このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヒレ肉とは?最上肉の基本的な栄養価や美味しい食べ方などを解説!

ヒレ肉とは?最上肉の基本的な栄養価や美味しい食べ方などを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月26日

肉の部位の中でも最上級といわれることが多い「ヒレ肉」。そんなヒレ肉の特徴は脂肪が少なく、肉質がきめ細かいというもの。また、肉本来のうま味も楽しめるのが特徴となっている。今回はそんなヒレ肉の特徴や栄養価、美味しい食べ方などを紹介する。

  

1. ヒレ肉とは?

ヒレ肉
ヒレ(ヒレ肉)とは牛肉や豚肉の部位のひとつで、ロース肉の内側にあり、背骨に沿って左右に1本ずつある細長い肉のこと。脂肪が少なく肉質がきめ細かいという特徴があり、さまざまある部位の中でも「最上肉」と位置付けされている。ヒレ肉が一般的な名称であるが、「フィレ肉」や「テンダーロイン」などと呼ばれることもある。なお、鶏肉の場合はささみがヒレ肉に相当する。

2. ヒレ肉の基本的な栄養価

ヒレ肉
「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」(※1)には、牛と豚のヒレ肉の栄養価がそれぞれ収録されている。そこでそれぞれのヒレ肉の100gあたりの基本的な栄養価を以下にまとめておく。

牛肉(輸入牛/ヒレ/赤肉/生)の100gあたりの栄養価

・エネルギー:123kcal
・たんぱく質:20.5g
・脂質:4.8g
・炭水化物:0.3g
・食物繊維:0g

豚肉(大型種肉/ヒレ/赤肉/生)の100gあたりの栄養価

・エネルギー:118kcal
・たんぱく質:22.2g
・脂質:3.7g
・炭水化物:0.3g
・食物繊維:0g

3. ヒレ肉の美味しい食べ方

ヒレ肉
ヒレ肉は、ステーキ・ヒレカツ・ローストなどさまざまな方法で美味しく食べることが可能だ。ここでは、そんなヒレ肉を美味しく食べる方法について確認しよう。

1.ステーキ

ヒレ肉のうま味を存分に楽しみたいならステーキがおすすめだ。ビーフステーキでもポークステーキでもジューシーで美味しいステーキを楽しむことができるだろう。なお、ビーフステーキの場合はレア~ミディアムレアがおすすめだが、ポークステーキの場合は中心部までしっかりと火を通す必要がある。この理由は中心部まで火を通さないと、感染症や食中毒などのリスクがあるからだ。(※2)
この記事もCheck!

2.ヒレカツ

衣を付けたヒレ肉をカラッと揚げてヒレカツにするのもおすすめだ。ヒレカツは豚肉料理の定番であるが、牛ヒレ肉で作った「牛カツ」も非常に美味しい。ヒレカツを作るときにポイントは、丁寧に下ごしらえをすること。それから衣をつけて170℃程度の油でキツネ色になるまで揚げるようにしよう。

3.ロースト

ヒレ肉を使ってローストビーフ・ローストポークを作るのも良いだろう。一般的にローストする場合は、牛肉であればカタ肉やモモ肉などを使うことが多く、豚肉であればロース肉などを使うことが多い。しかし、ヒレ肉を使うことで肉のうま味がたっぷりのローストビーフ・ローストポークが完成する。丁寧に下ごしらえをして、美味しいローストビーフ・ローストポークを作ってみよう。

4. ヒレ肉に関するよくある質問

ヒレ肉
最後に、ヒレ肉に関するよくある質問・疑問に回答する。

Q1.ヒレには他にどんな呼び方があるのか?

牛サーロインが「肉の王様」と呼ばれるのに対し、牛ヒレ肉は「肉の女王」と呼ばれる。また、英語では「テンダーロイン(ポークテンダーロイン)」と呼ばれ、フランス語では「フィレ」と呼ばれている。日本ではヒレ肉がメインだが、西日本(特に大阪)では「ヘレ肉」と呼ぶこともあるようだ。

Q2.シャトーブリアンとはどんな肉なのか?

シャトーブリアンとは牛肉の部位の一種である。ヒレ肉の中央部分に位置する希少部位であり、牛1頭から600g程度しか取れない「幻の部位」となっている。赤身でありながら非常に柔らかい肉質が特徴であり、牛ステーキにするとその美味しさを最大限楽しむことができる。
この記事もCheck!

結論

ヒレ肉は「最上肉」に位置付けられている肉であり、ジューシーで柔らかい肉質を楽しむことができる。そんなヒレ肉はステーキ、ヒレカツ、ローストなどさまざまな方法で美味しく食べられる。お祝い事やイベントなどの際にはこのようなヒレ肉料理を用意してみるのも良いだろう。
(参考文献)
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年7月13日

  • 更新日:

    2022年7月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧