このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

知ってる?ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

原産地である南アフリカ共和国の人々から、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」と呼ばれ愛飲されているルイボスティー。すでに日本でもおなじみのハーブティーとして、健康意識の高い人を中心に、数多くの人に支持されている。ただ、ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いがよくわからないという人は少なくないようだ。そこで今回は、どこがどう違うのか、両者の明確な違いについて説明していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもルイボスティーってどんなお茶?

ルイボスティーについては、名前は聞いたことがあるが、どんなお茶なのかよく知らない人もけして少なくはないようだ。ルイボスティーは、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈中腹にある高原地帯でしか生育できないルイボスというマメ科の植物から作られるハーブティーの一種である。

セダルバーグ山脈の中腹は、年間降雨量が380~650mmと極端に少なく、しかも昼夜の気温の差が平均30℃以上にもなるという極めて厳しい環境の半砂漠地帯でもある。ルイボスは、4~10mという長さの根を大地の奥深くにしっかりとおろし、そこから、栄養分や水分を吸い上げ、さらに、厳しい環境下で生き抜くために必要な成分を自ら作り出している。

ルイボスティーは、そんな、驚異的な生命力を誇る植物から作られている。「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、古くから現地の人々に愛飲されてきたのも、うなずけるのではないだろうか。

さて、そのルイボスティーには別に、グリーンルイボスティーと呼ばれるお茶も存在する。
ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いについてこれから詳しくお伝えしよう。

2. ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いは製造方法にあり

ルイボスティーもグリーンルイボスティーも、驚異的な生命力を誇るルイボスから作られるという点は同じだ。両者の最大の違いは、製造方法である。

ルイボスティーは、ルイボスの葉を、茶葉を日光のもとで乾燥させた後、そのまま6~8時間ほどかけて、自然発酵させて作られている。発酵といっても、味噌のように微生物の働きによって発酵させているわけではない。ルイボス自らが持つ酵素の働きによって発酵させる。これは、紅茶の製造方法とほぼ同じといえ、ルイボスも発酵させることで、葉の色が褐色に変化する。

これに対してグリーンルイボスティーは、特殊な製法により、ルイボスの葉を発酵させず急速に乾燥させてつくられている。発酵させないため、葉の色も変色せずに鮮やかな緑色をしている。

つまりルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いは、発酵させるか否かの違いといい換えることもできるだろう。

そして発酵させるか否かの違いによって、ルイボスティーとグリーンルイボスティーには、新たに大きな生じる。その違いについてさらに詳しく見ていこう。

3. ルイボスティーとグリーンルイボスティーは栄養成分も違う?

発酵させて作られるルイボスティーと発酵させずに作られるグリーンルイボスティーでは、含まれる有効成分の量に大きな違いが生じる。

6~8時間という長い時間をかけて発酵させて作られるルイボスティーは、その間に、ルイボスの葉に含まれる各種有効成分が損なわれてしまう。これに対してグリーンルイボスティーは、発酵させずに急速に乾燥させて作られるため、ルイボスの葉に含まれる各種有効成分の損失を大幅に抑えることが可能になる。

たとえば、グリーンルイボスティーに含まれるフラボノイドの量は、ルイボスティーのおよそ10倍もある。とくにルイボス特有の成分でありフラボノイドの一種でもあるアスパラチンは、ルイボスティーのおよそ80倍もあり、これは極めて大きな違いといえるだろう。

フラボノイドは、抗酸化物質で、身体にとって悪い影響を与えるといわれている活性酸素の発生を抑える働きがある。

ルイボスの葉に含まれている各種有効成分をより多く摂取したいのであれば、グリーンルイボスティーを選ぶようにするとよさそうだ。

また、発酵させるか否かの違いによって、味わいにも違いが生じる。ルイボスティーは、香りも味わいが濃厚で、グリーンルイボスティーは、香りもほのかで味わいもさっぱりしている点が違っている。

結論

ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いについては、理解していただけただろうか?グリーンルイボスティーは、製造するのに特殊な技術と手間がかかる分、ルイボスティーに比べると価格も高くなる。その点も違いとして押さえておこう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ