このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タコスのカロリーや食べ方を解説!基本の作り方からアレンジまで!

タコスのカロリーや食べ方を解説!基本の作り方からアレンジまで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年8月 2日

メキシコ料理の中でも広く知られるタコス。近年、日本でも手軽に食べられるチェーン店ができるなど人気も高まっている。見た目はボリューミーな印象だが、カロリーはそれほど高くない。今回は、自宅でも作れる方法や市販品を使った手軽なレシピなどを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タコスのカロリー

タコスのカロリーは、ボリューム感ある見た目に反して控えめである。ただし、具材に何を選ぶかがカロリーにも影響することを覚えておこう。低カロリーに食したいのであれば、肉類を減らしその分を野菜や豆類で補うとよい。どうしても肉を入れたい時には、豚肉や牛肉の代わりに鶏肉を選ぶとよい。魚介類を具にしてもカロリーは抑えられるだろう。具材を自由に選べるタコスは、朝食にも向いている。卵やベーコンを包めば朝のカロリー補給にもぴったりだ。
この記事もCheck!

2. タコスの栄養

タコスは多種多様な具材を挟めるため、何を具材に選ぶかが栄養バランスの鍵を握る。栄養バランスを整えたい場合は、三大栄養素とビタミン、ミネラルに気を配るとよい。三大栄養素とは、タンパク質や脂質、炭水化物のことだ。タコスは、タンパク質や脂質を具材の肉や魚類で、炭水化物は具材を包むトルティーヤで摂取できる。ビタミン、ミネラルも具材の野菜から摂取可能だ。基本的な栄養素を押さえたら、残りは自身に必要な栄養素が豊富な具材を選ぶとよいだろう。
この記事もCheck!

3. タコスの食べ方

タコスは、たっぷりと包まれた具材を落とさず食べるのがなかなか難しい。食べる際には、トルティーヤの上部を閉めるように持ち、顔を傾けて食べるとよいだろう。空いている手に皿を持っておけば、具材が万が一落下しても周囲を汚さずにすむ。上手に食べるコツは、このとき持ち上げている皿に対してタコスを平行に保つことだ。小指以外の4指を使ってつまみ上げ、小指はわずかに立てるとバランスが保ちやすい。
この記事もCheck!

4. タコスに合わせる具材

タコスは懐が深い料理だ。具材に決まりがなく、本場メキシコではサボテンなども使われる。組み合わせの自由さが寛容な印象を生んでいる。チーズやアンチョビ、パテなどを合わせるとお酒のつまみにもよさそうだ。テリヤキチキンやきんぴらなど、日本人がよく知る味を組み合わせても違和感がない。和風の具材は一風変わったタコスとしてトレンドになりつつあるだろう。
この記事もCheck!

5. タコスのベーシックな作り方

タコスは自宅でも楽しめる。準備するものは、具材を包むトルティーヤ、生野菜、タコミートやワカモレといった調理を加えた具材だ。トルティーヤは、本場ではトウモロコシの粉を使って作られるが、薄力粉でも代用可能だ。生野菜は、レタスやトマト、玉ねぎなどがよく使われる。調理を加えた具材は、比較的調理が簡単なものも多いため、気負わずに準備できるものを選ぶとよい。日本の手巻き寿司のような感覚で、ホームパーティーにも取り入れてみるとよいだろう。
この記事もCheck!

6. 市販品を活用した簡単タコスの作り方

具材を包むトルティーヤは市販品を購入することも可能だ。大きなスーパーであれば、取り扱っている店舗も多い。具材の味付けも市販品のサルサを購入すれば、香辛料やスパイスを買い足す必要もないだろう。トルティーヤや調味料が揃ったタコス用キットも登場している。輸入食材店では、ワカモレディップやチリビーンズなども揃うため、市販品を組み合わせればタコスは自宅でも気軽に楽しめるだろう。
この記事もCheck!

7. タコスのアレンジレシピ

タコスの具材をたっぷりの野菜にすると、サラダ感覚でタコスを楽しめる。タコスの主な野菜はアボカド、レタス、トマトだ。これらを挟んだサラダタコスにはレモンをきかせると味にメリハリがつく。生野菜だけでは物足りない場合は、蒸した鶏肉や豆類、ツナなどを加えるのもよい。グリル調理をすれば、ズッキーニやナスもタコスの具材になる。オリーブオイルやチーズは味のアクセントになり、サラダタコスでも十分満足感が得られる一品となる。
この記事もCheck!

8. タコスの進化

いま、本場メキシコスタイルのタコスが話題を集めている。東京都内ではタコス専門店がオープンしていることからもその人気が伺える。背景には、タコスのアレンジ力の高さがあると考えられるだろう。店ごとにさまざまなアレンジができることは、タコスの進化を後押ししている理由のひとつだ。本場さながらの味わいはもちろん、ラム肉やフォアグラ、魚のフリットなどを具材としたタコスも登場している。トレンド店のSNSなどで多彩な組み合わせと、モダンなルックスをぜひチェックしてみてほしい。
この記事もCheck!

結論

タコスは、具材の種類を問わない料理だ。トルティーヤに包むことができるものであれば、和の食材でも美味しく味わえる。カロリーを抑えたければ、野菜を中心にするとよい。自宅でも作れるが、市販品も購入できるため気軽に楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >