このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ギミックケーキ】ってなに?皆が喜ぶびっくり仕掛けのコツと作り方

【ギミックケーキ】ってなに?皆が喜ぶびっくり仕掛けのコツと作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年4月 9日

「ギミックケーキ」と呼ばれる、ちょっと風変わりなケーキがある。一見普通のケーキであるが、ナイフを入れると中から果物やお菓子が飛び出す。その意外さが受け、いま話題を呼ぶケーキである。簡単に作れてしまうのも嬉しいポイント。インスタ映え間違いなしのギミックケーキについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いま話題のギミックケーキとは

誕生日会や家族・友人たちとのパーティーに欠かせないのがケーキである。店で買うのもいいが、手作りのケーキが用意されていればなおよし、皆の感嘆の声とともにより一層パーティーが盛り上がること間違いない。

難しそうに見えるケーキ作りだが、王道のイチゴケーキやチョコレートケーキなどは意外と簡単にできる。せっかく皆が集まるパーティーならば、これらのケーキにちょっと手を加えて、サプライズなギミックケーキを作ってみてはどうだろうか。

ギミックケーキはアメリカでブームを起こし、現在は日本でも話題のケーキだ。Gimmick(ギミック)とは仕掛けやからくりの意、つまりギミックケーキとはトリック仕掛けされたケーキのことである。一見普通のホールケーキであるが、ナイフを入れると中に詰められた果物やチョコが飛び出す仕掛けとなっているのだ。別名「サプライズケーキ」や「かくれんぼケーキ」とも呼ばれ、見た目のかわいらしさにやられてしまう人が続出、インスタグラムでも大人気のケーキである。

2. ギミックケーキの作り方

ギミックケーキは子どもから大人まで楽しめ、特に誕生日会などたくさんの人が集まるシーンにぴったりなケーキ。中には結婚式のウエディングケーキとして、プロが作るギミックケーキを選ぶ人もいるようだ。ケーキ入刀したとたん、かわいいお菓子がコロコロと飛び出す様子にゲストは歓声をあげ、写真を撮らずにはいられなくなるだろう。

ギミックケーキのからくりを説明しよう。ケーキの中を一部空洞にして、そこへイチゴやブルーベリー、マーブルチョコ、マシュマロ、ジェリービーンズといった小さくてカラフルな果物やお菓子をたくさん詰めておく。するとケーキを切り分けた途端にこれらが
一気に転がり出てくるのだ。手の込んだように見えるギミックケーキは、実はびっくりするほど簡単に作れてしまう。

ギミックケーキの作り方

1.できるだけ厚めのスポンジを用意する。市販のスポンジでもよい。
2.スポンジの上下部分を蓋と底に見立てて切り取る。
3.残ったスポンジの真ん中を丸く型抜きする。
4.2で切り取った、底とするスポンジにクリームを塗り、3の真ん中をくりぬいたスポンジをのせる。
5.穴の空いている部分に果物やお菓子を詰める。
6.クリームを塗ってから蓋をして、さらにクリームを塗って飾り付けをしたらできあがり。

3. カラフルさがたまらないレインボーケーキ

果物やお菓子を中に隠すギミックケーキを紹介したが、同じくトリック仕掛けのある「レインボーケーキ」も注目されるケーキだ。見た目は普通のホールケーキであるが、切ってみるとパーッと光がわいてくるように、7色に彩られたスポンジが現れるのである。

レインボーケーキは韓国発祥のケーキで、そのカラフルさとかわいらしさが話題を呼び日本でも人気だ。レインボーケーキを販売する専門店があるほか、自分で作ってSNS上にフォト投稿する人も多くいる。

中には「7色に輝くケーキなんて体に悪そう」と思う人もいるかもしれない。だが野菜や果物由来の天然色素を使って作ることもできるので、ぜひ一度子どもと一緒に挑戦してみてはいかがだろうか。

結論

いま話題のギミックケーキはアメリカ発祥のケーキ。からくりおもちゃのような仕掛けのあるケーキで、インスタ映えするとして日本でも話題沸騰中だ。韓国からきたレインボーケーキも、そのかわいらしさからSNS上にたくさんのフォトが投稿されている。ギミックケーキはその見た目からは意外に思うほど簡単に作れてしまうので、友人を招くときにでも作って、びっくりさせるのも面白そうだ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >