このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【小豆】の特徴や食べ方は?あんこ以外のアレンジレシピを紹介

【小豆】の特徴や食べ方は?あんこ以外のアレンジレシピを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月29日

小豆といえば「あんこ」や「和菓子」しか思い浮かばないという人も多いかもしれないが、豊富な栄養素を含み普段から積極的に摂り入れたい食材のひとつだ。お菓子で摂るには糖分が気になるという人向けに、甘くないレシピも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小豆の特徴

小豆はマメ科ササゲ属に属する一年草で、日本で栽培されているだけでも数十種類ある。小豆の主成分は炭水化物とタンパク質だが、それ以外に食物繊維、ミネラルを含んでいる。特に、運動後疲れやだるさを感じさせる乳酸をエネルギーに変えたり、糖質をエネルギーに変える役割が期待されるビタミンB1の含有量が高い。

2. 甘くない小豆のアレンジレシピ

甘くない小豆の料理の代表は赤飯だが、その他はあまり知らないという人も多いのではないだろうか。日常の食事に取り入れられるレシピを紹介しよう。

✔小豆マリネ

茹でた小豆に、ガーリックオイルと塩を少々。混ぜるだけの簡単レシピで、ご飯にも合う。

✔小豆シチューor 小豆カレー

いつものホワイトシチューやカレーにアクセントとして。他の豆も一緒に加えて、いろいろな豆の食感を楽しんでもいい。

✔南瓜と小豆のいとこ煮

角切りした南瓜に茹で小豆を入れて、お好みで醤油と砂糖を。冬至に食べる郷土料理として有名。

結論

小豆は、乾燥豆はもちろん、無加糖の水煮も販売されているので、茹でるのが面倒な場合は使ってみると便利だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >