このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

重曹とは?掃除は食用がいい?アルカリ性で酸性汚れお掃除に効果的

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

pH8.2程度の弱アルカリ性の性質を持ち、手ごろな価格で手に入る「重曹」は、掃除や料理の後片付けなどいろいろな用途に使える。マグカップなどに残ったコーヒーや紅茶のシミだけでなく、フライパンにこびりついた頑固な油汚れも、重曹を使えば簡単に落とすことができる。ひとつあれば色んな部分の掃除にも使えて重宝すること間違いなし。今回は、オールマイティに使える便利グッズ・重曹について紹介したい。

1. 重曹って何?

重曹とは、「炭酸水素ナトリウム」のことだ。最近は、スーパーやドラッグストアなどで購入することができる。昔から蒸しパンなどを作る時の「ふくらし粉」や、掃除や料理の後片付け、美容や装飾品の手入れ、脱臭などにも幅広く使われてきた。重曹を多目的に使うことができるのは、この炭酸水素ナトリウムにいろんな特徴があるからだ。

主な特徴は、大きく3つある。

・加熱すると二酸化炭素を出す...お菓子づくりの際に「ふくらし粉」として使うのは、この働きを利用したものだ。
・弱アルカリ性である...肌への刺激が少なく、安心して使うことができる。酸性のものを中和することができ、掃除などに重宝する。
・油と混ざると、親水性と新油性を持つ石鹸のような働きをする...水垢や油汚れを落とすことができるのは、この働きによるものだ。

重曹の粒子は細かいので、対象物を傷付けることなく汚れを除去できるのも大きなメリットだ。

食用と掃除用

ドラックストアでは、食用と掃除用と2種類の重曹が売っていることがあるが、主成分は同じで、含まれている不純分の含有量によって食用と掃除用にわかれている。ペットや小さな子供が舐めてしまう恐れがあるのであれば、食用の重曹を買った方が安全かもしれない。

2. 水垢もすっきり取れる

お気に入りのマグカップや湯呑も、長い間使っているとコーヒーや紅茶などの茶渋や水垢がシミとなって残るようになる。軽い汚れならば、洗剤を使ってスポンジでこすればだいたい落ちるが、長期間経過した汚れはなかなか落ちない。

でも、重曹があれば大丈夫。まず重曹の粉を、気になる部分にふりかける。そして数分待ってから、スポンジなどでこすり洗いすれば、すっきりと汚れを落とすことができる。もし頑固な汚れがある場合には、重曹を水に溶かしたものに浸しておくといい。急須や水筒のボトルの汚れを取りたい時にもおすすめだ。

3. 油汚れも簡単に落ちる

フライパンが古くなったり、油が少ない状態で長い時間炒め物などの加熱料理をしたりすると、頑固な油汚れがこびりつくようになる。洗剤とスポンジでは落ちそうにない油汚れには、親水性と親油性の性質を併せ持った重曹が役立つ。

やり方は、まず重曹と水を2:1の割合で混ぜて練っておく。このペーストを、油汚れが気になる場所に塗って、数分間そのまま放置する。その後、スポンジなどでこすると、油汚れも簡単に落とすことができる。丹念に磨けば古いフライパンもピカピカになる。また、このペーストを使って油汚れの溜まりやすい換気扇や、ガス台周りの掃除をするのもおすすめだ。

4. 重曹の代用品

「重曹を切らしてしまったけれど、掃除をしなくてはいけない」という時に、知っていると便利なのが重曹の代用品のこと。ガスレンジ周りの簡単な掃除であれば、お酢やレモン汁なども使うことができる。重曹と同じように、掃除した場所に振りかけた後でこすり、最後にふき取るだけ。小さい子どもやペットがいる家庭などでも安心して使うことができる。

また、水垢を落とすのであればクエン酸を使うのもおすすめだ。クエン酸を水に溶かして、汚れを落としたものに浸すだけ。10分ほど待ってから、重曹の時と同じようにこすると汚れが落ちる。

結論

気になっていてもついつい見過ごしてしまいがちな、マグカップや湯呑などのシミ。「新しいものに買い替えるしか方法がない」と思っていた方には、朗報だったことと思う。また男性が作る料理には、揚げ物や炒め物など油を使った料理が多いため、調理後にはフライパンや鍋に油汚れが残ってしまいがちだ。でもフライパンなどにこびりついた油汚れにも、重曹を使えば簡単に落とすことができることが分かった。これはもう、重曹を使うしかない!重曹をフル活用して、ピカピカの食器や調理道具で料理をもっと楽しもう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ