このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
重曹とは?食用と掃除用の違いや効果的な使い方、注意点も徹底解説!

重曹とは?食用と掃除用の違いや効果的な使い方、注意点も徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2020年12月 4日

重曹とはいったいどんなアイテムなのか、詳しくご存知だろうか?本稿では食用と掃除用の違い、注意点、使い方など「重曹とは」にまつわるさまざまな疑問についてお答えするとともに、料理や掃除への具体的な活用方法なども紹介する。

  

1. 重曹とは?

まずは重曹がどういったアイテムなのか、詳しくなっておこう。

粉末状の弱アルカリ性物質

重曹とはアルカリ性の物質で「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ソーダ」ともいう。100均やドラッグストア、スーパーやネット通販などで幅広く販売されている。人間の体内にも存在する物質であり、当然ながら人体にも無害だ。昔から蒸しパンなどを作るときのベーキングパウダー(ふくらし粉)として用いられてきたほか、掃除や料理の後片付け、美容や装飾品の手入れ、脱臭など幅広く使われてきた。

重曹の6大特徴

  • 発泡性や膨張作用がある
  • 弱アルカリ性で酸を中和する働きがある
  • 加熱するとアルカリ性が高まる
  • 油と混ざると、石鹸のような働きをする
  • 消臭作用や吸湿作用がある
  • 研磨作用がある
重曹が酸と混ざると中和作用が起こり、二酸化炭素の細かい泡が発生する。その泡を利用してお菓子を膨らませたり炭酸ドリンクを作ったりできる。加熱したときも二酸化炭素が発生し、その後アルカリ性が高まる。それにより酸性の汚れが落としやすくなる。酸性を中和する点や、油と混ざることで親水性と親油性をあわせ持つ石鹸のような働きをする点などはまさに、掃除に重宝する。後述するがとくに油汚れを落とすのにピッタリなアイテムだ。

また重曹は結晶が丸みを帯びており非常に細かい。そのため粉末の重曹を直接使うと研磨作用も得られる。そのうえ消臭作用や吸湿作用も備えている。冷蔵庫やクローゼット、靴箱などの消臭や除湿にも役立つというまさに万能アイテムなのだ。

2. 重曹の種類と食用・掃除用の違いとは?

重曹にはいくつか種類がある。それぞれの違いを解説しよう。

重曹の種類

  • 食用
  • 工業用(掃除用)
  • 医療用
重曹は大きくこれらに分類される。工業用とはいわゆる掃除用のことで、医療用とは胃薬や点滴、火傷の治療などに用いられる重曹を指す。

食用と掃除用の重曹の違いとは?

ドラッグストアなどでは、食用と掃除用2種類の重曹が売っていることがある。主成分は同じだが純度で分かれている。分類の基準は「純度」によるもので、食用は98〜99%、工業用は95〜98%というのが一般的だ。なお医療用は100%である。純度が低いということはその分不純物が多いことを意味する。食用を掃除に使う分には問題ないが、掃除用は食用を想定して作られていない。ペットや小さな子どもが舐めてしまうおそれもあるため、食用には食用の重曹を使うようにしよう。

3. 重曹を使う際の注意点とは?

重曹は人体に無害な物質ではあるが、使用に際していくつか注意点があるため覚えておこう。

疾患がある方は事前に確認する

重曹は炭酸水素ナトリウムと呼ばれていることからも分かるように、ナトリウムが含まれている。「ナトリウム=塩」というわけではないが、血圧を上昇される働きは少なからずある。そのため高血圧症や腎臓に疾患があるなどで治療中の方、および薬を服用している方が食用を用いる際は、事前に医師や薬剤師に相談しよう。

皮膚や粘膜への刺激がある

また重曹はアルカリ性物質である。pH8程度とそれほど強くはないものの、皮膚や粘膜への刺激はある。肌が弱い方などはとくに、重曹を使用する際はゴム手袋を着用するとよいだろう。

使えない場所・素材がある

木や畳などに使うとシミになることがあるほか、アルミや銅、真鍮といった製品への使用も黒ずみの原因になるので控えたほうがよいだろう。コーティングされたフローリングなどへの使用もおすすめしない。

4. 食用の重曹の使い方

それでは、実際に重曹をどのように使うのか具体例をいくつか紹介する。まずは食用からだ。

キャベツを柔らかくする

鍋に8分目程度まで水を入れて沸騰させたのち、重曹をひとつまみ入れる。そのあとにキャベツを入れて茹でると柔らかく仕上がる。

魚の臭みやヌメリを取る

魚に直接重曹を振りかけて軽く揉み込み、調理の前に流水でよくすすいでから水気を切る。これで臭みやヌメリが取れているはずだ。

肉を柔らかくする

肉に重曹をひとつまみまぶして揉み込み、30分ほど放置してから重曹を落とさずに調理すると柔らかく仕上がる。

微炭酸レモン水を作る

コップ1杯の水に重曹0.5g、さらにレモン1/4個分の果汁を混ぜると、微炭酸のレモン水ができあがる。酸味がまろやかになり体内もキレイになるなど、うれしい効果が得られそうだ。

5. 掃除用の重曹の使い方

お次は掃除用の重曹の使い方だ。大きく粉末、水溶液、ペーストといった使い方をする。

粉末のまま

汚れに直接重曹をまぶし、しばらく置いて汚れを浮かせてから水に濡らしたスポンジなどでこすり洗いをする。その後、水拭き・乾拭きで仕上げるといった使い方だ。

水溶液にする

空のスプレーボトルを用意し、水100mlにつき小さじ1杯の重曹を溶かす。気になる汚れにスプレーし、スポンジや雑巾などでこすり洗いをするといった使い方をする。なお水溶液にする際の分量だが、商品パッケージに記載されていればそちらを優先しよう。

ペースト状にする

小皿などを用意し重曹と水を2:1の割合で混ぜる。水っぽいときは3:1でもよい。油汚れなどに塗り込み、しばらく置いてからスポンジでこすり洗いをするといった使い方だ。掃除用の重曹は、この3パターンを覚えておけばかなり用途が広がる。

重曹が得意な汚れ・苦手とする汚れ

汚れをうまく落とすための基本は「中和」だ。重曹はアルカリ性のため、酸性の汚れを落とすのに適している。酸性とは油汚れや皮脂汚れなどである。ただしアルカリ性の度合いはそれほど高くないため、同じ油汚れでもガンコにこびりついているものに対しての効果は期待できない。浸け置きなどで軽く「浮かせる」ことはできるかもしれないが、ガンコな油汚れにはよりアルカリ性の強い洗剤が向いている。また水垢や尿石、石鹸カスなどアルカリ性の汚れには不向きだ。

アルカリ性の汚れにはクエン酸が効果的

水垢といったアルカリ性の汚れを落としたいときは、酸性の物質であるクエン酸がおすすめだ。重曹と同じように人体には基本的に無害であり、無臭である。電気ケトルに適量入れて水をいっぱいにし、お湯を沸かしてから1時間ほど放置すると水垢がキレイになる。もちろんそのあとはよくすすぐことも忘れないようにしよう。

排水口のヌメリ取りには重曹+クエン酸の合わせワザ

最初にお伝えしたように、重曹は酸と混ざることで発泡する。この特性を生かせば、排水口のヌメリなどを取ることも可能だ。先に粉末の重曹をまんべんなくふりかけ、クエン酸を水に溶かした水溶液をスプレーする。汚れが浮いてくるのでスポンジなどでこすり洗いをし、流水でよくすすげばOKだ。

6. 重曹で茶渋を落とす方法

お気に入りのマグカップや湯呑も、長い間使っているとコーヒーや紅茶などの茶渋がシミとなって残るようになる。軽い汚れならば、洗剤を使ってスポンジでこすればだいたい落ちるが、長期間経過した汚れはなかなか落ちない。そんなときは重曹を使おう。

重曹で茶渋や水垢を落とす方法

重曹の粉を茶渋汚れが気になる部分に振りかけ、数分待ってからスポンジなどでこすり洗いをする。これだけでもだいぶすっきりと汚れを落とせるはずだ。ガンコな汚れがある場合は、重曹を水に溶かしたものに浸しておくとよい。急須や水筒の茶渋汚れを取りたいときにおすすめの方法だ。

7. 重曹で油汚れを簡単に落とす方法

コンロ周りやキッチンの換気扇など、洗剤とスポンジでは簡単に落ちそうもない油汚れには、親水性と親油性の性質をあわせ持った重曹が役立つ。

重曹で油汚れを落とす方法

重曹と水を2:1の割合で混ぜてペーストを作り、油汚れが気になる場所に塗る。数分間そのまま放置してからスポンジなどでこすると、油汚れを簡単に落とすことができる。ただし研磨作用があるため、表面が傷つきやすいものはこすりすぎないように注意しよう。

8. 重曹で消臭・除湿する方法

お伝えしたように、重曹には消臭や除湿といった効果も期待できる。広範囲にはおよばないかもしれないが、ちょっとした場所の消臭や除湿であれば十分だ。しかも使い終わったら掃除や洗濯などへ二次利用できる。

重曹で消臭する方法

生ゴミの入ったゴミ箱、キッチンの三角コーナーなどに粉末の重曹を直接ふりかけておこう。生ゴミなどは酸性のため、アルカリ性である重曹が中和して無臭の中性へと変化させてくれる。

重曹で除湿する方法

小皿に重曹を山盛りにして、あるいは瓶に入れてガーゼで覆うなどして、においが気になるところへ置いておこう。冷蔵庫・シンク下・靴箱・クローゼット・トイレなどそこまで広くない空間であれば消臭・除湿両方の効果が期待できる。

9. 重曹を洗濯に使う方法

重曹は掃除だけでなく、実は洗濯にも使える優れものだ。せっかくなので最後に使い方を紹介しよう。

重曹を洗濯に使う方法

いつもお使いの洗濯洗剤を適量セットしたら、洗濯槽に重曹1カップ(粉末洗剤の投入口があればそこでもOK)を加えて、通常通りスタートさせるだけでよい。泡立ちがよくなるほか、消臭や殺菌といった効果も期待できる。

洗濯槽の洗浄にも使える

ごみ取りネットを外し、40〜50℃程度のお湯を満水レベルまで注いだら、2カップの重曹と1カップのクエン酸を混ぜ入れる。標準コースで5分ほど回し、一時停止してひと晩放置する。翌朝汚れが浮いているのでゴミ取り網などで掬い、ふたを閉めて洗い→すすぎ→脱水まで終わらせる。あとはふたを開けたままにして洗濯槽を乾燥させれば完了だ。

結論

重曹とは人体にも環境にも優しい天然由来の物質だ。食用と掃除用(医療用)があり、本稿で紹介した以外にもいろいろな使い方ができるまさに万能アイテムだ。ぜひ重曹の特徴や使い方をマスターして、日々の生活に役立てていただきたい。
  • 公開日:

    2018年12月30日

  • 更新日:

    2020年12月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング