このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【からあげ】を美味しく作る方法。カロリーや作るコツも紹介

【からあげ】を美味しく作る方法。カロリーや作るコツも紹介

投稿者:ライター 河原希(かわはらのぞみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年2月 2日

おかずやビールのつまみに大活躍の料理「からあげ」。ジュワッとあふれる肉汁に、にんにくの香りがやみつきになる。そんなからあげをもっと美味しく作るコツをご存知だろうか?ポイントをおさえるだけでお店で食べるようなサクッとジューシーなからあげを作ることができるのだ。そんな美味しいからあげの作り方に関する記事をまとめて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. からあげのカロリーは?栄養価もチェック

ダイエット中の人の多くは揚げ物を避けがちだ。しかし、からあげは部位によってカロリーが異なるため、ダイエット中の人にもおすすめ。ここでは、鶏肉の部位別にカロリーを紹介している。もも肉やささみ、軟骨や皮など気になる部位をチェックしよう。また、鶏肉の栄養価もあわせて紹介している。ダイエット中は敬遠しがちな料理だが、実は積極的に取り入れたいメニューともいえる。それでもカロリーが気になる人は、合わせる食材や食べるタイミングに注意しよう。紹介している4つの気を付けたいポイントをおさえるだけで、ダイエットにより効果的になるだろう。
この記事もCheck!

2. からあげのカロリーと栄養素!カロリーオフする食べ方は?

からあげは溢れ出る肉汁と香ばしい香りで食欲をそそる。ダイエット中の人は、揚げ物だからと避けがちな料理だが、カロリーオフする食べ方があるのはご存知だろうか?この記事では、からあげのカロリーオフする食べ方のポイントを4つ紹介している。鶏肉を、脂肪分の少ない「むね肉」に変更し、衣を片栗粉から米粉に変えるだけでカロリーがオフできるのだ。さらには油を使わない調理方法も紹介している。これだけでだいぶカロリーがカットされるだろう。外食時の注意点もあわせてチェックしたい。ダイエット中はカロリーに目が行きがちだが、実は鶏肉は栄養が豊富だ。新陳代謝を促す成分も含まれているため、ダイエットにも適した食材といえるだろう。
この記事もCheck!

3. 美味しさそのまま!からあげの保存方法とは?

からあげを作りすぎたときや、大量に作っておいて弁当用に保存しておきたい場面に出会った経験がある人もいるのではないだろうか。その場合保存したあとも美味しい状態を保ちたい。ここでは、からあげを美味しいまま保存する最適な方法を紹介している。冷凍保存、冷蔵保存どちらにも最適な保存期間がある。冷凍保存の場合は下味冷凍も揚げたものの冷凍も可能。冷凍したからあげの解凍方法のコツも紹介しているため、また食べるときも美味しいからあげが食べられるだろう。
この記事もCheck!

4. 美味しいからあげを作るには下処理を!

からあげを作る際、味付けや揚げ方にばかり注目しがちだ。しかし、美味しいからあげを作るには「下処理」こそがポイントとなる。この記事では、からあげを美味しく作るための下処理を紹介している。あわせて冷めても美味しい作り方、揚げないからあげの作り方もチェックしよう。からあげに使われる鶏肉は筋が入っていることも多い。筋は加熱することで硬くなる原因となる。あらかじめ切り込みを入れておくとよいだろう。下味の付け方にも注意が必要だ。長い時間漬け込むほど味がしみ込むと思っている人もいるかもしれないが、長時間の漬け込みは厳禁。水分が抜ける原因になるのだ。詳しい手順も紹介されているため必見。冷めても美味しいからあげの揚げ方、揚げないからあげの作り方もいますぐ試せるため、あわせてチェックしたい。
この記事もCheck!

5. からあげに使う若鶏と地鶏の違いとは?

からあげに使われる鶏肉には種類があるのをご存知だろうか?この記事では「若鶏」と「地鶏」に注目している。それぞれの特徴とその味わいをチェックすると、よりからあげが楽しめるだろう。若鶏とは、食用に飼育されていて生後3ヶ月までの若い鶏を指す。出回っている鶏肉のほとんどが若鶏だ。一方、地鶏は生後28日目以降自由に動き回れる環境のもと飼育され、生後80日以上経っている鶏を指す。若鶏を使ったからあげは、柔らかい食感と水分量が特徴的。ジューシーな味わいを楽しむことができる。地鶏は引き締まった食感や凝縮された旨みがやみつきになる。どちらもからあげ以外にも相性のよい料理も紹介しているため、あわせてチェックしたい。
この記事もCheck!

6. からあげと竜田揚げの違いとは?

からあげも竜田揚げもどちらも衣をつけて揚げた料理である。からあげの起源は中国から江戸時代に伝わったとされている。現在は、油で揚げた料理が「からあげ」とされているため、鶏肉以外に魚や野菜を揚げたものもからあげになる。一方竜田揚げは、奈良県の竜田川が由来とされていて、おおむねの調理法が決まっている。酒や醤油に漬け込んで片栗粉をまぶし、揚げたものを竜田揚げと呼ぶ。
この記事もCheck!

7. からあげをふんわり仕上げるコツ

タレに漬け込んで揚げるからあげは、タレに入れる調味料でジューシーさが増す。しょうが、にんにくは忘れずに入れよう。さらにマヨネーズを入れると肉が柔らかくなる。使う粉は、小麦粉をまぶしたあと片栗粉をつけて二重にすると旨みを閉じ込めサクッとした食感が楽しめる。選ぶ鶏肉の部位ももも肉、むね肉、骨付きもも肉とで味わいが違ってくる。
この記事もCheck!

8. フライパンで揚げるからあげ

フライパンで揚げ焼きをしてからあげを作ることができる。ビニール袋に鶏肉とタレを一緒に入れ、もみ込む。すりおろしにんにくやすりおろしりんごを加えると、より美味しくなる。まぶす粉は小麦粉と片栗粉の両方を使うといい。別のポリ袋に合わせた粉を入れ、水気をきった鶏肉を入れて衣をつける。フライパンの底に敷いた油で揚げ焼きをすると完成だ。
この記事もCheck!

結論

からあげはちょっとした工夫をすることで驚くほど美味しくなる。ダイエット中の人でも、肉の部位や食べ方に注意するだけで簡単にカロリーオフができるため、試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >