このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チョコレートの食べ方大全集!甘さと苦さを最大限に楽しもう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 8日

甘いスイーツの代表格として世界中で人気なチョコレート。いまでは、さまざまな種類・味のチョコレートが販売されている。世界のチョコレート好きの人は甘くて美味しいチョコレートをどのようにして食べているのだろうか?今回は、食べ方次第で大きく味が変化するチョコレートの特徴・食べ方を詳しく紹介していこう。

1. さまざまなチョコレートに含まれた特徴とは

チョコレートは含まれているカカオ・乳成分の量により細かく分類される。
種類ごとに味・風味・甘み・苦味などさまざまな味の違いを感じることができる。ここでは、代表的な3つのチョコレートの特徴について紹介してく。

・ビターチョコレート

日本でいう一般的なチョコレート。カカオが多めに使用されており、甘みと苦味がちょうどよいのが特徴的だ。ほかのスイーツとも相性がよく、重宝されるチョコレートの種類。
ほかのチョコレートより少し濃い色をしている。

・ミルクチョコレート

チョコレートを作る工程で原料にミルクをプラスした苦味が少ないのが特徴的な種類。カカオの独特な苦味が苦手な人でも違和感なく食べることができる一品だ。女性や子どもから高く支持されているチョコレートだ。

・ホワイトチョコレート

名前の通り、真っ白なチョコレート。カカオバターと砂糖などで作られており、チョコレートの甘みを最大限に味わうことができる種類だ。まろやかな口溶けが人気で、子どもからの支持を集める一品。

2. 甘さが引き立つ!チョコレートの美味しい食べ方

チョコレートは甘くて美味しいという特徴が強いが、「味覚」だけではなく「視覚」「聴覚」でも楽しむことができるスイーツだ。
この3つの感覚を駆使し、チョコレートを食べることで、より美味しく味わうことができる。

手にしたチョコレートを前に「このチョコレートはカカオの生産地が違うから色が違うのか」「カカオはどのくらい配合されているのか」など、色で味を予想しながら食べていくとより深くチョコレートを味わうことができる。
チョコレートを割る音は、聴覚を刺激し、チョコレートへの好奇心・興味が高まる。視覚と聴覚で楽しんだチョコレートを口の中に入れ、味わった時いつも以上の甘み・旨みを感じることができるだろう。
とくに海外では、チョコレートを食べる環境を大切にしているのだそうだ。
より美味しくチョコレートを味わうにはチョコレート本来の味もそうだが、環境がとても重要といえる。

3. ダイエット中でも大丈夫!チョコレートのヘルシーな食べ方

甘みが強く、高カロリーが予想されるチョコレートだがダイエット中でも無性に食べたくなるのが特徴だ。
どうしてもチョコレートが食べたいという人には、カカオの割合(%)が高い物がおすすめ。カロリーは抑えることができないものの、ポリフェノールなど、健康によいとされる成分が豊富に含まれているからだ。また、最近では砂糖・糖類ゼロのチョコレートも販売されている。糖質・糖類ゼロなだけあって少し物足りなく感じることもあるが、チョコレートの風味を味わうことができるのは確かだ。
一度に多くのチョコレートを食べるのではなく、少しずつ複数日に分けて食べるのもダイエット中にチョコレートを食べる極意のひとつである。

結論

チョコレートの特徴や種類、さまざまな食べ方を知ることでより深くチョコレートを楽しむことができるだろう。自分好みのチョコレートの種類・カカオの産地・カカオの配合量を知ることで、美味しいチョコレートに出会えるのだ。食べ過ぎには注意は必要だが、チョコレートを存分に堪能してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ