このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
天丼の基本の作り方やカロリー、保存方法も紹介!サクサクにするコツは?

天丼の基本の作り方やカロリー、保存方法も紹介!サクサクにするコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月14日

さまざまな具材を天ぷらにしたものを白米に乗せ、タレをかけて食べるメニュー「天丼」。古くは江戸時代から愛され日本を代表する揚げ物料理だが、どちらかというとお店で食べるものというイメージが強いかもしれない。今回はそんな天丼を自宅で美味しく仕上げ、健康面や保存方法についても理解を深めるための雑学記事をピックアップした。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 天丼の基本の作り方

日本のソウルフードである天丼だが、自宅で作ろうとすると案外初心者には難しい。この記事では基本の天丼の作り方や構成、完成までの段取りについてを簡潔に解説しているので、入門編として読むことをおすすめする。天丼を美味しく仕上げるための重要なポイントである食材選びについても種類別にまとまっているので親切だ。
この記事もCheck!

2. 天丼のカロリー

天丼はざっくりいえば白米と揚げ物の組み合わせなので、どう考えてもハイカロリーなメニューに分類される。具材そのものはローカロリーでも、衣や油、白米自体が全体のカロリーを占めているので単純な食べ方ではダイエットには悪影響を及ぼすだろう。工夫できる部分としては、白米の量を減らすか、天ぷらの衣を薄づけにするというところだ。
この記事もCheck!

3. 天丼の保存方法

自宅で作った天丼が余ってしまった場合、サクサク感を保ったまま後日食べるということは可能なのだろうか。タレがしみ込んだごはん部分は保存には向かないが、上に乗った天ぷら部分はクッキングシートで包んで空気に触れないよう保存袋で保存するという方法で酸化を遅らせることができる。また、温めなおす際にもコツを知っていればサクッと食感を改めて味わえるはずだ。
この記事もCheck!

4. 天丼の付け合わせ

天丼を食卓のメインとした場合、副菜や汁物などをどうしたらよいか組み合わせに悩むことがあるだろう。天丼単体では不足する栄養素を補ったり、汁物でカロリーを調整したりと全体のバランスをとることが重要になってくる。ここでは天丼といっしょに食べたいメニューに加え、天丼アレンジレシピなど実践したいアイデアを提案している。
この記事もCheck!

5. フリットを天丼にアレンジ

イタリアの揚げ物料理「フリット」は、日本の天ぷらとはまた異なった魅力のあるメニューだ。フリットに使われる衣は卵白のみをメレンゲ状に泡立てているというのが最大の違いで、ふわふわとした食感を楽しむことができる。この記事ではそんなフリットのアレンジメニューとして、白米に乗せて天丼のようにするというアイデアをご紹介。
この記事もCheck!

6. 天丼の盛り付け方

天ぷらをワンランク上に仕上げるためにこだわるべきポイントの一つが「盛り付け」。立体感や彩りなど、見た目にも美しく完成させてこそ和食の美学が味わえる。その感覚は天丼を作る際にも重要となってくるので、この記事を読んで盛り付けの基本を知っておくことでより美味しそうな天丼を自宅でも作れるようになるだろう。
この記事もCheck!

7. 天丼のベスト具材

天丼はなんでもかんでも好きなものを揚げて乗せればよいというものではなく、天ぷら向きの食材がやはり存在する。天ぷらも天丼も食材選びは共通のポイントだ。魚介であれば白身魚やイカ、海老、野菜はナスやさつまいもなど、彩りや食感も意識しながらセレクトすることが大切。また、下ごしらえも丁寧に行うことで仕上がりの彩りも底上げされる。
この記事もCheck!

8. サクサク天丼のコツ

天丼には天ぷらにタレがたっぷりかかってしっとりとした食感のタイプと、サクサクとした衣の食感を楽しむタイプが存在する。この記事では天丼はサクサク派!という人にぜひ知っておいてほしい天ぷらの揚げ方について解説。油の温度調節や衣をつける段階の下ごしらえなど、ほんのひと手間で揚がり具合に驚くほど差が出るだろう。
この記事もCheck!

結論

江戸時代から食されている日本人のソウルフード、天丼。彩り豊かにさまざまな天ぷらが乗っている楽しさは、ちょっとしたご馳走としても老若男女に人気の高い一品だ。サクサクとした天ぷらも、タレがしみたしっとり天ぷらもどちらも美味しいが、自分で作るとなるとややハードルは高めかもしれない。ご紹介した豆知識をしっかりと予習して、ぜひ自宅でもオリジナルの天丼を楽しんでみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ