このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洋梨の保存方法を紹介!追熟のチェック方法や冷凍後の美味しい食べ方も!

洋梨の保存方法を紹介!追熟のチェック方法や冷凍後の美味しい食べ方も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月12日

上品な香りと、とろけるような甘味が魅力の洋梨。ジャムやコンポート、タルトほかさまざまなデザートや、品のよい甘さを出したい料理に活用できる。ほどよく熟した状態で食べるためには、追熟させて食べ頃を見極める必要がある。その方法を覚えて、美味しく味わおう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洋梨の保存方法と保存期間:香りと柔らかさで追熟具合をチェック

洋梨は、木に実を付けたままでは成熟が進まない果実の1つといわれている。よって、産地では早めに収穫し、しばらく低温保存で貯蔵した後、常温に移して成熟を促していく。この間に洋梨のデンプンがブドウ糖などの糖分に分解されて、甘味が高まる。同時に、多糖類のペクチンも変質していき、とろりとした食感が生み出されていく。
このような変化を追熟といい、その期間は品種によって異なるため、店頭に出回る時期が違ってくる。たとえば、山形県で多く作られるラ・フランスは11月~12月頃、新潟県で栽培が増えているル・レクチエは12月~1月頃となっている。

さらに、出荷時の追熟の加減は、それぞれの洋梨によって差異がある。購入時に、まだ硬い場合は、紙袋に入れて冷暗所に置き、2、3日~1週間様子をみるとよい。甘い香りが高まってきたら、軸に近いところをそっと押してみよう。柔らかな感触がしたら食べ頃のサインだ。熟れ過ぎないうちに食べ切るのがベストだ。

2. 洋梨の冷蔵のコツ:完熟後は野菜室で冷蔵保存を

洋梨を多数入手して、いくつかがほぼ同時に熟してしまい食べ切れないというときは、ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存を。冷蔵庫の中でも、やや低温の野菜室の中に入れておけば、追熟が進みにくいからだ。だが、一度完熟した洋梨は、せっかく高まった芳醇な香りや甘味が徐々に劣化していくので、なるべく早めに食べてほしい。
ちなみに、常温で保存していた洋梨は、冷蔵庫に入れて食べる直前に1時間くらい冷やすと、ひんやりとした口当たりになり美味しく味わえる。

3. 洋梨の冷凍のコツ:好みの形状にカットして冷凍保存

洋梨はほどよく熟したものを冷凍保存すると、そのままシャーベットとして美味しく食べることができる。
皮ごと半分にカットした場合は、ラップでしっかり覆い、ファスナー付き保存袋に入れておこう。食べる際は、解凍せずに、または半解凍の状態で、皮の内側の果肉部分をスプーンですくっていくとよい。

皮をむいてから、くし形や輪切り、1口大にカットした場合は、まずラップを敷いた金属製のトレイに並べ、上からラップで覆い急速冷凍を。完全に凍ってからファスナー付き保存袋に移せば、果肉が重なって果汁が流れ出るといった心配がない。

そのほか、洋梨をレモン汁とともにフードプロセッサーにかけて、ピュレ状にしてから冷凍保存するという方法もある。スムージーの素材に、またはアイスクリームやフローズンヨーグルトに添えても美味しい。いずれの場合も約1カ月冷凍保存できる。

ちなみに、ピュレ状にしたものは、砂糖や水、お好みでコンデンスミルクも加えてから冷凍し、途中、フォークなどでかき混ぜて再度冷凍すると、ナチュラルな味わいのジェラートができあがる。2時間~3時間あれば完成するので、ぜひお試しを。

4. 洋梨の解凍方法&おすすめの食べ方:冷菓やソースとして

冷凍した果肉は、水、砂糖、レモン汁、クローブやバニラビーンズなどと煮てコンポートにすることもできる。そのまま食べても美味しく、タルトやケーキの具材にもなる。大人向けには水の分量を減らし、白ワインか赤ワインを加えたり、仕上げにラム酒やブランデーを足したりするとよい。洋梨と相性のよいチョコレートのアイスクリームや、ブルーチーズに添えるのもおすすめだ。

洋梨をピュレ状にしたものは、フレンチの肉料理でもソースとして使われることがある。家庭では、冷凍したピュレを自然解凍して、カレーやビーフシチューを煮込む際に使ってみてはいかがだろう。芳醇な甘味を醸す隠し味になるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

完熟した洋梨は、うっとりするような甘い香りを放ち、そのまま食べるだけでなんとも贅沢な気分にしてくれる。国産品はやや高価だが、贈答品としても使われている。もし複数入手した場合には、それぞれの香りの変化に集中して追熟加減を確認し、食べ切れない場合は冷凍して活用していこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >