このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フライドポテトをカリッと揚げてヘルシーに食べよう!調理法を紹介!

フライドポテトをカリッと揚げてヘルシーに食べよう!調理法を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月10日

フライドポテトは、子どもから大人まで幅広い世代に人気がある。絶妙な塩加減と食べやすさで、ついつい食べ過ぎてしまうことはないだろうか。フライドポテトの調理法を少し工夫するだけで、カリカリとした食感を楽しめたり、カロリーオフしたりできる。今回は、フライドポテトを美味しく食べる方法やヘルシーに食べる方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライドポテトをカリカリに揚げるコツ

フライドポテトをカリカリに揚げるコツは、下ごしらえにある。ポイントのひとつは、ジャガイモの皮をむき、食べやすいサイズに切ったら、水にさらすことだ。30分~1時間ほど水にさらすことで、ジャガイモのデンプン質による、ベタッとした仕上がりを防げるのだ。また、熱湯で1~2分茹でるという方法もある。ただ、茹ですぎると形が崩れやすくなるので注意が必要だ。
この記事もCheck!

2. 揚げずにフライドポテトを作る方法

フライドポテトを揚げずに作る方法として、フライパンで揚げ焼きしたり、魚焼き用グリルで焼いたりする方法がある。片栗粉をジャガイモ全体にまぶして、オリーブオイルをふりかけて焼くことで、ヘルシーなフライドポテトが完成する。油で揚げなくても、表面はカリッとし、中身はホクホクとした仕上がりになるのだ。また、フライパンで調理する場合、調理前に片栗粉をまぶしたジャガイモを電子レンジで加熱しておくと、加熱時間を短縮できる。
この記事もCheck!

3. 冷凍フライドポテトをカリッと揚げるコツ

冷凍のフライドポテトがカリッと仕上がらないという経験はないだろうか。冷凍フライドポテトをカリッと仕上げるコツは、深さのある鍋に油をたっぷり入れて揚げる、油の温度は一定を保つ、少量ずつ鍋に入れて油の温度を下がるのを防ぐ、菜箸で軽く動かしながらじっくり揚げることの4つである。また、油で揚げずオーブントースターやフライパンを使って、少量の油でカリッと仕上げることも可能だ。
この記事もCheck!

4. フライドポテトの塩分を抑える方法

フライドポテトは、表面に塩をまぶすため、表面積が多いものほど塩分が多くなりがちである。たとえば、冷凍食品や有名ファストフード店などで多く使われる細身タイプのシューストリングは、皮つきタイプのウェッジカットより塩を多く使う。塩分を抑えたいなら、太めのフライドポテトを選ぶとよいだろう。また、フライドポテトをたくさん食べるとそれだけ塩分量は増えるので、食べる量にも気をつけてもらいたい。
この記事もCheck!

5. フライドポテトはなぜ美味しいのか?

フライドポテトが美味しい理由は、ジャガイモに多く含まれるデンプンにある。デンプンは分解すると、特有の甘みがでるのだ。ジャガイモは、水にさらすことでデンプンを分解しやすくする。また、油で揚げることで表面がコーティングされ、旨みを閉じ込めておけるのだ。ちなみに、デンプンはそのまま加熱すると焦げやすいので、注意が必要である。
この記事もCheck!

6. 手作りフライドポテトはヘルシー

フライドポテトのカロリーを抑えたい場合は、手作りするとよい。手作りすることで、使用する油の種類を選べたり、油の量を調節できたりする。たとえば、ジャガイモに油をふりかけて、オーブン焼きにすると、通常のフライドポテトよりもぐっとカロリーを抑えることが可能だ。また、手作りをすれば塩分量も調節できるというメリットもある。
この記事もCheck!

7. フライドポテトを塩と油のみで作る

包丁も使わず作れるフライドポテトの作り方を紹介しよう。ジャガイモを皮つきのまま、水がたっぷり入った鍋に入れて茹でる。茹でることにより、カットしやすく、揚げる際の火の通りもよくなるのだ。次に、ジャガイモが柔らかくなったら、フォークを使って半分に切る。油の温度が適温になったら、ジャガイモを入れて、きつね色になるまで揚げればできあがりだ。味付けには、シンプルに塩をふって食べるとよいだろう。
この記事もCheck!

8. フライドポテトに最適なジャガイモ【ホッカイコガネ】

ホッカイコガネとは、北海道で育成されたジャガイモの品種のこと。主に北海道で作られ、北海道以外では鹿児島でも作られている。ホッカイコガネがフライドポテトに最適な理由は、中心に空洞ができないので、油で揚げても褐変しにくいからだ。また、安定した品質を保った状態で保存できるので、フライドポテトやポテトチップスなどの加工品向けの品種とされている。
この記事もCheck!

結論

フライドポテトは、調理次第でベタッとした食感になったり、油っぽくなったりする。カリッとした食感やヘルシーな仕上げにこだわりたいなら、今回紹介したポイントをおさえて、フライドポテトを作ってみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ