このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チータラとは?チーズ鱈との違いやカロリー、ラインアップなどを紹介!

チータラとは?チーズ鱈との違いやカロリー、ラインアップなどを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年4月27日

チーズのまろやかさと白身のうま味の相性が抜群の「チータラ」。手が汚れずに食べやすいので、おつまみやおやつなどとしても定番となっている。今回はそんな「チータラ」の基本、栄養価、ラインアップなどを解説。また、チーズ鱈との違いや美味しい食べ方・アレンジ方法なども紹介する。

  

1. チータラとは?

チータラとは、おつまみの製造・販売を行っている株式会社なとりの登録商標であり(※1)、スティック状のチーズをタラなどのすり身で挟んだ同社の人気商品である。チーズのコクとタラのうま味がマッチした美味しいおつまみで、現在は通常の「チータラ」の他に「カマンベール入り」や「パルメザン入り」なども販売されている。また、チータラを使ったアレンジレシピも増えている。

チーズ鱈との違いは?

チーズ鱈もチータラ同様、株式会社なとりの登録商標である(※1)。チーズ鱈は、イカがおつまみの王道であった1982年に満を持して登場。今までにない新しいおつまみとして注目を集め、大ヒットを収めることになる。そんなチーズ鱈とチータラの主な違いは原材料にある。チーズ鱈はチーズとタラだけでできているが、チータラはタラのほかにホッケなどの白身魚も使われている。

2. チータラ・チーズ鱈のラインアップ

株式会社なとりでは現在、さまざまな種類の「チータラ」「チーズ鱈」を製造・販売している。ここでは2021年4月時点で販売されている「チータラ」「チーズ鱈」をまとめて紹介する。

チータラのラインアップ

  • JUST PACK チータラ
  • JUST PACK カマンベール入り チータラ
  • チータラ お徳用
  • チータラ カマンベール入り お徳用
  • まろやかチータラ カマンベール(要冷蔵)
  • チータラ パルメザン入り お徳用【期間限定】

チーズ鱈のラインアップ

  • マイハッピーバリュー チーズ鱈
  • 一度は食べていただきたい 熟成チーズ鱈
  • 一度は食べていただきたい熟成 チーズ鱈 小袋
  • チーズ好きが食べるおいしい チーズ鱈
  • チーズ鱈 BLACK イカスミ風味【期間限定】

3. チータラの基本的な栄養価

株式会社なとりの公式ホームページによれば、チータラの栄養価は商品によって異なっている。そこで代表商品である「JUST PACK チータラ」と「チータラ お徳用」の基本的な栄養価を以下にまとめておく。(※なお、写真は「チータラ お徳用」の栄養価である。)

「JUST PACK チータラ」の栄養価(27gあたり)

  • エネルギー:93kcal
  • たんぱく質:5.5g
  • 脂質:6.0g
  • 炭水化物:4.2g
  • 食塩相当量:0.8g

「チータラ お徳用」の栄養価(100gあたり)

  • エネルギー:322kcal
  • たんぱく質:20.1g
  • 脂質:20.5g
  • 炭水化物:14.2g
  • 食塩相当量:2.9g

4. チータラの美味しい食べ方・アレンジ方法

チータラはそのまま食べても十分美味しいが、アレンジを加えることでさらに美味しく食べられる。そこでいくつか美味しい食べ方やアレンジ方法を紹介しておこう。また、株式会社なとりの公式ホームページでもチータラを使ったアレンジレシピを紹介している。そちらもぜひチェックしてみよう。

その1.焼きチータラ

トースターでこんがりと焼いた「焼きチータラ」はおすすめ。香りとうま味がアップして、より美味しくなる。作り方は簡単で、クッキングシートを敷いた天板に、チータラを1cm間隔で重ならないよう10本ほど並べる。あとはトースターで3~5分程度、焼き色が付くまで加熱するだけだ。

その2.チータラスティック

電子レンジで加熱して作る「チータラスティック」も美味しい。チーズが溶け出して、通常とは異なる食感などが楽しめる。作り方は「焼きチータラ」と同じで、クッキングシートの上にチータラを等間隔に並べる。その後、500Wで1分30秒、600Wで1分程度を目安に加熱すれば完成となる。

その3.チータラ揚げ

チータラを豪快に揚げて「チータラ揚げ」にするのもよい。サクサクとした食感を楽しめるようになる。作り方はチータラにてんぷら粉を絡める。その後、170~180度程度に熱した油でキツネ色になるまで揚げれば完成だ。また、青のりなどを絡めて磯部揚げ風に仕上げても美味しい。
この記事もCheck!

結論

1980年代に誕生したチータラ・チーズ鱈は、約40年間にわたって愛されている国民的なおつまみの一種である。食べやすいことはもちろん、チーズとタラの相性は非常によくて美味しく食べられる。また、最近はチータラを使ったアレンジレシピなども多く紹介されているので、焼きチータラ、チータラスティック、チータラ揚げなどを試してみるのもよいだろう。
【参考文献】
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年3月 1日

  • 更新日:

    2021年4月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧