このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【週末ゆるベジタリアン】のメリットや献立を紹介!平日酷使した胃を休めよう

【週末ゆるベジタリアン】のメリットや献立を紹介!平日酷使した胃を休めよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年3月30日

忘年会に新年会、歓送迎会に…と、仕事がらみの接待に、炭水化物寄りのランチなど、平日の食事は自分でコントロールするのが難しい人に、週末の食事のみ野菜中心の食生活にする「週末ゆるベジタリアン」をオススメする。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 週末ゆるベジタリアンのメリット

平日に摂りすぎた脂っこい食事や野菜不足で現代人の胃は疲れがち...。そんな負担を週末にリセットするのが、ゆるベジタリアン。
メリットは以下の通りだ。

1. 内臓の負担を抑える

揚げ物など脂質の摂取が多いと、消化に時間がかかり、内臓に負担がかかってしまう。それらを摂らないことで、内臓を休ませることができる。

2. ビタミンCや食物繊維、ファイトケミカルなど野菜の栄養を享受できる

野菜には、その他の食品から摂取することができない多くの酵素や栄養素が含まれている。抗酸化作用があったり、腸の働きを整えたりとさまざまな働きをしてくれる。

2. 週末ゆるベジタリアンのおすすめ献立

いきなりベジタリアンといわれてもどんなものをどんなバランスで食べればいいのか分からないという人が多いだろう。日本のベジタリアンの代表といえば精進料理だが、1品ずつ丁寧に作るのは大変という人におすすめなのが「鍋」料理だ。生野菜より野菜の量を多く摂れるおすすめのバリエーションを紹介する。

◇たっぷりの消化酵素が摂れる!たくさん野菜のみぞれ鍋

・しょうゆベースの出汁
・お好みの量の大根おろし
・生姜(すり下ろして出汁に入れる)
・野菜適宜(きのこ類・キャベツ・長ネギ・水菜など)

◇カラフル白菜鍋

・昆布ベースの和風出汁
・白菜
・ピーラーでリボン状にカットした人参・大根
・えのき
・ポン酢やゴマだれなど

大豆製品もタンパク質補給には大事なので、豆腐もお好みで、週末ばかりは、白米を玄米に変えるなどの工夫をしてもいいだろう。この際なので、アルコールも自粛しよう。

結論

ゆるベジタリアンを1度実践してみると、翌朝、胃がすっきりと目覚められることを実感できるはず。調理が簡単なメニューも多いので、ぜひ今週末にでもトライしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >