このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

枕の正しいお手入れ方法とは?ダニや、皮脂が原因のカビを防ごう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月20日

枕は毎日使っていると、臭いや汚れが気になってくるもので、きちんとお手入れをしなければ、汗や皮脂によって雑菌が繁殖することもある。毎日使うものだからこそ、定期的なお手入れは欠かさずにしておくべきだ。そこで、枕の正しいお手入れ方法について解説していく。

1. 枕をダニから守る方法とは?

枕をダニから守るには、ダニが住み着きにくい枕を選ぶ必要がある。ダニが住み着きにくい枕には、さまざまな種類があるので紹介していく。

ポリエチレンフレイク枕

ポリエチレン樹脂をうすい切片状に加工したものを中身に使用した枕は、ダニが住み着きにくいだけではなく、高温での洗濯が可能なためダニが住み着いても撃退することができる。
洗濯することでダニアレルゲンも洗い流すことができるので、ダニ対策には最適な枕だ。

パイプ素材、高反発ファイバーの枕

ポリエチレンパイプ素材や高反発ファイバー素材の枕は、ダニが住み着きにくく繁殖しにくいという特徴がある。素材によっては高温での洗濯が可能なため、バケツや浴槽などで洗うだけでもダニの除去が期待できる。ホコリも発生しにくいため、衛生面に非常に優れた枕だ。

ウレタン枕

ウレタン枕のダニの住み着きにくさは、ポリエチレンフレイク、パイプ、高反発などの枕に比べると多少劣るかもしれないが、ワタよりはダニの住み着きにくさは上回る。対ダニ効果はちょうど中間に位置するものと頭に入れておこう。

では、枕のカビ対策について解説していく。

2. 枕についた汗や皮脂はカビの原因になる

枕がカビ臭い、黒い点々がある、などの場合、カビが発生していることが考えられる。枕のカビの原因はいろいろあるが、中でも寝ている間の汗や皮脂はカビやダニの繁殖に繋がる可能性が高い。汗や皮脂など、液状のものは枕に染み込み、放置するとカビが発生する。枕カバーはこまめに洗うので表面が汚れて見えなくても、枕の内部に湿気がこもるとカビになってしまう。

そして汗や皮脂よりカビの原因となるのが、髪を洗ったまましっかり乾かさないで寝ることだ。髪が湿ったまま朝まで眠ると、枕の内部に湿気が溜まる。汗や皮脂より急激に湿気が溜まるので、放っておくと衛生面に影響を及ぼすこともある。枕の内部は湿っぽくなるとなかなか乾かないので、注意が必要だ。

ほかにも、お風呂に入らずに寝ると汗や皮脂が枕につくし、女性の場合はメイクの汚れも枕についてしまう。汗や皮脂、メイクの汚れは黄ばみに繋がり、さらにはダニの餌になる。たとえ毎日お風呂に入ってから寝ていても、寝ている間の汗や皮脂は防ぎようがない。そこで、汗の臭いや汚れ、カビが気になる前に、定期的にやっておくべきお手入れ方法について紹介しよう。

3. 枕は汗の臭いや汚れが気になる前に正しいお手入れを!

枕は素材によって洗えるものと洗えないものがあるので、それぞれのお手入れ方法をみていこう。

洗えない枕のお手入れ方法

洗えない枕には次のようなものがある。
  • そばがら
  • 低反発ウレタンフォーム
  • 細かいビーズ
これらの素材の枕は、自宅で洗濯をすることが難しいため、どうしても洗いたい場合にはクリーニングに出すことをおすすめする。自宅でのお手入れ方法としては、日光にあてて干す方法と、布団クリーナーを使う方法がある。

天気がいい日にはこまめに外に干すと、枕の中にこもった汗や皮脂による湿気を乾燥させることができる。時間をおいてひっくり返し、表と裏の両方に日光に当てるのがポイントだ。天気が悪い梅雨時期などは、布団クリーナーをおすすめする。

使用前に少しでも日光にあてたり、クリーナーの機能で温めたりしてから使うと効果がアップする。洗濯ができない枕の場合も、汗や皮脂が直接触れる枕カバーはこまめに洗濯しよう。

洗える枕のお手入れ方法

洗える枕は次のものだ。
  • パイプストロー
  • ポリエステル
  • コルマビーズ
  • ダウン
これらの素材の枕を洗う際には、洗面台や浴槽で手洗いするのがおすすめだ。洗濯する際に用意するものをみていこう。
  • 枕がぴったり入るサイズの洗濯ネット
  • 液体洗剤
  • ゴム手袋
まず初めに枕を洗濯ネットに入れる。そして洗面台または浴槽に40度のお湯を入れ、洗剤を溶かす。ゴム手袋をして20分ほど押し洗いし洗濯機で軽く脱水したら、もう一度押し洗いをする。最後に水が綺麗になるまで最低2回はしっかりとすすいだら完了だ。月に一度は同様のお手入れをすると、汗や皮脂によるカビやダニの繁殖を防ぐことができる。

結論

枕のお手入れ方法は素材によって異なるが、カビやダニが気になるという人には洗える素材の枕がおすすめだ。枕カバーを洗う頻度は最低でも1週間に1回を目安にすると、清潔な状態を保つことができる。臭いや黄ばみが気になってくる前に、枕本体と枕カバーそれぞれを定期的にお手入れするよう心がけよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ