このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【キーマカレー】にルーは使える?メリットとデメリットを紹介!

【キーマカレー】にルーは使える?メリットとデメリットを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年5月 4日

キーマカレーはひき肉とみじん切りにした野菜を使って作るカレーで、基本的な味付けは普通のカレーと変わらない。しかし普通のカレーよりも水分量が少なく見ためもまったく異なるため、市販のカレールーを使ってよいものか悩んでしまうだろう。ここではそんな疑問に答えるべくキーマカレーにカレールーを使うメリット、デメリットなどを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キーマカレーにルーを使うメリット

カレーを作る際にはカレールーを使用するという人が多いだろう。そもそもカレールーとは、カレーの香りや味わいを出すスパイスや調味料などを混ぜ合わせ、そこに小麦粉を加えた固形物のことを指す。なぜ小麦粉が入っているのかというとカレーにトロミをつけるためだ。ちなみに、同じ材料で作られたものでもフレーク状になっているものをカレーフレークと呼ぶ。また、調味料として使われるカレー粉は数種類のスパイスのみが混ざり合ったもので小麦粉は入っていない。
カレールーを使う最大のメリットは味付けが非常に楽になるという点だ。カレーには数種類のスパイスと調味料が使われるのだが、それぞれを買い揃えること自体が手間である。しかしカレールーがひとつあればほかの調味料は必要なく、味の微調整をしなくても美味しいカレーを作ることができる。さまざまなメーカーからカレールーは販売されており、辛さだけでなく香りやコクの違いも商品によって異なるため、より自分好みの味わいを見つけやすいのもカレールーのメリットだ。気になるキーマカレーに使うカレールーだが、普段使っているカレールーをそのまま使用して構わない。普段のカレールーをキーマカレーで使用するのが不安な場合は、キーマカレー用のカレールーというものが販売されているので、そちらを使うことをおすすめする。

2. ルーを使ったときのデメリット

カレールーを使ってキーマカレーを作れば難しい味付け作業を省略することができる。しかし必ずしもメリットばかりではない。キーマカレーはひき肉とみじん切りにした野菜を使うカレーであるため、普通のカレーよりも少ない水分量で炒め煮にする。カレールーは溶かしながら加えていくのだが、キーマカレーでは加える水の量が少ないため完全に溶かしきるのは少し苦労するかもしれない。またカレールーが直接フライパンや鍋に当たってしまうと焦げつきの原因にもなり得る。そのため、キーマカレーでカレールーを使用する場合は溶けきるまで様子を見ておかなければならない。キーマカレー用のカレールーは溶けやすい配合になっているためこの問題は解消されるが、通常のカレールーを使う場合はあらかじめルーを刻んでおくといった工夫が必要になるかもしれない。
また、カレールーを加えるとカレーにトロミがつくのだがキーマカレーの場合は水分が少ないためトロミが想定以上につく可能性もある。とくにドライカレーのようにパラパラとしたキーマカレーにしたい場合、水分を加えないと使えないカレールーは不適ともいえる。その場合は少し面倒だがカレー粉や調味料を使ってキーマカレーを作るしかない。

3. ルーを使ってキーマカレーを作る

キーマカレーを作るときでも基本的なカレールーの使い方は変わらない。ブロックごとに割って使って構わないのだがカレールーが溶け残らないか不安、早くカレールーが溶けてほしい場合などは、最初に包丁でルーを刻んでおこう。ルーをどのくらい使うかは水分量や味の様子を見て適宜調整してほしい。
キーマカレーで必ず使う材料はひき肉だ。合いびき肉や豚ひき肉などいろいろあるが、とくに決まりはないためどのひき肉を使っても構わない。野菜は人参、玉ねぎ、ピーマン、ニンニクを使うことが多いが、季節の野菜などを組み合わせてみよう。ポイントはすべての野菜を細かく、できればみじん切りにすることだ。切った野菜はひき肉と一緒に炒めるのだが、フライパンまたは炒めやすい浅めの鍋を使おう。ひき肉と野菜に火が通ったら水を加えて少し煮込み、火を止めてカレールーを加える。再び火をつけて煮込んでいくが、火が強過ぎると焦げつきの原因となるため弱火から中火でじっくりと煮込んでいく。カレールーが煮溶けて、ほどよく煮詰まったらキーマカレーの完成だ。

結論

カレールーはカレー作りにおいて非常に重宝する調味料だが、キーマカレーを作る際には少し取り扱いに注意が必要だ。普通のカレーより水分が少ないため、カレールーが焦げ付く可能性があるからだ。市販のカレールーでも問題なくキーマカレーの味付けはできるが、火加減に注意しながら使おう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >