このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
あんかけ料理の栄養素やカロリーを紹介!とろみを残す保存方法も!

あんかけ料理の栄養素やカロリーを紹介!とろみを残す保存方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月28日

あんかけとは、片栗粉などでとろみをつけたタレのこと。具材によく絡み、満足感がアップする点が魅力である。中華風の甘酢ダレや、やさしい出汁の和風ダレなど、味のアレンジも自在でさまざまな料理に用いられている。今回はそんなあんかけ料理について作り方や保存方法などをまとめて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. あんかけの定番!甘酢あんの栄養素やカロリーは?

中華料理などでよくみかける甘酢あんは、好バランスな甘みと酸味が魅力だ。しかし、とろみのあるあんかけは、糖質やカロリーの摂取量が懸念されることも多い。栄養面などが気になるときは、砂糖の量を増やしすぎない、具を野菜メインにするなど工夫しよう。タレが絡み、具材に味がつきやすい甘酢あんは低糖質、低カロリーでも食べごたえがある。
この記事もCheck!

2. 五目あんかけをカロリーオフする食べ方

五目あんかけは好きな食材にあんをかけて作る料理である。使う具材によって栄養素やカロリーは変化するため、その値は一概にいえない。カロリー面に着目するうえで注意したいのは肉類を使うとき脂身の少ないものを選ぶことや、五目あんかけをごはんや麺類と合わせないようにすることだ。少しの工夫で五目あんかけをカロリーオフしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

3. 余ったあんかけどうする?とろみを保つ甘酢あんの保存方法

あんかけ料理に使う甘酢あん、余ってしまったときにはとろみを残せる保存方法を活用しよう。冷蔵保存するときは密閉できる容器に入れて保管するのがおすすめだ。冷凍の場合はフリーザーバッグを使い、空気をしっかり抜いたうえで保管する。小分けにしておくと後が楽だ。一度冷やすととろみが損なわれるため、加熱後に再度片栗粉を加えるのがコツである。
この記事もCheck!

4. あんかけのとろみを出すのに使える食材

あんかけ料理を作るとき、とろみをつけるために使う材料といえば片栗粉が定番といえる。片栗粉に含まれるデンプンが粘りのもとになるのだが、このデンプンが含まれる材料であれば片栗粉以外でもとろみをつけることが可能である。小麦粉はデンプンが含まれるため片栗粉の代用として使える。また、すりおろしたジャガイモや里芋もとろみをつけるのに有効だ。
この記事もCheck!

5. あんかけソースを使った豆腐ステーキ

ここからはあんかけを使った料理をいくつか紹介しよう。さっぱりとした豆腐ステーキには、とろりと味わい深いあんかけソースが相性バツグンだ。あんかけソースを作るときには、彩りのよい野菜とひき肉の炒めものなどを加えて、食べごたえのあるソースに仕上げてもよいだろう。あんかけソースの味は和風やコンソメなど、お好みで作ってみてほしい。
この記事もCheck!

6. さっぱりあんかけがカギ!関東風天津飯

日本発祥の天津飯には、関東風と関西風の2種類がある。関東風の天津飯は、鶏ガラベースの甘酸っぱいあんが使われるのが特徴だ。鶏ガラスープに醤油、砂糖、酢を混ぜてひと煮立ちさせ、片栗粉でとろみをつけよう。かにかまを使ったかに玉作りも味のポイントとなる。しいたけや小ねぎなど、色や食感を楽しめる具材を入れてみてほしい。
この記事もCheck!

7. いつもとひと味違う!あんかけ焼きそばの作り方

手軽な家庭料理として親しまれる焼きそば。頻繁に作る家庭も多いのではないだろうか?毎回濃厚なソースの味わいで飽きたなら、あんかけ焼きそばを提案したい。表面がカリカリのかた焼きそばを作り、出汁の効いたあんかけソースをとろりとかければ完成だ。具材は冷蔵庫の余りものでOK。中国から伝わった焼きそばには、ソース以外にも無限の可能性がある。
この記事もCheck!

8. 旬に食べたい!冬瓜のあんかけ煮

6月から9月に旬を迎える夏野菜、冬瓜。水分を多く含み、さっぱりとした風味が魅力である。おひたしや汁ものなど多くの調理法があるが、中でも一般的なのはとろりと煮込んだあんかけ煮だろう。口の中でとろけるような食感、クセのない味わいは具材の風味を引き立てる。調理するときは縦方向に割り切って種と皮を取り除き、食べやすくカットしよう。厚い皮は薄めに残しておくと、煮崩れ防止にひと役買ってくれるはず。
この記事もCheck!

結論

あんかけはあんと具材をしっかりと結びつけ、満足感のある料理に仕上げてくれる。天津飯やエビチリ、あんかけ煮などバリエーションも豊富だ。広く親しまれるあんかけ料理を今晩のおかずに加えてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ