このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
担々麺のカロリーや栄養は?美味しい食べ方やアレンジ法まで!

担々麺のカロリーや栄養は?美味しい食べ方やアレンジ法まで!

投稿者:ライター 原智子(はらともこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月 5日

ゴマの風味がきいたピリ辛の味付けが何ともいえず、無性に食べたくなることもある担々麺。店で食べるイメージがあるかもしれないが、家でも手軽に楽しむことができるのをご存じだろうか。ここでは、担々麺を食べるときに気になるカロリーや家で楽しむ方法などを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 担々麺のカロリーと糖質

食欲をそそるピリ辛のスープに練りゴマの風味がきいた担々麺。日本の醤油ラーメンやとんこつラーメンとはひと味違ったクセになる味で、無性に食べたくなることもあるかもしれない。カロリーはそれほど高くはないが、糖質は少し高めである。つい残ったスープにごはんを投入したくなるかもしれないが、そこはグッと我慢して、スープも飲み干さないように注意すれば、カロリー・糖質ともに抑えて美味しく食べることができるだろう。
この記事もCheck!

2. 担々麺の特徴と美味しい食べ方

担々麺といえば、練りゴマが入った白いスープに、豆板醤とラー油がきいたピリ辛の味付けが特徴の麺料理である。これに、肉みそや白髪ねぎのトッピングがベーシックだが、店によって味付けなどスタイルは異なる。辛いのは苦手だが、担々麺を食べたいという方は、好みの味付けで手作りするのもおすすめだ。豆板醤の代わりに味噌を加えればコクのあるマイルドな味付けになる。汁なしにしたり、冷やして食べたりといろいろな方法で食べてみるのもいいだろう。
この記事もCheck!

3. 担々麺のアレンジ方法

店で食べるイメージの強い担々麺。家で手作りすれば、さまざまなアレンジ方法を楽しむことができるのでおすすめだ。たとえば、水餃子。本来なら、鶏がらベースのスープで楽しむ料理だが、担々麺のスープで食べても美味しい。ほかにも、肉みそを少し濃いめに作り、汁なし担々麺にしてもいいだろう。さまざまなアレンジ方法を試して、オリジナルの食べ方を見つけてみてほしい。
この記事もCheck!

4. 寒い季節には担々麺鍋もおすすめ

担々麺に使われる豆板醤には、身体を温める効果が期待できるカプサイシンが豊富に含まれている。ぜひ、冬に楽しみたい料理のひとつだが、鍋料理にアレンジして食べるのもおすすめだ。相性がいいのは、中華スープがベースの豆乳鍋。中華麺と肉みそに加え、ニラやもやし、白菜など好みの野菜をたっぷりのせれば、栄養満点の担々麺鍋のできあがりだ。
この記事もCheck!

5. 担々麺のスープの作り方

じつは、家でも簡単に作ることができる担々麺。スープに使うのは、練りゴマにオイスターソースや醤油、砂糖など。ベースは市販の鶏がらスープでいいだろう。辛みの素となる、豆板醤やラー油も忘れずに。トッピングの肉みそや白髪ねぎ、茹でたチンゲン菜などは事前に準備しておくとスムーズだ。家で作れば、辛さを調節したり、ほかの料理にアレンジしたりと楽しみも広がるので、ぜひチャレンジしてみてほしい。
この記事もCheck!

6. 担々麺に合う料理は?おすすめの献立

トッピングが少なめの担々麺を家で楽しむなら、野菜を使った料理を副菜に用意するといいだろう。たとえば、人参やほうれん草、もやしなど好みの野菜を塩やゴマ油で和えた、ナムルは相性バツグンだ。もっと手軽に野菜を摂るなら、トッピングにもやしやキャベツなどをプラスしてもいい。必要に応じて栄養をプラスできるのも家で食べるメリットではないだろうか。
この記事もCheck!

7. 担々麺に使うひき肉と肉みその作り方

担々麺のトッピングに欠かせない、肉みそ。スーパーには、さまざまな部位のひき肉が並んでいるが、担々麺には豚ひき肉がおすすめである。価格の安い豚小間を細かく刻んで使ってもいいだろう。作り方は簡単、まずゴマ油を入れたフライパンでにんにくと生姜を炒めたら、そこに豚ひき肉を入れてさらに炒める。酒と醤油、甜麺醤を加えて煮立たせたら、好みで山椒や花椒をかければ完成だ。材料をそろえて、休日のランチ用に作ってみてはいかがだろう。
この記事もCheck!

8. ジャージャー麵と汁なし担々麺の違い

担々麺のアレンジ料理としても人気の汁なし担々麺。その見ためは、ジャージャー麵とそっくりである。「正直違いがわからない」という人も多いのではないだろうか。実際の違いは、肉みそに使われる材料やトッピングによるようだが、味に大きな違いはないようだ。機会があれば、食べ比べてみたり、違いを楽しんでみたりするのもいいかもしれない。
この記事もCheck!

結論

暑い夏には汗を流しながら、寒い冬には身体を温める料理として1年中楽しめる担々麺。店で食べても美味しいが、家で肉みそやスープを手作りしたり、ほかの料理にアレンジして食べたりするのもおすすめだ。自分好みの味を追求して、休日のランチのレパートリーに加えてみてはいかがだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ