このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肉じゃがのアレンジ方法を紹介!いつもの味から大変身!?

肉じゃがのアレンジ方法を紹介!いつもの味から大変身!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月 7日

日本人の家庭的な料理のひとつである肉じゃが。ふとした瞬間に食べたくなる…という人も少なくはないだろう。しかし、そんな肉じゃがも食べ続けていると味に少し変化を出したい…と思う場面もあるかもしれない。今回は、そんな人に向けて肉じゃがのアレンジ方法を紹介する。いずれも簡単な方法で、家庭で取り入れやすいものばかりである。ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 肉じゃがとチーズは相性バツグン!

肉じゃがにチーズを足すといつもとは違った味に変化することをご存知だろうか。和風の肉じゃがが一気に洋風の一品となる。

いつもと同じ要領で肉じゃがを作ったあとピザ用チーズを加えてみよう。最後に粉チーズをかけて完成だ。より、マイルドな肉じゃがにしあげるのならば、肉をひき肉に変えてみるといいだろう。チーズがひき肉と絡みやすくなり、コクが増す。簡単にいうと、和風グラタンのようなしあがりになり、いままでとは違った肉じゃがの味が楽しめるに違いない。

また、肉じゃがにチーズ、キムチを足すと「キムチーズ肉じゃが」となり、おつまみにもぴったりの一品が完成する。肉じゃがとチーズの組み合わせは相性バツグンなので、ぜひさまざまなアレンジを試してみてほしい。

2. 肉じゃがコロッケはボリューム満点おかずだ

肉じゃがの一味違う食べ方のひとつは、「コロッケ」だ。肉じゃがそのままを使ってコロッケにする。作り方を簡単に説明しよう。

まずできあがった肉じゃがを用意する。じゃがいもやにんじんを取り出して軽くつぶしておくとコロッケの形を作りやすい。ほかの材料の汁気を切ったら、つぶしたじゃがいもとにんじんを混ぜてコロッケの形を作っていく。形ができたら、小麦粉、卵、パン粉をつけて180度に熱した油で揚げていこう。衣がこんがり色づいてきたことを確認して完成だ。

通常のコロッケはソースや醤油などの調味料をつけて食べるが、肉じゃがコロッケは、元の肉じゃが自体に味がついているため、何もつけなくてもそのまま食べられる。冷めても美味しいのが肉じゃがコロッケの特徴だ。いつもの肉じゃがをコロッケにしたことで、ボリューミーな一品料理に早変わりだ。大人はもちろん子どもにも喜ばれるだろう。

3. 肉じゃがに卵を加えてマイルドなしあがりに

肉じゃがに卵をプラスするアレンジレシピもおすすめだ。茹で卵を作っておいて、殻をむき、一緒に煮込むと茹で卵に味がしみて美味しくなる。ほかにも肉じゃがの卵とじも一味違った美味しさが味わえる。

ここで、肉じゃがの卵とじの作り方を簡単に紹介しよう。はじめに、できあがった肉じゃがのじゃがいも、にんじんを少し小さめに切っておく。汁気と一緒にフライパンに入れひと煮立ちさせよう。煮立ったのを確認し、溶き卵を回しながら流し込む。溶き卵をすべて入れたら火を止め、フライパンにふたをして数分蒸らしていこう。皿に移し、お好みで色味にパラリとネギをかけたら完成だ。

まるでオムレツのような一品料理。蒸らす時間次第では卵を半熟にもできる。ぜひ自分好みにしあげてみてほしい。

4. 肉じゃがを弁当に入れるときのポイント

肉じゃがや煮物類は、一般的に弁当のおかずには向いていないとされている。汁気があるものは、弁当箱から汁漏れをする可能性や具材や水分から菌が繁殖しやすいとされているためだ。とくに夏場はすぐに傷みやすいので注意をしなければならない。

肉じゃがをお弁当に入れるときは、水分をしっかりと切って入れたほうが無難だろう。汁漏れを防ぐためにアルミホイルで肉じゃがを包んでから入れる方法もおすすめだ。どうしても菌の繁殖が気になるときは、先ほど紹介した肉じゃがで作ったポテトサラダや肉じゃがのコロッケなどリメイクをしてから弁当に入れるのも、ひとつのアイデアだ。

結論

肉じゃがは、いろいろな食材と相性がよくアレンジもしやすいおかずだ。アレンジを加えることで、いままでの肉じゃがとはまた違う新たな味に出合えるであろう。簡単に作れるものも多いので肉じゃがを作ったときには、ぜひ試してみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ