このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
たくあんを始め漬物について知ろう!世界の漬物や漬物の保存期間も

たくあんを始め漬物について知ろう!世界の漬物や漬物の保存期間も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 6日

日本人の食卓に欠かせないものといえば白いごはん、味噌汁、漬物だ。たくあんを始めとする漬物は、地域ごとにさまざまな特色があり、漬け方によって味わいは大きく変化する奥の深い世界だ。そんな漬物について、知っておきたい豆知識をピックアップして紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. たくあんの作り方

たくあんは塩気と食感が独特でついついごはんが進んでしまう漬物の一種。通常は市販品などを食べる人が多いだろうが、実はコツをつかめば家でも美味しい自家製たくあんを作ることができる。手軽に作るならビニールなどの保存袋、本格派は漬物樽を用意するなど好みはあるが、共通するポイントとしては事前に大根の水分をしっかり抜くということだ。
この記事もCheck!

2. 大根の漬物、それぞれの違い

漬物の食材としてポピュラーな大根。たくあん以外にも、べったら漬けや浅漬けなどで使用されることが多いだろう。同じ大根を使っていながら名前の違うこれらの漬物だが、具体的にはどこが違うのだろうか?この記事ではそれぞれの作り方から味わいの違いなど、保存食としての漬物の歴史とあわせてわかりやすく解説している。
この記事もCheck!

3. たくあんの栄養価やカロリー

たくあんは家庭料理においても、和食料亭などにおいてもなじみ深い身近な存在だ。甘めなものやしょっぱいものなどさまざまな種類があるたくあんだが、実は食べ方によってはダイエットにも効果を発揮するという。ここではたくあんの栄養素やカロリー、糖質制限中の上手なたくあんの活用方法などちょっとしたお役立ちアイデアを紹介する。
この記事もCheck!

4. 地域それぞれの漬物

たくあんを始めとした漬物は、日本人にとってはソウルフードともいえる重要な食べ物だ。もともとは食材の保存法として編み出された漬物は、先人の知恵により地域それぞれで独自の進化をしてきた。京都のしば漬け、秋田のいぶりがっこ、東京のべったら漬け...など全国津々浦々の漬物を知ることで、日本人の食文化への情熱を感じることもできるだろう。
この記事もCheck!

5. 漬物は健康にいい?

先述したように日本人にとってなくてはならない存在である漬物だが、使用する食材によっては意外と高カロリーである。また、塩分も多く含まれているため、大量に食べることは健康面からいうとあまりおすすめできない。しかし、漬物を発酵させるための乳酸菌には身体の調子を整える作用もあり、栄養価も高い。一長一短があることを理解して、ほどほどの量をゆっくり味わおう。
この記事もCheck!

6. 自宅で漬物を作ろう

漬物さえあれば白米がいくらでも進むという人もいるように、漬物の食感や香り、奥深い味わいは一見地味なようでやみつきになる。市販の漬物もよいが、自宅で自分好みに育てる漬物の美味しさには格別なものがあるはずだ。この記事では漬物石を使った本格的なたくあん漬けの作り方をメインに、注意点もあわせて紹介している。
この記事もCheck!

7. 世界の漬物

漬物大国といわれる日本だが、世界にも漬物を愛する国はたくさんある。韓国のキムチ、欧米のピクルス、ドイツのザワークラウトなど、私たちの食生活にとってもなじみ深いこれらの食品も漬物の一種といえる。古来より先人が培った食材保存の知識が、世界各国で独自の漬物文化を生み出しているというのも興味深いポイントだろう。
この記事もCheck!

8. 漬物の保存期間

漬物は保存食なので長期保存がきくと思いがちだが、実は作る際の塩分の濃さなどによって大きく保存期間は変わってくる。また、水分が残っているとカビや腐敗の原因になるため、自宅で作る際には水分の残り具合や温度にも注意が必要だ。とくに夏場など、傷んでしまった漬物は食中毒の原因にもなることは覚えておこう。
この記事もCheck!

結論

パリパリとしたたくあんや、シャキッと塩辛い浅漬けなど、漬物を想像するだけで食欲が湧いてくる。日本の食文化における漬物の歴史は古く、後世に伝えていきたい和食文化の一つといえるだろう。市販の漬物キットなども販売されているため、一度は自宅でたくあんなどの漬物づくりに挑戦してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >