このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スペアリブの味付けと応用レシピを紹介!骨ごとかぶりつこう!

スペアリブの味付けと応用レシピを紹介!骨ごとかぶりつこう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月18日

漫画のように、骨つきで豪快にお肉を食べることができるスペアリブ。BBQなどで使われることも多くなってきた、人気上昇中の食材だ。しかし、ハードルが高いイメージから、調理したことがない方も多いのではないだろうか。そんな方のために今回は、家庭でも気軽に楽しめる、スペアリブの簡単な味付け方法とレシピを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スペアリブとは

スペアリブと聞くと牛肉のイメージがあるが、実は、鶏・豚・牛にもスペアリブと呼ばれる部位が存在する。基本的に骨つきのバラ肉のことをスペアリブと呼び、背中側の骨つき肉をバックリブと呼ぶ。

牛のスペアリブの特徴

骨を持って豪快に食べることができ、ジューシーな味わいが魅力。BBQなどによく使用される。圧力鍋にかけると、骨と肉が綺麗に分かれるので、骨を外して調理することも可能。

豚のスペアリブの特徴

脂肪と赤身が層になっており、三枚肉とも呼ばれる。炒め物や中華料理、和食料理などさまざまなケースで使用できる。煮込むことで、赤身部分が柔らかくなり、スペアリブならではの芳醇な香りが際立つ。

鶏のスペアリブの特徴

牛や豚と違い、なかなか目にすることのない部位。ゼラチン質が豊富に含まれており、唐揚げやチキンスープなどに活用できる。

2. スペアリブの簡単味付け方法

スペアリブを家庭で調理する際、オーブンを使用するか、圧力鍋で煮込むかの2パターンに分かれる。それぞれの下ごしらえと味付けについて紹介していこう。

オーブン

下ごしらえとして表面をフォークで刺していき、塩こしょうをふる。これにより味がしみこみやすくなる。ビニール袋に、トマトケチャップ・醤油・ウスターソース・はちみつ・酢・ニンニクを混ぜ、タレを作る。下ごしらえをしたスペアリブを投入し、味がなじむようにしっかりもみ込む。ビニール袋の口を縛り、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。200度に予熱したオーブンで片面20分、裏返してさらに10~15分焼く。

圧力鍋

スペアリブを水で洗い、水分をしっかりと拭き取る。オーブンのときと同様、フォークで刺してから塩こしょうをふる。下味をつけたら圧力鍋に入れ、醤油・酒・みりん・はちみつ・水を加える。中火にかけ10〜15分加圧。火を止めて15分放置し、圧が抜けたら蓋を開ける。

3. お酒がすすむスペアリブのアレンジレシピ

スペアリブはお酒がすすむ料理としても人気だ。今回は、お酒と相性が抜群の簡単レシピを紹介するので、ぜひチャレンジしてほしい。

フライパン一つでできる簡単スペアリブ

フライパンにサラダ油をひき、スペアリブに焦げ目がつくまで焼く。ケチャップ・醤油・はちみつ・砂糖を加え、上下をひっくり返しながら中火で15分。中まで火が通れば完成。

スパイシースペアリブ

ニンニク・オイスターソース・カレー粉・ごま油・砂糖・醤油・水を圧力鍋に入れ、よく混ぜる。スペアリブを入れ、20分間加圧を行う。圧が抜けたことを確認して蓋を開け、プチトマトを投入。弱火でトロリとするまで煮込んだら完成。

スペアリブトマトカレー

事前にグリルでスペアリブに火を通しておく。玉ねぎを炒め、火を通したスペアリブを投入する。具材がひたるほど水を注ぎ、トマト・じゃがいもを入れたら40分間加熱する。カレールウと塩こしょうを加え、さらに10分間煮込むと完成。

結論

スペアリブは、赤身と脂のバランスが絶妙で、食べれば口の中に肉本来の風味が広がる。華やかな見た目や香ばしい香りから、BBQはもちろん、友人や家族を招いたパーティーの食卓に登場すれば、盛り上がること間違いなしの一品だ。手間をあまりかけずに調理をすることができるので、料理のレパートリーにぜひ加えてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >