このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

蕎麦のアレンジ料理を紹介!カレーにお寿司!中華や洋食にも変身!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年10月23日

のどごしがよくサッパリと味わえ、温かくても冷たくても美味しい蕎麦。茹でてそばつゆにつけて食べても美味しいが、単調な味に飽きてしまうという人もいるだろう。また、多めに茹で過ぎてあまってしまうことも。今回は、蕎麦をアレンジして美味しく食べる方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トッピングでいろいろアレンジ蕎麦料理

まず、蕎麦にトッピングをのせるアレンジ料理を紹介しよう。シンプルにネギのみをのせて食べても美味しい蕎麦だが、大根おろしをたっぷりかけてかつおぶしをトッピングし、ぶっかけ蕎麦で味わっても美味だ。そばつゆも自分で作るとより美味しく感じるかもしれない。そばつゆの作り方は簡単で、みりんを煮立ててアルコールをとばし、出汁と塩、醤油をあわせて冷ませば完成だ。

食べごたえのある蕎麦を堪能したいなら、かき揚げをトッピングするアレンジ料理がおすすめだ。かき揚げ作りは難しいという印象があるかもしれないが、広口のフライパンを使用すると崩れにくく作りやすい。野菜不足を感じている人におすすめのアレンジ蕎麦が、茹でた鶏肉や生野菜を細切りにしてトッピングするサラダ蕎麦だ。ネバネバ系の食感を楽しみたいなら、茹でてカットしたオクラや納豆、なめこ、すりおろした山芋をかけて味わうとよい。

2. 味に変化をつけたアレンジ蕎麦料理

次は、味付けをアレンジした蕎麦を紹介しよう。最初に紹介するアレンジ蕎麦は、市販のカレールウを使って作るカレー蕎麦だ。作り方は、くし切りにカットした玉ねぎ、人参のいちょう切り、豚肉を炒め、出汁・みりん・醤油を加えてカレールウを入れて煮る。あとは茹でて水気をきった蕎麦と一緒に器に盛りつければ完成だ。仕上げにカレー粉をかけると香りが際立つ。マイルドに味わいたければ、豆乳や生クリームをかけてもよい。

次に、紹介するアレンジ蕎麦は食欲が落ちているときでもサッパリと食べられるトマト蕎麦だ。種を取った梅干しとヘタと種を取ったトマトをフードプロセッサーにかけ、そばつゆとあわせればOK。初耳だという人もいるだろうが、トマトと梅干しは相性のよい組み合わせだという。

最後に紹介するアレンジ蕎麦は、ボリュームのある麻婆蕎麦だ。市販の麻婆豆腐の素を使用すれば簡単にできるし、豆腐ではなくナスを入れると食べごたえがある一品に。いつもの蕎麦に飽きたときに、ぜひ試してもらいたい。

3. 蕎麦という概念は捨てて...アレンジ蕎麦料理

最後に紹介するのが、和洋食にアレンジする蕎麦料理だ。最初のアレンジ料理は、蕎麦やキュウリ、かにかま、卵焼きを海苔で巻く蕎麦寿司を紹介しよう。切ったとき断面をキレイに見せるため、蕎麦同士がくっつかないよう茹でることが上手に仕上げるポイントのひとつ。巻く食材はウナギやエビなど好みでアレンジしてもらって構わない。日常の食事はもちろん、おもてなし料理や持ち寄りパーティーにピッタリのひと品だ。

次のアレンジ料理は、クリーミーなカルボナーラ蕎麦を紹介しよう。どうしても味が重くなりがちなカルボナーラだが、ベーコンをレンジで加熱し脂を落として使用するとよい。食べるときは黒こしょうをかけていただこう。

最後に、伸ばした蕎麦生地で作る蕎麦ラザニアを紹介しよう。耐熱容器にホワイトソースを塗り薄く伸ばした蕎麦生地をのせ、ミートソースと交互に重ねて最後に溶けるチーズで覆いオーブンで焼けば完成だ。欲張って生地を重ねすぎると火が通りにくくなるので注意が必要である。

結論

蕎麦のアレンジ料理について紹介したが、ほかにも鴨汁蕎麦やカボス蕎麦、ピリ辛豚肉蕎麦、揚げ餅入り蕎麦、きのこ蕎麦などバラエティー豊かな蕎麦が楽しめる。乾麺をストックしておけば保存食としても便利なので、ぜひ蕎麦をアレンジして新たな魅力を発見してもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ