このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アヒージョのオイルでパスタを作ろう!やみつきになるほどの美味さ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月13日

スペインバルでも大人気メニューのアヒージョ。作り方は、好みの具材をニンニクを利かせたオイルで煮込むだけといたって簡単で、家庭でも楽しめる一品だ。また具材の旨みが溶け込んだアヒージョのオイルで作るパスタは絶品で、一度食べたらやみつきになるほどの美味さだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まずはアヒージョについて

アヒージョとは、スペイン語で「刻んだニンニク」のことを意味する。スペインのマドリードより南方の地域のご当地グルメとしておなじみの料理で、夕食の前に小腹を満たすために、おつまみ感覚で食べられているタパスの一種に該当する。

アヒージョは、カスエラと呼ばれる専用の耐熱容器で好きな具材を入れて調理され、そのまま食卓に運ばれ、熱々の状態でいただくというのが定番のスタイルである。

アヒージョのオイルは、さまざまな具材の旨みが溶け込んでおり、このオイルを余すことなく使い切る方法が数多く考案されている。その中で最もオーソドックスで間違いのない方法が、パスタソースを作るという方法になるだろう。

2. アヒージョの締めはパスタで決まり

アヒージョを食べ終わった後、容器に残ったオイルに茹でたパスタを絡めただけでも、十分に美味しい。

たとえば、ニンニクと唐辛子と魚介類の旨味が溶け込んだアヒージョのオイルにパスタを絡めれば、ペペロンチーノの味わいを楽しむことができる。オイルを絡める際には、パスタにオイルがよくなじむように、オイルにパスタの茹で汁も加えて乳化させることをポイントとして押さえておこう。

パスタの茹で汁を多めに加えて、塩コショウなどで味を調えると、スープパスタとして楽しむこともできる。

3. アヒージョのオイルで新たにパスタソースを作ろう

新たにパスタを作る場合は、余ったオイルに、加える具材や調理方法をいろいろと工夫することで、様々な味わいのパスターソースを作ることが可能だ。

たとえば、アヒージョの具材にきのこ類を使用した場合は、あえてパスタ用にオイルと一緒に取り分けておき、それで後日和風パスタを作ってみてはいかがだろう。オイルに少量の醤油やみりんを足したものに、茹でたパスタを加えるだけで、あっという間にきのこの和風パスタが完成する。

また、フライパンにアヒージョのオイルを注ぎ、そこに玉ねぎを入れて炒め、さらにトマトの缶詰を加え、塩コショウで味を調えれば、トマトソースの出来上がりだ。あとは茹でたパスタにかければ、アヒージョのオイルの旨味が活きた絶品のトマトソースのパスタを味わえる。

あるいは、オイルに生クリームと粉チーズを加え、塩コショウで味を調えれば、これまた絶品のクリームソースを作ることができる。

結論

アヒージョのオイルを余すことなく使い切るための、最もオーソドックスで間違いのない方法として、パスタに使う方法をご紹介した。使用したオイルを、処分するのにはそれ相応に手間がかかるし、旨味の宝庫といえるオイルを使わない手はない。アヒージョを作った際には、余ったオイルでぜひパスタをお楽しみいただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ