このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【お好み焼き】の基本の作り方や味付けを解説!豊富なアレンジも紹介!

【お好み焼き】の基本の作り方や味付けを解説!豊富なアレンジも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2020年4月11日

お好み焼きといえば、広島風や関西風を思い浮かべるのではないだろうか?鉄板で食べるイメージのお好み焼きは初心者でも家庭で簡単に作れる。また、お好み焼きは具材やトッピングを変えれば、さまざまなアレンジを楽しめる料理だ。今回はお好み焼きの作り方のポイントやアレンジ方法まとめてみたので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. お好み焼きの基本の作り方

ポイントを押さえればお好み焼きは初心者でも簡単に作れる。お好み焼きの基本の材料は、小麦粉、キャベツ、卵、豚肉、焼くための油だ。お好み焼きの生地を作るポイントは、混ぜ過ぎないこととキャベツは焼く直前に入れること。また、焼き方のポイントは、ホットプレートは十分に加熱させておくことと、表面がふつふつしてきたらひっくり返すことである。初心者はふたを使って蒸し焼きにすると失敗しにくい。トッピングにはお好み焼きソースをかけ、お好みでマヨネーズや青のりも加えると彩りもよくなるのでおすすめだ。
この記事もCheck!

2. お好み焼きの生地に豚肉は混ぜる?混ぜない?

お好み焼きに入れる豚肉は、生地の中に混ぜる派と混ぜない派に意見が分かれる。豚肉を生地の中に混ぜるメリットは、肉が蒸し焼きになるのでふっくらとする。一方、豚肉を生地のうえにのせるメリットは、豚肉の生焼けを防いだり、焼いた肉の旨みが生地にしみ込んで美味しさが増したりすることだ。また、そのほかの焼き方として生地をある程度焼いたうえに豚肉をのせてひっくり返す方法もある。
この記事もCheck!

3. お好み焼きが美味しく仕上がる味付けとは?

美味しいお好み焼きを作るポイントは、生地の味付けにあるといってもよいだろう。小麦粉を溶く際に使う出汁の味付けには、インスタントの粉末出汁ではなく、自分で作った出汁を使うとプロの味に近づける。また、関西風のお好み焼きの生地には「紅生姜」を入れるのが一般的。紅生姜が肉や魚の生臭さを消してくれるので、お好み焼きをより美味しく食べられる。揚げた海老やイカなどのエキスをたっぷり吸った天かすを生地の味付けとして入れるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

4. お好み焼きに入れるなら山芋?長芋?

山芋や長芋は関西風のお好み焼きには欠かせない具材である。長芋より粘り気の強い山芋のほうがお好み焼きの具材として向いている。山芋を入れるとふわっとした仕上がりになるのでおすすめだ。長芋も具材として使用できるが、粘り気が少なくサラッとした口当たりに仕上がる。また、水気が多いため生地を作る際に水分の調節が必要だ。お好みの口当たりに合わせて、山芋または長芋を加えるとよいだろう。
この記事もCheck!

5. お好み焼きに合う個性派ソースとは?

お好み焼きに使うソースは「お好み焼きソース」が一般的である。とんかつソースや焼きそばソースなどもあるが、食べ比べてみると違いがわかるだろう。お好み焼きソースはお好み焼きに合うように作られていて、メーカーごとに味付けも微妙に異なるようだ。たとえば、デーツ(ヤシの実)を使ってフルーティーなソースに仕上げているメーカーもある。また、マヨネーズはお好み焼きと相性バツグンなので、ぜひ一緒に使ってほしい。アボカドマヨネーズやカレーマヨネーズなど工夫したマヨネーズを使って、味の変化を楽しんでみてもよいだろう。
この記事もCheck!

6. 広島風お好み焼きはアレンジ豊富

広島風お好み焼きの特徴は、関西風お好み焼きと焼きそばを組み合わせたような見た目。広島風のお好み焼きはトッピング次第でさまざまな味のバリエーションを楽しめる。たとえば、お好み焼きと相性バツグンの「チーズ」、しっかりとした食感で本場の広島県でも人気のトッピング「イカ天」、ほどよい酸味がソースとの相性がよい「梅しそ」など。また、焼きそば麺をパスタ麺に変えてイタリアン風にしたり、お好み焼きの具材にカレーを入れたりとさまざまなアレンジができる。
この記事もCheck!

7. 広島風のアレンジお好み焼き「庄原焼き」とは?

広島風お好み焼きのアレンジレシピが広島県の各地方で存在する。たとえば、広島県の庄原市では地元の農産物を使用して作ったお好み焼きを「庄原焼き」という。庄原焼きのベースは、広島風のお好み焼きの肉玉。そこに、焼きそばではなく庄原産のお米を入れ、ポン酢ソースをかけて食べるのだ。 庄原焼きは誕生して間もないが、地元に愛されるグルメとして根付いている。
この記事もCheck!

8. プレートでもお好み焼きは作れる

お店の鉄板で作って食べるイメージの強いお好み焼きだが、プレートを使えば自宅でも簡単に調理できる。プレートは鉄板と比べて火力は落ちるので、なるべく高温で使用し、事前にプレートを温めておくことも重要だ。また、具材はなるべく小さくすることで生焼けの防止にもなる。プレートでの作り方をマスターすれば、パーティー料理としてもふるまえるのでおすすめだ。
この記事もCheck!

結論

お好み焼きはさまざまなアレンジが楽しめる料理である。中身の具材やトッピング、ソースを工夫して、自分好みの味に仕上げてみるのもいいだろう。お好み焼きはポイントを押さえれば簡単に作れるので、ぜひ挑戦してほしい。
  • 更新日:

    2020年4月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧