このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつでも美味しいカツ丼が食べられる!トンカツを冷凍保存する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月26日

ボリューム満点で食べ応えのあるカツ丼。無性に食べたくなる時もあるだろう。そんな時に、自宅で作るとなると、けっこう面倒に感じるものではないだろうか?しかし、トンカツを冷凍保存しておけば、いつでも簡単にカツ丼を作ることが可能だ。今回は、トンカツを上手に冷凍保存する方法についてご紹介しよう。

1. 冷凍保存したトンカツはカツ丼づくりに最適

カツ丼のメインの材料となるトンカツは、多くの家庭で、夕食の定番メニューでもあるため、自宅で調理する機会も少なくはないことだろう。ただ、トンカツを作るためには、豚肉の下処理や、衣の用意など、下ごしらえが必要だ。また、油で揚げるため、その後処理があり、思いのほか手間がかかってしまう。
夕飯のメニューとしてカツ丼を作るとなると、トンカツの調理に加え、割り下で煮込むプロセスが加わるので、なおいっそう手間になる。そのため、多くの家庭では、夕食のメニューとしては、どちらかといえばトンカツの回数の方が多くなりがちだ。
しかし、トンカツを冷凍保存して作り置きしておけば、夕食にカツ丼が登場する回数が多くなるかもしれない。なぜなら、冷凍保存したトンカツは、解凍して再びトンカツにするよりも、カツ丼にした方が断然美味しくいただけるからだ。
トンカツは、なんといってもあのサクサクとした食感が命だ。冷凍したものを解凍しても、残念ながら、揚げたての時のようなサクサク感を再現させることは、かなり難しい。
しかし、カツ丼となれば話は別だ。基本的にカツ丼はトンカツを煮込むので、サクサク感が再現できなくても、とくに大きな支障はない。
そのようなわけで、トンカツを作る際には、多めに作って冷凍保存しておけば、夕食のメニューとしてカツ丼の回数を増やすことができるし、カツ丼を食べたいときにいつでも簡単に作ることができる。

2. カツ丼用には揚げてから冷凍保存したトンカツを使う

カツ丼用のトンカツを冷凍保存する際には、必ず揚げたものを冷凍することが重要だ。衣が付いた状態で冷凍保存すると、解凍の際にドリップと呼ばれる肉汁が出て、調理するとパサパサになりやすいからだ。またドリップには豚肉の旨味が含まれているので、それが出てしまうことで、旨味も損なわれてしまう。さらに、油を使って調理する際に、ドリップによって油はねしやすくなるため、火傷のリスクも生じる。
衣が付いたまま冷凍して、そのまま揚げた方が、なんとなく美味しくなるようなイメージがあるかもしれないが、実際はまったくの逆だ。衣が付いた状態で冷凍されている市販品は、業務用冷凍庫を使用し、酸化やドリップの流出を防ぐための工夫が施されているため、家庭で衣が付いたまま冷凍した代物とは、全くの別物であると考えよう。
一度揚げたトンカツは、旨味が中にしっかり閉じ込められているので、その状態で冷凍した方が、解凍したときにもパサつくこともなく、旨味も損なわれないため、美味しくいただける。

3. カツ丼を美味しく作るためのトンカツの保存方法

トンカツを揚げたら、完全に冷ますこと。それがトンカツを上手に冷凍保存するために欠かせないポイントになる。表面が冷めていても、まだ中は熱がこもっていることがある。もしまだ中に熱がある状態で冷凍保存すると、保存している間に肉が傷んでしまう怖れがあるので、その点はくれぐれも注意が必要だ。少なくとも20分は置いておくようにしよう。
完全に冷ませたら、1枚ずつラップをして、冷凍用の保存袋に入れ、空気をしっかりと抜いた状態で冷凍庫に保存する。なるべく急速に冷凍するために、急速冷凍機能があればそれを使用し、なければ金属トレイを使用してみよう。
カツ丼を作る際は、煮込む前に、冷凍したトンカツを解凍してから、アルミホイルに包み、オーブントースターやグリルで火を通しておくこと。煮込む時間をやや長めにすること。このことを、カツ丼を美味しくするためのポイントとして押さえておこう。

結論

冷凍したトンカツの保存期間は、1カ月が一応の目安になる。それ以上保存できないわけではないが、1カ月以上保存すると、どうしても、トンカツそのものの風味が損なわれてしまう。美味しいカツ丼を作るためには、保存期間は1カ月以内にすることが望ましい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ