このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

春巻きのカロリーは高い?カロリーと糖質をオフする方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 2日

こんがりと揚げた春巻きは、皮の部分に多くの油を含み、カロリーの高い料理といえるだろう。実際、春巻きにはどのくらいのカロリーがあるのかをご存知だろうか。春巻きをカロリーカットして食べる方法と併せて春巻きのカロリーや栄養について紹介したい。

1. 春巻き1本あたりのカロリーはどのくらいか

春巻きは主菜として食べる場合もあれば副菜として食べることもある。料理のポジションによっては食べる量が異なるため、ここでは春巻き1本あたりの平均的なカロリーについて見ていくことにする。

春巻きのカロリーは、レシピによって差がある。というのも、春巻きの中身にどんな具材が使われているかによって大きく変わってくるからだ。

基本的な春巻きの具は、春雨と豚肉をオイスターソースで炒めて、片栗粉で餡にしたものである。この春巻きの平均カロリーは、約130kcalである。カロリーを上げる要素は、皮が油を吸う量と、肉の脂、味付けのソースや砂糖となるだろう。

もちろん春巻きを主菜で食べるときは1本で終わるということはほぼないため、2本3本と考えるとそれなりにカロリーは高いものとなる。春巻きに関わらず、揚げ物全般はカロリーが高いということを忘れてはいけない。

2. 春巻きに含まれる栄養素と気をつけるポイント

春巻きは、衣の部分に糖質と脂質を含み、具からはたんぱく質やビタミン、ミネラルを摂取することができる。

どの栄養素もまんべんなく摂れてはいるが、1食のおかずを春巻きだけにして成り立つほど栄養素の量は多くないため、ほかの料理とのバランスは大事である。

春巻きを献立に入れたときにオーバーしやすいのが糖質と脂質だ。春巻きは油で揚げる料理であるため、脂質が多くなるのは仕方がない。さらに、小麦粉からできている皮によって、糖質も多くなりやすいということを覚えておこう。糖質制限をしているときに見落としやすいのは、このような皮の部分である。春巻き、餃子、点心などの料理は糖質制限との相性はあまりよくない。

3. 春巻きの糖質はどのくらい?

春巻きの皮に含まれる糖質の量は、強力粉9gから計算すると6.3gである。ごはん150gに含まれる糖質55.2gと比べるとわずかではあるが、肉や魚をメイン料理にするよりも糖質がオーバーしやすい。

糖質を抑えたい場合は、春巻きの量を1本程度にするか、主食の量を減らして糖質のトータル量を減らすしかない。糖質制限をしているときにはできるだけ控えたほうがよい料理といえるだろう。

4. 春巻きをカロリーカットして食べる方法

春巻きは揚げ物に分類されるため、やはりカロリーが高いのは仕方がないだろう。ダイエット中や糖質制限中には控えるべき料理といえるが、どうしても食べたい時は気休め程度でも、次のような工夫をしてみよう。

具材をヘルシーに

アレンジレシピとして、野菜を中心とした具材に変えるとカロリーを減らすことができる。春雨を白滝に、肉を使わず野菜やきのこのみでとアレンジすれば、カロリーを落とすことが可能だ。

春巻きを揚げずに焼く

生の状態の春巻きの皮に、オイルスプレーでオイルをふりかけ、オーブントースターやグリルで焼くという方法がある。油の使用量を大幅に抑えられ、さらに口当たりも軽くなる。油で揚げなくても、衣をカリッとさせる方法をマスターしておけばダイエット中でも安心だ。

生春巻き

生春巻きは使用する皮が異なるため、別の料理になってしまうが、油を使用しないことからカロリーを大きく減らすことができる。なかの具材も生野菜がメインであるため、揚げ春巻きとは全く異なるが、できるだけカロリーを抑えた料理にしたいという人は生春巻きを選ぶようにしよう。

結論

春巻きは皮が油を吸収しており、カロリーが高い。春巻きの大きさによっても異なるが、家庭で作る春巻きの平均的なカロリーは1本あたり150kcalほどである。春巻きはいろいろな栄養素をまんべんなく含んでいる料理だ。しかし、だからといってたくさん食べ過ぎるとカロリーオーバーとなるので、あくまでも適量の摂取を心がけよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ