このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆苗の栄養や選び方を紹介!美味しく食べるコツやリボべジの方法も!

豆苗の栄養や選び方を紹介!美味しく食べるコツやリボべジの方法も!

投稿者:ライター 中島公美(なかしまくみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月12日

シャキシャキとした食感にほんのり甘く、豆の香りが豊かな豆苗。豆苗は安くて美味しい、調理も簡単で栄養も豊富、いいこと尽くめの食材だ。とても便利な食材なので、この記事を参考に、豆苗の知識や調理法を身につけて今後の献立サイクルに入れることをおすすめしたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豆苗は中国の高級食材だった

豆苗の始まりは中国にある。中国でエンドウ豆を育てているときに、若芽を摘み取って食べたのが豆苗の始まりだ。当時、豆苗は畑で栽培しており、収穫できる時期や量が限られるうえ、かなりの手間がかかるため高級食材として扱われていたのだ。日本にでも、中国から伝わってきた当初は一般に普及しなかったが、その後水耕栽培が盛んとなり店に並ぶようになった。農薬を使わず季節に関係なく栽培されていることもあり、現在のように安価な値段で手に入る食材となったのだ。
この記事もCheck!

2. 豆苗の栄養について紹介

豆苗は緑黄色野菜に分類され、栄養が豊富な食材だ。とくにビタミン類が多く含まれており、発育の促進や肌の健康を維持するのに役立っている。さらに豆の栄養価もあるため、ほかの野菜には少ないたんぱく質が多く含まれているのも特徴だ。サラダやスープ、炒め物など幅広く使える豆苗はぜひ積極的に食べてほしい食材である。
この記事もCheck!

3. 美味しい豆苗の選び方はこうだ

サラダにも使う豆苗。鮮度がよく美味しいものを選びたいものだ。選ぶ際は豆苗の色に注目してみよう。葉の色が鮮やかな緑に色づき、みずみずしいものがよい。黄色くなりかけていたり、しおれていたりするものは鮮度が落ちている証なので選ばない方がいいだろう。ほかにも茎が長すぎるものや根がついていないものは、鮮度が落ちやすいため注意が必要だ。
この記事もCheck!

4. 豆苗サラダを美味しく食べるコツ

豆苗はどんな調理法でも美味しく食べられるが、今回は豆苗サラダを美味しく食べるコツについて紹介しよう。豆苗は洗いすぎると、栄養や旨みが逃げてしまうため軽く洗う程度にしたい。また豆苗に含まれるビタミンKやβカロテンは油分と一緒に食べることで、吸収が高まるため、ドレッシングやマヨネーズをかけて食べるのがおすすめだ。豆苗サラダに合う食材は、ツナや塩昆布などがあり、ベーコンなどの肉類を入れると豪華なサラダになるだろう。
この記事もCheck!

5. 豆苗と卵は相性バツグン!

どちらもスーパーで簡単に手に入る豆苗と卵。この二つを組み合わせると、いろいろなバリエーションのおかずが作りやすく、彩りもよく仕上がる。どちらもさっと火を通すだけで簡単に仕上がるのもポイントだ。豆苗と卵はどんな調味料とも相性がいいため、オイスター炒めや鶏ガラ炒め、マヨネーズ炒めなどいろいろな味を楽しめる。子どもから大人まで美味しく食べることができる料理なのだ。
この記事もCheck!

6. 豆苗の仲間!スプラウトの種類を紹介

豆苗は豆類や野菜の種が発芽したときの新芽を指すスプラウトの一種である。えんどう豆の新芽である豆苗以外にも、スプラウトにはさまざまな種類があるので紹介しよう。ピリッとした辛さがアクセントのかいわれ大根や、マイルドな味わいのブロッコリースプラウト。肉料理に合うマスタードスプラウトや、紫キャベツの新芽であるレッドキャベツスプラウトは彩りがよいのが特徴だ。いろいろなスプラウトがあり、それぞれの味が楽しめるので、ぜひ食べてみては?
この記事もCheck!

7. 豆苗ともやしの違いを解説

似ているようで少し違う、豆苗ともやし。スプラウトはもやし系とかいわれ系があり、豆苗はかいわれ系に属するのだ。もやしは暗所で育てて収穫するが、豆苗は暗所で育てたのちに、光を当て緑化させてから収穫する。豆苗は根がついたままの状態で販売されているので、水につけておけば何度も発芽するという点も異なる部分である。
この記事もCheck!

8. 自宅で豆苗のリボベジにトライ!

リボベジとは「リボーンベジタブル」の略で、再生する野菜のことである。豆苗はリボベジを代表する野菜で、簡単にできるのが特徴だ。やり方は、水を浅く張ったタッパーなどに根を立たせておくだけ。日当たりが悪いと豆苗が弱々しくなってしまうので、日当たりのよい場所に置くのもポイントである。より効率的に再生させるには、茎の下の方にある脇芽と呼ばれる小さく生え始めた新芽を残してカットするとよいだろう。新芽を残すことでより早い成長が望めるからだ。
この記事もCheck!

結論

安価で簡単に手に入れることができる豆苗。栄養価も高く、農薬などを使用せずに栽培されているものがほとんどなので、積極的に取り入れていきたい食材だ。調理も簡単にできるため、料理初心者でも作りやすいだろう。ぜひ自宅で試してみては?
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ