろうか。今回は、自宅で簡単にできるハンバーグソースのアレンジ方法をいくつかピックアップしてみた。ひと味違った美味しさを体験してみたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

1. ハンバーグソースの簡単な作り方

ハンバーグを作ったけれど、ソースはケチャップやウスターソースをかけるだけ、という人も多いだろう。それはあまりにももったいない。ふっくらジューシーなハンバーグができたなら、それに見合うような美味しいソースで食べたいもの。まずは簡単なのに美味しいハンバーグソースの作り方を紹介しよう。ハンバーグを焼いたフライパンにトマトケチャップとウスターソースを加えて、温めながら混ぜるだけ。煮立ったらできあがり。あまりに簡単でおどろくなかれ、作り方のポイントはふたつだ。まずひとつめはソースとケチャップの比率。黄金比率はソースが3でケチャップが2であることを覚えておこう。もうひとつは必ずハンバーグを焼き終えたあとのフライパンをそのまま使用すること。間違っても洗ったりしてはいけない。ハンバーグを焼いたフライパンには肉汁がたっぷりと残っている。この肉汁を使用することが、簡単で美味しいハンバーグソースの作り方のコツなのだ。

2. たまねぎを使ったハンバーグソース

ハンバーグと相性がいい野菜のひとつにたまねぎがある。ここでは、たまねぎを使用したハンバーグソースのアレンジ法を紹介しよう。

・たまねぎをすりおろす

ハンバーグソースのアレンジ法のひとつが、ソースにすりおろした野菜を入れること。これだけで簡単にハンバーグソースの味わいが変わるのだから面白い。しょうゆベースのハンバーグソースの中にすりおろしたたまねぎを入れて煮込んでみてほしい。たまねぎの甘い味わいが印象的な美味しいハンバーグソースのできあがりだ。

・バターでたまねぎを炒める

デミグラスの中に、バターで炒めたたまねぎを入れてみよう。バターのコクとたまねぎの甘みが、デミグラスを一層美味しくしてくれる。たまねぎの食感を残したければ、ハンバーグの上に炒めたたまねぎをのせ、その上からソースをかけるとよいだろう。トロトロのたまねぎを楽しみたかったら、デミグラスの中でしばらく煮込むことをおすすめする。

3. きのこ入りハンバーグソース

きのこ入りのハンバーグソースが好きな人も多いだろう。ここでは、きのこのハンバーグソースを簡単に作るコツを紹介しよう。

・あんかけにする

きのこを出汁としょうゆ、みりんでひと煮立ちさせてから水溶き片栗粉でトロミをつけると、あっという間にきのこのあんかけソースのできあがりだ。大根おろしや大葉とともにハンバーグにかけると、さっぱりとした味わいが楽しめる。きのこはお好みでチョイスしよう。

・デミグラスで煮込む

市販のデミグラスできのこを煮込むと、風味豊かな味わいが楽しめるハンバーグソースができる。まいたけやしいたけ、マッシュルームなど、数種類のきのこを使用すれば、それぞれの食感が楽しめるのでおすすめ。煮込む前にさっと炒めるのがポイント。

4. ケチャップなしで作るハンバーグソース

ハンバーグソースにケチャップは必須アイテムと思われがちだが、そんなことはない。ケチャップなしでも十分美味しいハンバーグソースを作る方法はいくらでもあるのだ。ここでは、ケチャップなしでも作れる絶品ハンバーグソースを紹介しよう。

・和風ハンバーグソース

ケチャップなしで作れるハンバーグソースの代表格といえば和風ソースだ。シンプルに大根おろしや大葉、ポン酢で食べてもさっぱりとして美味しい。ひと手間かけたければ、しょうゆとみりん、酒、砂糖を煮詰めて照り焼きソースをつくるのもおすすめ。甘辛いソースがハンバーグによく合い、ごはんがすすむ美味しさだ。

結論

ハンバーグソースといってもそうむずかしく考える必要はない。想像力を働かせて、ハンバーグに合いそうな野菜や調味料を組み合わせていけばよい。料理は自由だ。ぜひ試行錯誤して、簡単で美味しい自分だけのオリジナルハンバーグソースを開発してみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ