このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エッグベネディクトのカロリーや発祥を紹介!10分で作る方法も!

エッグベネディクトのカロリーや発祥を紹介!10分で作る方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月16日

ニューヨーク生まれのエッグベネディクト。基本は、横半分にスライスしたイングリッシュマフィンに、ポーチドエッグ、ベーコンまたはハム、野菜がのっている。そして上に濃厚でクリーミーなオランデーズソースがかかった料理だ。今回はエッグベネディクトのカロリーや食べ方のコツなどをはじめ、起源や簡単な作り方など情報をまとめた。まだ食べたことがない人もぜひチェックして食べてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エッグベネディクトのカロリー

エッグベネディクトはイングリッシュマフィン、ポーチドエッグ、ハムやベーコン、野菜、オランデーズソースが基本の材料だ。エッグベネディクトはカロリーが高い。ソースにバターが使われること、ベーコンの脂身がその理由だ。具をベーコンからチキンに変える、ソースの量を少なくするなどの工夫でカロリーを抑えられる。また、エッグベネディクトだけでは不足気味な野菜を合わせれば、栄養バランスもよくなるだろう。
この記事もCheck!

2. エッグベネディクトは朝食にぴったり

エッグベネディクトはさまざまなアレンジを楽しめる料理だが、基本はシンプル。横半分に切ってトーストしたイングリッシュマフィンにハムやベーコン、柔らかいポーチドエッグをのせ、そこにオランデーズソースをかける。オランデーズソースとポーチドエッグは作るのに手がかかるのだが、オーロラソースや温泉卵を代用して気軽に作ることもできる。休日の朝食にぴったりだ。
この記事もCheck!

3. ニューヨーク生まれのエッグベネディクト

エッグベネディクトの名前は人名に由来するそうで、歴史は古く1900年代にニューヨークで誕生したといわれている。日本へ来たのは2013年頃とまだ日が浅い。バターがたっぷりで濃厚なオランデーズソースがかかっているエッグベネディクトは、日本では朝に限らず提供されるカフェ料理として定着している。ブランチや昼食にもおすすめだ。
この記事もCheck!

4. エッグベネディクトを上手に食べるコツ

イングリッシュマフィンにベーコンや野菜、ポーチドエッグをのせ、オランデーズソースが決め手のエッグベネディクト。美味しいが食べにくい。上手に食べるコツは、まず真ん中からナイフとフォークで具材も一緒に半分に切る。そこから食べる分だけを切り分けて食べよう。流れた卵黄をソースとして具やパンに絡めるとよい。きれいに食べられ片付けも楽だ。
この記事もCheck!

5. エッグベネディクトは家でも作れる

一見難しそうなエッグベネディクトだが、家でも作ることができる。オランデーズソースは、バターをレンジで溶かし、卵黄や砂糖などの調味料を加え混ぜていく。ポーチドエッグは、沸騰した湯に塩と酢を入れ、菜箸でかき混ぜて渦を作り、そこに割っておいた卵を静かに落とし入れ数分茹でる。あとは、イングリッシュマフィンに具材を重ねれば完成だ。手に入りやすい食材で作れるので試してみてほしい。
この記事もCheck!

6. エッグベネディクトを10分で作る方法

エッグベネディクトを時短で美味しく作る方法がある。ポーチドエッグとオランデーズソース作りにレンジを使う。マグカップに卵を割り入れ、水を上から注ぎレンジで加熱する。それを穴杓子ですくい水分を切るとポーチドエッグに。また、バターをレンジで溶かし、卵黄や調味料とよく混ぜ合わせるとオランデーズソースができる。イングリッシュマフィン、ベーコンを香ばしく焼き具材をのせればあっという間に完成だ。
この記事もCheck!

7. エッグベネディクトに必須!オランデーズソース

エッグベネディクトに欠かせないオランデーズソースは、ほかにもソテーした肉や魚、野菜とも相性がよく、サラダのドレッシングなど幅広い料理に活躍する。基本のオランデーズソースは卵黄とバター、レモン汁を乳化させ塩こしょうなどで味付けして作る。これに粒マスタードや、カレー粉などを加えたアレンジソースもおすすめだ。ぜひマスターしていろいろ試してみてほしい。
この記事もCheck!

8. エッグベネディクトは食パンでもOK

基本はイングリッシュマフィンで作るエッグベネディクトだが、リーズナブルで手に入りやすい食パンを使って作るのもアリだ。値段もピンキリで、厚みも4枚5枚といろいろ種類があるが、どれでも好みのものでよい。作り方は同じだが食パンは4等分すると本来の雰囲気に近づくだろう。また不足がちな野菜をサラダやスープなどで補えば、栄養もばっちりの食事になるのでぜひおすすめする。
この記事もCheck!

結論

おしゃれで美味しいエッグベネディクト。一見作るのが難しそうにも見えるが、そんなことはない。具材をサーモンや厚切りのハムに変えてみたり、ソースをアレンジしたり自由度が高く楽しめる料理である。簡単レシピもあるので、ぜひチャレンジしてみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ