このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

長期保存に向かない浅漬けを美味しく安全に保存するには!?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月24日

食べたいと思いたったらすぐに作れて、すぐに食べられるのが浅漬けのよいところ。しかし、その調理の手軽さゆえに、保存期間が短いのも浅漬けの特徴でもある。短い保存期間の中で、浅漬けを美味しく保存する方法について紹介する。

1. 浅漬けの正しい保存方法は冷蔵保存

どんな漬物でも、冷蔵保存が正しい保存方法だとされている。特に浅漬けは、冷蔵保存が不可欠と言える。野菜に塩をまぶして作る浅漬けは、塩に漬け込む時間も30分から1時間程度とわずか。さらに、塩分濃度も他の方法で漬けた漬物に比べて低く、あまり長期の保存に向いているとは言えない。正しい保存方法を選択しないと、すぐに傷んでしまうので注意しよう。

漬物にはさまざまな種類があるが、何日も漬け込んで発酵させたぬか漬けや粕漬けなどの漬物は保存がきいて、数週間にわたり保存が可能だ。これらは塩分濃度も高く、塩抜きをする場合もあるほど。発酵させたことに加えて、塩分濃度の高さも長期保存向けではあるものの、こうした漬物でさえも冷蔵保存が基本とされている。浅漬けはなおさらだという点を押さえておきたい。

2. 浅漬けは冷蔵保存でも保存期間は2日間

浅漬けは既製品で未開封の状態であれば、そのまま冷蔵庫に入れて冷蔵保存すればOK。賞味期限内に必ず食べ切ることだ。開封後のもの、もしくは自家製のものは、タッパーやジッパー付き保存袋などに入れて、空気をしっかりと抜いた上で冷蔵保存する。開封後のものは開封後2日以内に、自家製のものも、漬けた当日、遅くとも翌日までには食べ切ろう。

また、塩ではなく浅漬けのもとなど、漬け汁に浸して作る浅漬けもある。つけ汁がある場合は、浸したままの状態で保存容器に入れ冷蔵保存する。漬け汁に浸かっている状態の方が空気に触れないので、雑菌の繁殖が抑えられるというメリットがある。また、漬け汁には塩分が含まれているので保存効果もアップする。漬け汁がある場合でも、2日以内に食べ切るようにしよう。

3. 浅漬けの冷凍保存は避けるべし!

一般的に漬物の多くは、冷凍保存には適さないとされている。その中でも特に浅漬けは、漬け込み時間が短く水分量が多いので、冷凍保存には向かない漬物だ。もともと浅漬けは、生野菜のシャキシャキとした食感を楽しむもの。冷凍保存すると、いざ食べようと解凍したときに食感が変化し、浅漬けの醍醐味である、野菜のシャキシャキ感が失われてしまうのだ。冷凍保存はやめておこう。

どうしても浅漬けを冷凍保存したい場合は、漬け込む過程で出た余分な水分を切ってから保存容器に入れ、空気をしっかりと抜いて冷凍保存する。これで1ヶ月ほど保存が可能だ。

4. 浅漬けの解凍方法は自然解凍がおすすめ

浅漬けを冷凍保存したときの解凍方法は、常温での自然解凍もしくは前日から冷蔵庫でゆっくりと時間をかけて解凍するのがおすすめだ。浅漬けは、もともと生野菜に近いサラダ感覚で楽しむものなので、電子レンジなどで加熱する解凍方法は避けよう。

結論

漬物は長期保存できるというイメージがあるが、浅漬けは発酵過程を踏まないので、長期保存には適さない。また、野菜をカットしてから漬けるという点も、他の漬物に比べて傷みやすい原因だ。冷蔵保存であっても、長くは保存できないということをしっかり覚えておこう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ