このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マクドナルドの裏技!ケチャップ付き、ポテト揚げたてはできる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月29日

マクドナルドの人気メニューといえばフライドポテトである。程よい塩加減と揚げたてのカリカリ感が大人にも子どもにも大人気だ。そんなマクドナルドのフライドポテトであるが、揚げたてのものが当たるとやはり嬉しいものだ。マクドナルドの裏技の1つとして、ポテト揚げたてを注文することができるのかどうかを調べてみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マクドナルドのフライドポテトの裏技ってどんなもの?

マクドナルドのフライドポテトには、大きく分けて3つの裏技がある。

・ポテト揚げたて

フライドポテトを注文するときの裏技として最も定番なのが、揚げたての注文。レジやドライブスルーなどでフライドポテトを注文するときに「ポテト揚げたてでお願いします」と伝えると快く注文どおりに対応してくれる。

・塩加減

フライドポテトは程よい塩加減がちょうどよいことが前提ではあるが、好みによって塩抜きにしたり塩を多くしたりすることが可能である。小さい子どもに塩分を多く与えたくないという場合にも「塩抜き」がおすすめだ。

・ケチャップを無料でもらう

フライドポテトを購入した場合、ケチャップを無料でもらうことが可能だ。フライドポテトをオーダーして、「ケチャップを付けてください」と伝えるだけである。いつもと違う食べ方を楽しみたいときには勇気を出して注文してみよう。

2. 試してみよう、最近流行りの裏技!

ポテトの注文の話ではないが、最近SNSで話題になったマクドナルドのフライドポテトの裏技として、斬新な食べ方を紹介したい。Mサイズ以上のフライドポテトの容器は、前の部分と後ろの部分の長さが異なる。後ろの背の部分を後方に折り曲げて、ケチャップを乗せる台を作るのだ。

無料でもらったケチャップは容器がそのまま皿代わりにもなるので、そのまま付けても問題はない。しかし、テーブルからポテトまでの距離と、ポテトの容器にケチャップを付けた場合の距離を比較した時に、その距離が短いのはポテトの容器の方だということは一目瞭然だ。

テーブルまで手を伸ばすのが面倒だという人や、テーブルが狭くて置く場所がないという人にはおすすめの方法である。この方法は、フライドポテトにケチャップを付けて食べるタイプの人にはもってこいである。また、ポテトはケチャップを付けずにそのまま食べるという人も試してみたくなる方法に違いない。

3. つい試したくなる!マクドナルドの裏技を紹介

ただでさえお得感満載のマクドナルドであるが、注文時に役立つ裏技を知っておくとよりお得に楽しむことができるだろう。

・ナゲットソースの増量

ナゲットソースはバーベキューソースとマスタードソースを柱として、期間限定で色々な味が登場する。

通常ナゲットを購入する場合、ソースは1つしか付いてこないが、2つまでであれば無料で増量することが可能だ。ホットケーキに付いているシロップやバターも追加できるので、必要な場合は注文してみよう。

・ハンバーガーのカット

ハンバーガーをシェアしたいときや小さい子どもにおすすめなのが、ハンバーガーの半分カットだ。ただし、バーガーの種類によっては断られることもあるらしい。

・ソース、トッピングの増量

ハンバーガーのマヨネーズやソースは増やすことができる。また、ピクルス、オニオンなども同様である。

チーズやレタスなどの具材は増量できないそうだが、苦手なものは抜いてもらったりなどカスタマイズの幅は広いので、希望は遠慮せずどんどん伝えるとよいだろう。

結論

マクドナルドは、客の要望に細かく対応してくれる親切なファストフード店である。知らないだけで、実はお得なサービスが満載なので、興味のある裏技はどんどん試してみてほしい。とくにフライドポテトを含めたフライの揚げたては、初心者にも割と優しい裏技だ。ポテト揚げたてのカリカリ感を堪能してみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ