このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ビターな大人のスイーツ【ティラミス】のカロリーはどれくらい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月22日

エスプレッソのビターな味わいと、マスカルポーネチーズを使ったクリームのまろやかな甘さが人気のスイーツ・ティラミス。甘すぎないことからつい食べすぎてしまうこともあるので、どれくらいのカロリーがあるのかは気になるところだろう。そこで今回は、ティラミスのカロリーや糖質などについて紹介していく。

1. チーズをたくさん使うティラミスはカロリーも高め

ティラミスに使われる主な材料としては、卵黄、砂糖、マスカルポーネチーズ、生クリーム、小麦粉、コーヒーがあげられる。ティラミスのカロリーは、これらの材料のカロリーがわかればイメージできるだろう。
それぞれの材料の100gあたりのカロリーは、卵黄:387kcal、砂糖(上白糖):384kcal、マスカルポーネチーズ:293kcal、生クリーム(乳脂肪):430kcal、小麦粉:367kcal、インスタントコーヒー:288kcalとなっている。インスタントコーヒーについては粉100gに対するカロリーなので、実際は気にするほどのカロリーにはならないだろう。しかし、それ以外の材料は非常にカロリーが高い。とくにマスカルポーネチーズや生クリーム、小麦粉は使う量が多いため、ティラミスのカロリーも高いといえるだろう。
とはいえ、これらの材料を100gも使うとなると、数人分のホールケーキサイズとなる。カロリーが高いことには違いないが、1人前のティラミスのカロリーは各材料100gあたりのデータからイメージするものよりは低くなるだろう。

2. ティラミスのメインとなるチーズは栄養豊富!

ティラミスのメインとなるのは、マスカルポーネチーズを使ったクリームだ。ティラミスの栄養を考えるうえでも、一番のポイントになるのはチーズだといえる。
チーズの栄養素でまず注目すべきなのは、タンパク質だ。チーズには良質なタンパク質が含まれていて、その割合も多い。マスカルポーネはチーズの中ではタンパク質が少ないほうだが、質のよいタンパク質が摂れることには違いないといえる。また、骨などを構成するカルシウムや、ビタミンCを除いたほとんどのビタミン類が含まれていることも大きなポイントだ。
チーズには、脂質も多く含まれている。脂質が多いというとマイナスなイメージがあるかもしれないが、三大栄養素のひとつなので身体にとって必要な栄養素だ。加えてチーズの脂質は非常に燃焼されやすく、吸収率もよいので脂質を摂取する手段として優れているといえる。

3. 意外に低めなティラミスの糖質

ティラミスのカロリーが気になる人は、同じく糖質も気になることだろう。
ティラミスに使う材料における100g中の糖質は、卵黄:0.1g、砂糖:99g、マスカルポーネチーズ:4.3g、生クリーム:3g、小麦粉:73.3g、インスタントコーヒー:56.5gとなっている。上述したようにインスタントコーヒーは粉100gでの数値なので、ティラミスに使う分量を考えると大幅に少なくなるだろう。こうしてみると砂糖や小麦粉はさすがに糖質が高いが、それ以外の材料については思ったよりも糖質が少ないと感じるのではないだろうか。メインとなるマスカルポーネチーズの糖質が少ないので、ティラミス全体の糖質も大きく抑えられていると考えられる。

4. ティラミスをカロリーオフする食べ方のポイントはスポンジ

意外に糖質が少ないことがわかったティラミスだが、高カロリーなのは注意すべきポイントだ。ティラミスを自分で作る際には、カロリーオフする食べ方についても考えておきたい。
ティラミスをカロリーオフする食べ方としては、スポンジを使わないことがあげられる。ティラミスの材料の中でも小麦粉や砂糖は高カロリーだが、実はこの2つの材料は主にスポンジに使われている。つまり、スポンジを使わず、たとえばカップにマスカルポーネクリームを入れてコーヒーシロップをかけるなどすれば、カロリーを大きく抑えることができるだろう。小麦粉や砂糖は糖質が高くなる要因でもあるので、カロリーオフする食べ方としておすすめだ。
また、どうしてもスポンジが欲しい場合は、小麦粉の代用品で作るとカロリーを抑えやすい。たとえばグルテンフリーの粉や、全粒粉などがあげられる。

結論

ティラミスは高カロリーだが、糖質はそれほど高くない。スポンジを使わない、あるいは低カロリーなものに変更すれば、カロリーも抑えることができる。ケーキにはさまざまな種類があるが、以上のことからティラミスは比較的カロリーをコントロールしやすいケーキだといえるだろう。ティラミス作りに挑戦するときは、カロリーを抑える工夫についても考えてみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ