このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ひなまつりにおすすめのメニューを厳選して紹介!食卓を華やかに!

ひなまつりにおすすめのメニューを厳選して紹介!食卓を華やかに!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年3月18日

今回は3月3日のひなまつりにおすすめのメニューを紹介しよう。ひなまつりといえば、ちらし寿司・手まり寿司・お吸い物・ひなまつりケーキ・ひなあられを食べるのが一般的だ。しかし近年は写真映えするような寿司ケーキや洋風ちらし、彩り豊かなテリーヌ、洋梨のクリームチーズパイ、菜の花と蛤のクリーム煮など、おしゃれな料理を食べる家庭が増えている。そこでひなまつりにおすすめのメニューを厳選してみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ひなまつりのおすすめメニュー1

最初に紹介するひなまつりのおすすめメニューは、子どもに喜ばれるにちがいない寿司を中心にしたメニューだ。ひなまつりといえばちらし寿司が定番だが、ひなまつりケーキに見立てたケーキ寿司を作る人が増えているという。作り方は、ケーキ型にラップを敷き、桜でんぶ・パセリ・椎茸を混ぜた寿司飯を詰めて押し、上下を返し皿にうつす。バラの形にしたサーモンを真ん中におき、錦糸卵やパセリをトッピングすれば完成だ。
ケーキ寿司がメインのときに相性のよいメニューは、しょうゆが磯の香りを引き立てる焼き蛤や、花型に型抜きしたはんぺんと椎茸と三つ葉のお吸い物、餡にゴマとしょうゆを加えて味わい豊かにした桜餅だ。また味付けや盛り付けを少しアレンジするだけで、身近な食材なのにひなまつり感が増すカレー風味のサラダちらし寿司や切り干し大根のゴママヨサラダ、帆立と花麩のスープもおすすめのメニューである。ひなまつり定番のちらし寿司がメインメニューであれば、花型に型抜きした大根とにんじんを出汁で煮た副菜や、スッキリとした味わいのエビのお吸い物がおすすめだ。

2. ひなまつりのおすすめメニュー2

次に紹介するひなまつりのおすすめメニューは、パスタやピッツアがメインの献立だ。メインメニューのパスタは、ひなまつりにおなじみの蛤を使用したペペロンチーノをおすすめしたい。作り方は蛤を流水で殻をこすりあわせるようにしてよく洗い、ニンニクは芯を取り粗みじん切りにし、唐辛子は種を取り輪切りにする。
せりは食べやすい大きさにカットしておく。鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を入れパスタを茹でる。フライパンにオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れ香りが出たら、蛤を加えフタをする。貝の口が開いたら茹でたパスタの汁気を切ってフライパンに入れ、せり、オリーブオイルを加え、しょうゆとこしょうで味付けすれば完成だ。
ひなまつりに蛤のペペロンチーノがメインであれば、付け合わせにおすすめのメニューは半熟卵で味わい豊かなじゃがいものデリ風サラダや、マスカルポーネでおしゃれに仕上げるいちごのチーズケーキだ。見栄えのバランスもよく子どもから大人まで美味しく味わえるだろう。大人が食べるひなまつりにおすすめのメニューは、うど・こごみ・菜の花など、春らしい食材を使用した春の香りピッツアだ。一緒に食べるなら鮭と野菜のチーズ焼きや、たらの芽とささみのフリット、赤キャベツのピクルスを並べると食卓が華やかになるだろう。

3. ひなまつりのおすすめメニュー3

最後に紹介するひなまつりのおすすめメニューは、みんなでひなまつりパーティーをするときにピッタリのごちそうちらし寿司だ。用意するのは、寿司飯や刺身用の白身魚・いくら・生ハム・卵・調味料など。刺身用の白身魚は薄切りにし、うすくちしょうゆを絡めておく。卵は砂糖を加えて炒り卵を作る。器に寿司飯を適量詰めて刺身用の白身魚やいくら、生ハム、炒り卵などをバランスよくトッピングすれば完成だ。
ひなまつりのメインメニューがごちそうちらし寿司のときに一緒に食べるのにおすすめなのが、オイスターソースの風味がクセになる豆腐とアボカドの春巻き、にんじん&しめじを入れ具だくさんにしたはまぐりと野菜のスープ、口どけがよくさわやかな味わいの洋梨のクリームチーズパイである。家族だんらんのひなまつりもよいが、仲間とワイワイパーティーをしても楽しめるだろう。

結論

ひなまつりにおすすめのメニューを紹介したが、チーズとツナの洋風ちらしや、彩り三色ごはん、葉の花のそぼろごはん、イタリアンちらし、たけのことエビのお吸い物、牛肉のミニのり巻きなど、ほかにも食卓テーブルを華やかに彩る料理はバラエティー豊かにある。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >