このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンビニでも買える!ボリューム満点の生姜焼き弁当のカロリーは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月 2日

ごはんが進むおかずの代表的存在である豚の生姜焼き。豚肉に下味を付けて焼くだけで簡単にできるので、チャレンジしやすい料理だ。また、弁当に入れても最高のおかずになるので、作りすぎた次の日は、生姜焼き弁当として美味しく食べることができる。そんな生姜焼きは、いまではコンビニでも手に入れることができる。ではその生姜焼き弁当のカロリーについて考えたことはあるだろうか。今回は、生姜焼き弁当について詳しく紹介する。

1. 生姜焼き弁当のカロリーはどのくらい?

まず、生姜焼き弁当のカロリーを詳しく解説しよう。生姜焼きは、豚肉のどの部分で作るかによってカロリーが変わる。豚ロース肉100gで作った場合、しょうゆや砂糖、みりんなどの調味料や油を含めて約340kcalである。豚バラ肉100gで作った場合は386kcalと少し高く、豚もも肉100gで作った場合は、183kcalと比較的ヘルシーな生姜焼きができる。生姜焼きに玉ねぎを入れて作ると、玉ねぎ約30gで11kcalがプラスされる。白ごはんは、茶碗1杯程度の140gを詰めると235kcalだ。
また、生姜焼きと白ごはんだけでは野菜が足りないので、相性がよい千切りキャベツも一緒に詰める人が多いだろう。キャベツは100gで23kcal。合わせると、豚ロース肉の生姜焼き弁当が609kcal、豚バラ肉の生姜焼き弁当が655kcal、豚もも肉の生姜焼き弁当が452kcalとなる。成人男性が1日に必要なカロリーが約2000kcalといわれているため、600kcal程度ある生姜焼き弁当は、1食分としてちょうどよいということになる。

2. 各コンビニの生姜焼き弁当の特徴は?

生姜焼き弁当を購入する人もいるだろう。次は、コンビニの生姜焼き弁当について紹介しよう。各コンビニで特徴があるようだ。
まずは、L社の生姜焼き弁当。豚ロース肉を使用しており、しょうががきいた甘辛いタレでボリューム満点の弁当である。カロリーは811kcal。マヨネーズの小袋付きだ。
2018年4月頃に発売されたS社の生姜焼き弁当は、玉ねぎだけでなくピーマンも入っているのが特徴的である。カロリーは589kcal。
F社では、2018年1月頃に数量限定で発売された生姜焼き弁当がある。この生姜焼き弁当は、豚ロース肉と豚バラ肉の両方を使用した贅沢な弁当だ。副菜として、ナポリタンとポテトサラダが付いており、ボリュームも満点である。カロリーは632kcal。
各コンビニによって、生姜焼き弁当はさまざまな工夫がされていることが分かる。ただ、コンビニの生姜焼き弁当は、期間限定、数量限定として販売されていることがあり、つねに置いてある商品ではないようだ。

3. 生姜焼き弁当の最適な詰め方は?

生姜焼き弁当を手作りするとき、どのような詰め方をしているだろうか。生姜焼き弁当は、詰め方をちょっと工夫することによって、見た目も美味しくすることができる。まずは、弁当箱の半分に冷ました白ごはんを詰める。そして、白ごはんと生姜焼きの間には、千切りキャベツを詰める。そうすることで、千切りキャベツが生姜焼きのタレを吸収し、タレがほかに流れ出るのを防ぐことができる。
そして、メインの生姜焼きの詰め方は、立体的にこんもりするように詰める。生姜焼きも完全に冷ましてから詰めるようにしよう。副菜として、卵焼きやひじき煮などを詰めよう。隙間には、ミニトマトや枝豆などの色鮮やかな食材を詰めることによって、茶色一色の生姜焼き弁当が一気に彩り豊かな弁当に変わる。
最後に、生姜焼き弁当が冷めても肉がかたくならないようにするコツを紹介する。それは、下味を付けた豚肉を焼く前に、片栗粉をふりかけてもみこんでおくことだ。これをすることによって、肉が柔らかくなり、さらに生姜焼きの汁けが出にくくなるようだ。

結論

生姜焼き弁当のカロリーや手作りするときの詰め方やコツを知っていただけただろうか。生姜焼きと白ごはんだけの弁当では、彩りもバランスも悪いので、野菜を上手に取り入れることで、栄養満点の生姜焼き弁当を楽しむことができる。また、コンビニの生姜焼き弁当も、各社によって工夫がされているので、いろいろな生姜焼き弁当を味わってほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ