このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食卓の定番【コロッケ】の豆知識を総まとめ!作り方から保存方法まで

食卓の定番【コロッケ】の豆知識を総まとめ!作り方から保存方法まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 2日

日本の食卓に欠かせない揚げ物料理といえばコロッケ。サクサクの衣に、ふんわりと柔らかいじゃがいもは想像するだけでお腹が空いてしまう。定番のじゃがいもだけではなく、カニクリームやかぼちゃコロッケも子どもたちの人気者だ。今回はそんなコロッケの失敗しない作り方から保存方法まで、豆知識をまとめて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コロッケのカロリー

コロッケは揚げ物なので衣が油を吸うことでどうしても高カロリーになりがちな食べ物。しかし、メインのじゃがいも自体はそこまでカロリーは高くない。油を薄く引いて揚げ焼きにする、オーブンで焼く、などの工夫次第でカロリーは大幅に削減できる。また、付け合わせの定番「キャベツの千切り」についての情報もあわせて必見だ。
この記事もCheck!

2. コロッケの保存方法

コロッケは保存方法によっては長くて1ヶ月ほどもつので、休みの日などに大量に作り置きしておくのにも最適なメニューだ。そんなコロッケの上手な冷蔵、冷凍のコツや、揚げる前に保存するか揚げたあとに保存するかの違いについても言及している。なるべく作りたての美味しさを損なわないように保存し、日々の食卓を華やかにしよう。
この記事もCheck!

3. コロッケを美味しく作るコツ

コロッケの基本的な作り方は多くの人が知っていることだろう。しかし、店のようにふっくらと仕上げるためには、細かな食材選びのコツや下ごしらえのポイントをおさえることが大切だ。この記事ではみんなが意外と知らないコロッケの上手な作り方について、手順を追って解説。知っているといないとではコロッケの美味しさに差が出てくるので、ぜひ一度目を通してみてほしい。
この記事もCheck!

4. コロッケの味付け

コロッケといえばじゃがいもを塩こしょうで味付けしたシンプルなものが定番だが、メインの具材はそれ以外にもカニクリームやかぼちゃ、豆腐などさまざまなものが存在し、それぞれに相性のよい味付けがある。素材そのものの旨みを引き出す調味料を模索し、カレー粉や醤油で味付けしてみてもよいだろう。
この記事もCheck!

5. コロッケに合う副菜

コロッケを食卓のメインにしたいと考えたとき、悩ましいのがどんな副菜を合わせるかということだ。ポイントは揚げ物が全体でどれほどのボリュームになるかという点。できれば野菜たっぷりのサラダやスープを添えて、栄養バランスに配慮するのが望ましい。この記事では、コロッケをメインにした身体によい献立の例を提案する。
この記事もCheck!

6. クリームコロッケの作り方

コロッケの中でもまろやかな味わいで人気の高いクリームコロッケ。ホワイトソースにコーンやカニなどの具材を入れて衣で包んだものだが、手作りするのは意外と難しい。この記事ではコーンやカニ以外のおすすめ具材から、上手な下ごしらえのコツまで詳しく紹介している。やや手間のかかるメニューなので、時間に余裕をもって挑戦してほしい。
この記事もCheck!

7. ダイエット中のコロッケの食べ方

ダイエット中には敬遠されがちなコロッケだが、店で販売されているものはやはり家で作るものに比べるとカロリーが高い傾向がある。そんなコロッケの具体的な栄養価や、カロリーオフするための食べ方についてまとめている。糖質制限の観点からはもちろんコロッケは控えめにしたほうがよいのだが、腹持ちのよさなどのメリットもある。
この記事もCheck!

8. 失敗しないコロッケの作り方

手作りコロッケといえば、大人も子どもも大好きな日本の家庭の定番メニュー。それぞれ独自の作り方やレシピがあるだろうが、この記事ではコロッケの基本の作り方についてわかりやすくまとめている。揚げる油の温度や下ごしらえの工程など初心者でも失敗しないポイントをおさえた決定版だ。
この記事もCheck!

結論

コロッケは老若男女みんなに愛される揚げ物料理だ。揚げ物なのでどうしても高カロリーになりやすいが、家で作るコロッケならアレンジ次第で味のバリエーションも楽しめるうえに、カロリーや糖質をコントロールすることも可能だ。作り方や保存方法を知って、家族みんなで好みのコロッケを作ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ