このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

タバスコと何が違う?チリソース、ハバネロの栄養やカロリー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月28日

ハバネロは唐辛子の一種で、かつては世界一辛い唐辛子といわれていた。いまはジョロキアなど、ほかに最も辛いといわれている品種があるが、スナック菓子などに使われたことでも聞き覚えのある人もいるだろう。日本では、ごくわずかしか栽培されていないことから、あまりなじみがないかもしれないハバネロだが、カロリーや栄養価はどうなのだろうか?

1. あまり知られていない、ハバネロのカロリーは一体?

タバスコとの違いは何だろう?タバスコは唐辛子を使ったソースの商標名。ハバネロは、原材料の唐辛子の名前が「ハバネロ」といい、唐辛子を使ったソースという点は同じだ。

メキシコをはじめとする南米がおもな産地のハバネロは、単に猛烈に辛いだけでなく、柑橘系のフルーティーな香りをもっている。鶏肉、牛肉料理やカレーなどに用いることで、料理全体の風味をアップさせることができる。

ハバネロのカロリーは、大さじ1杯で10kcalである。ソースのとろみは発酵によるもので、糖分なども含まれていないのでカロリーは低い。
辛さはもちろんタバスコとは異なる。ハバネロは、国産の唐辛子よりも3~5倍の辛さをもつのが特徴だ。

2. ハバネロに栄養価はあるのだろうか?

ハバネロはタバスコ同様、発酵して作られる食品。唐辛子を選別して収穫したあと、ペースト状にしてから樽の中に入れ、数年熟成させる。その後、酢を混ぜ、種などを取り除いてから、ボトルに詰められる。収穫から完成まで、じつに3~4年もの長い月日をかけて作られているのだ。

また、唐辛子を食べると、身体がカーッと熱くなってくることがあるだろう。これは、ハバネロなど唐辛子のおもな辛み成分、カプサイシンによるものだ。摂ることで内臓感覚神経に働き、アドレナリンの分泌を活発にさせ、代謝の促進や発汗を促す。胃腸にも刺激を加えるので、胃腸の働きも活発になり、食欲を増進させる働きもする。
β-カロテンも豊富で、免疫細胞に活発に働きかけるほか、体内でビタミンAに変換され、視覚の調節や粘膜、肺器官などの健康も維持してくれる。

3. ハバネロに、糖質はあるのか?

ハバネロの糖質は大さじ1杯で0.9gと、カロリー同様に低い数値だ。ダイエット中や糖質オフ中でも摂り入れられるソースではあるが、過度に摂りすぎると胃や喉の粘膜に炎症を引き起こす可能性がある。口内の味を感じ取る器官である「味蕾(みらい)」も、正常に機能しなくなってくる場合もあるので、摂取量には注意して使おう。

4. ハバネロをカロリーオフするおすすめレシピ

「ハバネロオイルソース」

ハバネロの辛さをストレートに味わえる、オイルソース。ピザや、カレー、お好み焼き、焼きうどんなどにも相性バツグンだ。市販のものとは別で糖類は入っていない。とてもヘルシーなオイルである。簡単にできるので、ストックしておくと便利だろう。
  • 材料は、生のハバネロとオリーブオイルのみ
  • ハバネロのヘタを取り、水でサッと洗って、水気をふき取る
    (皮膚が敏感な人は、ビニール手袋などをはめて作業することをおすすめする)
  • つまようじや竹串などの先端で刺して、ハバネロに穴を開ける
  • 煮沸消毒したビンにハバネロを入れ、オリーブオイルをひたひたに入れる
  • 冷蔵庫に入れ、翌日には食べられるが、3日ほどおくと風味と辛みがアップしてくる。好みで、ニンニクのスライスを入れると味にコクがでるのでおすすめだ。
冷蔵庫に入れて保存する。ハバネロを食べられる期間は1ヶ月ほどだ。オイルは、半年から10ヶ月ほどは保存が可能だ。ラー油のように、冷ややっこや餃子などにも合うので、辛いもの好きの人は、ぜひ試していただきたい。

結論

ハバネロは非常に辛みが強いので、摂りすぎると身体の粘膜や感覚器官に支障をきたす場合がある。味付けのアクセントとして楽しむ程度に、調整しながら摂り入れていこう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ