このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

SNS映え必至のエッグベネディクト!気になるカロリーはどのくらい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年6月15日

SNS映えする料理としてエッグベネディクトがブームを巻き起こしたのは記憶に新しい。エッグベネディクトが好きな人も多いと思うが、ダイエットをしている人にとっては、カロリーは気になる部分だ。ここでは、エッグベネディクトのカロリーについて考えていきたい。

1. エッグベネディクトは高カロリー?食べ過ぎに気をつけよう

エッグベネディクトのカロリーを語るにあたって、まずエッグベネディクトとはどのような料理なのかを知っておく必要がある。
エッグベネディクトは、イングリッシュマフィンを1/2にスライスしたものに、ポーチドエッグや野菜をのせて、オランデーズソースをかけた料理である。見た目のボリュームがあることや、クリーミーなソースがかかっていることからなかなかカロリーが高そうな風貌だ。
エッグベネディクトのバリエーションは幅広いが、基本的にはイングリッシュマフィン、ポーチドエッグ、オランデーズソースは変わらない。オランデーズソースは日本ではあまり馴染みがなく、バター、レモン汁、卵黄が使われている。エッグベネディクトには欠かせないソースだ。
エッグベネディクトのカロリーを見ると、1個あたりの平均は370kcalとなっている。1食あたり1個程度で済めばよいが、2個、3個と食べているとカロリーの摂りすぎに繋がるため気を付けよう。

2. エッグベネディクトの栄養!バランスよく食べるためには?

エッグベネディクトはカロリーが高めということがわかったが、これはオランデーズソースにバターが使われていることが大きな理由だろう。
しかし、これだけで体にあまりよくないと決め付けてしまうのはもったいない。エッグベネディクトは糖質やたんぱく質、脂質など、人が生きていくために必要な三大栄養素を摂取できる料理である。
エッグベネディクトの基本的な具材は、卵とハムやベーコンだ。ハムやベーコンは肉加工品のため塩分が気になるところではあるが、体の組織の材料となるたんぱく質を摂取することができる。
下に敷いたイングリッシュマフィンは1/2個分しか使わないため、糖質の摂りすぎにはなりにくい。糖質制限をしている人にはうれしいポイントだろう。
しかし、エッグベネディクトだけ食べるのであれば、野菜はほぼ摂れていない。野菜にはビタミン、ミネラルや食物繊維などの微量栄養素が含まれている。エッグベネディクトに挟むのが難しければ、付け合わせに盛り付けてみよう。トマトやレタスなどがあれば彩りがよく、食欲をそそる一皿が完成する。

3. エッグベネディクトをカロリーカットする食べ方

エッグベネディクトは1個で370kcalと高カロリーである。これは、ベーコンの脂身や、オランデーズソースに使われるバターに脂質が多く含まれているためだろう。ベーコンやオランデーズソースはエッグベネディクトの醍醐味ともいえるが、カロリーカットをする場合どのような工夫があるだろうか。

1.ベーコンをサラダチキンに変える

サラダチキンは脂質が少なく、カロリーを抑えながらたんぱく質を摂取できる。ベーコン独特の香りや食感はなくなるが、カロリーを考えるとヘルシーなサラダチキンの使用がおすすめだ。

2.ソースの量を少なめに

オランデーズソースにはバターが使われているためカロリーが高くなる。ソースを別のものに変えるとエッグベネディクトとはいえなくなってしまうため、ソースの量を控えめにして食べるとよいだろう。

結論

エッグベネディクトはカロリーが高めの料理だが、糖質、たんぱく質、脂質の三大栄養素が同時にとれる。野菜と一緒に食べればビタミン、ミネラルや食物繊維などの微量栄養素も摂取できるので、バランスを意識しながら食べるようにしよう。ベーコンをチキンに変えたり、ソースの量を減らしたりするとヘルシーなエッグベネディクトが楽しめるだろう。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ