このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ナチョスとは?基本的な作り方やアレンジアイデアなども詳しく解説!

ナチョスとは?基本的な作り方やアレンジアイデアなども詳しく解説!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年5月19日

テクス・メクス料理のひとつとして知られている「ナチョス」。トルティーヤチップスやチェダーチーズ、ひき肉などを使ったスナック料理であり、お酒のおつまみやパーティーメニューとしてもおすすめとなっている。ここでは、そんなナチョスの基本について解説する。ナチョスの基本的な作り方、おすすめアレンジ、他のメキシコ料理との違いなどについても紹介する。

  

1. ナチョスとは?

ナチョス
ナチョスとは、耐熱皿などに敷き詰めたトルティーヤチップスに、チェダーチーズとひき肉・ハラペーニョなどをトッピングしたテクス・メクス料理のこと。また、出来上がったナチョスはサルサ・サワークリーム・ワカモレなどにディップしながら食べることもある。メインとなるトルティーヤチップスは三角形にしたトルティーヤを揚げたスナックであり、パリッパリッとした食感を楽しめる。

ナチョスの名前の由来とは?

ナチョスの名前の由来は、この料理の考案者の愛称「ナチョ」といわれている。メキシコのとあるレストランでウエイター長をしていた男性が、客に対して手早く揚げたトルティーヤチップスにチェダーチーズをトッピングして提供。それが評判となったことから、正式にこの料理がメニューに加えられたという。その際、ウエイター長の愛称を取って「ナチョ(ナチョス)」という名前になった。

2. ナチョスの基本的な作り方

ナチョス
ナチョスは、一般的な家庭でも作ることが可能だ。必要な材料はトルティーヤチップス、チリコンカン(ひき肉や豆の煮込み料理)、ハラペーニョ、オリーブ、溶けるチーズなどとなっている。これらを用意したら、さっそく以下の手順で美味しいナチョスを作ってみよう。

ナチョスの作り方・手順

1.耐熱皿にトルティーヤチップスを敷き詰める
2.チリコンカンをかけて、チーズを散らしておく
3.オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く(3分程度)
4.オリーブやコリアンダーなどを散らしたら完成
この記事もCheck!

3. ナチョスのアレンジアイデア

ナチョス
ナチョスの魅力のひとつは、さまざまなアレンジが楽しめること。具材だけでなく、トルティーヤチップスをアレンジすることも可能だ。お好みの方法でナチョスのアレンジをアレンジしてみよう。

その1.トッピングをアレンジ

ナチョスのトッピングはさまざまあり、チリコンカンの代わりにアボカドやトマト、エビ、サワークリームなどを乗せるのも可能。また、ドライカレーやミートソースを使うのもおすすめだ。その他にも、チーズをたっぷりと使った濃厚ホワイトソースをトッピングする方法もある。

その2.チップスをアレンジ

ナチョスのメイン食材であるトルティーヤチップスを別の食材に変えることも可能だ。たとえば、こんがりと焼いた餃子の皮、ポテトチップス、パンの耳、レタスなどを敷き詰めることもできる。これらの食材を使うことで、手早く「ナチョス風の料理」を楽しめるようになる。

4. 他のメキシコ料理との違い

ナチョス
ナチョスはトルティーヤチップスを使った料理であるが、トルティーヤを使った料理はこれ以外にもいくつか種類がある。そのため、ナチョスとほかのメキシコ料理(テクス・メクス料理)を混同している人もいるだろう。そこで以下にトルティーヤを使う主なメキシコ料理についてまとめておく。

主なトルティーヤ料理のまとめ

・タコス:具材をトルティーヤ生地で挟んだ料理のこと
・ブリトー:具材をトルティーヤ生地で包んだ料理のこと
・ケサディーヤ:焼いたトルティーヤ生地でチーズをサンドした料理のこと
この記事もCheck!

結論

ナチョスは自宅でも手軽に作れるテクス・メクス料理である。トルティーヤチップスが売っていない場合でも、餃子の皮、ポテトチップス、レタスなどで代用することも可能だ。お酒のおつまみにもパーティーメニューにもおすすめなので、興味があったらぜひナチョスを作ってみよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月29日

  • 更新日:

    2022年5月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧