このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ペットボトルの収納どうしてる?簡単で適切な収納方法と活用方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

近年はペットボトルで水を購入している家庭も多い。水は生きていくうえで非常に大切なものなので、一度に大量のペットボトルを収納する必要も出てくるだろう。ここでは、ペットボトルを大量に購入した際の簡単で適切な収納方法とペットボトルのおすすめ活用方法について解説する。

1. 段ボールケース入りペットボトルの収納方法とリサイクル

スーパーなどにある2Lサイズのペットボトルの水は価格が手ごろなため、ウォーターサーバーではなくペットボトルの水を購入している家庭も多い。ペットボトルの水を、お米を炊いたり、味噌汁を作ったりと全ての料理に利用している家庭では、ペットボトルの水を大量に使うため、段ボールケースごと購入している場合もあるだろう。

ペットボトルを段ボールケースでまとめ買いした際の簡単で適切な収納方法とはどのような方法だろうか。ここでは、段ボールケースに入れたままの場合と別のケースに移し替えた場合のメリットとデメリットについて解説する。

段ボールケースに入れたまま収納しておく場合のメリットとデメリット

メリット

  • 収納棚や収納ラックに段ボールケースから移し替える手間が不要。
  • 段ボールケースに入れておくことで、日光が遮られて保存状態がよくなる。
  • 段ボールケースは底が柔らかく、底全面が床につくので、床に傷がつきにくい。
  • 重ねて置くことができる。
  • 使用済みのペットボトルは、ラベルをはがして潰し、段ボールケースの中に入れておくことで、ペットボトル用のごみ箱を設置する必要がなくなる。

デメリット

  • 見た目が気になる場合は、段ボールケースを覆うカバーを作る必要がある。
  • 置き場所としての程よいスペースが必要。

段ボールケースから移し替えて収納する場合のメリットとデメリット

メリット

  • 専用のケースを用意すれば、見た目をおしゃれに工夫することが可能。
  • キッチンの隙間に収納すれば、デッドスペースの有効活用になる。

デメリット

  • 遮光されていない収納ラックに移した場合、直射日光が当たると中身が変質してしまう可能性がある。
  • キャスター付きの収納用ケースは、ペットボトルのような重いものを大量に収納すると床が傷つきやすい。
  • 移し替える手間がかかる。

2. ペットボトルを冷蔵庫で収納するコツ

冷たい飲料をいつでも飲めるように、冷蔵庫にペットボトルを何本も入れている家庭も多いだろう。開封後のペットボトルについては、品質保持のために冷蔵庫保存は必須だ。冷蔵庫にペットボトルを保存する場合、ペットボトルはキャップがしっかり締まるので、横にして収納することができる。

数本のペットボトルを重ねて収納するには、L字型のブックスタンドを活用すると冷蔵庫内のスペースを無駄なく活用できる。夏場など何本ものペットボトルを収納したい場合は、冷蔵庫内の棚の高さを変えて、ペットボトルを立てて収納できる高さに調整してもよいだろう。

3. 500mlペットボトルの活用術

500mlのペットボトルの水は2Lサイズのペットボトルより割高である。そこで、500mlのペットボトルを購入した際は、できれば捨てずにストックしておくと経済的に活用できる。ここでは500mlペットボトルの活用術について解説する。

保冷剤として活用する

500mlのペットボトルを購入した際は、飲み終わった後も捨てずに水を入れて冷凍しておくと保冷剤として活用できる。また、冷凍庫はたくさんの物が入っていた方が、冷凍能力が低下せず経済的でもある。

そこで、冷凍庫に空きスペースがある場合は、500mlのペットボトルに水を入れて冷凍しておくとよいだろう。但し、冷凍すると水は膨張するので、水の量はペットボトルの8割程度にしておこう。

夏の熱中症対策に活用する

夏場、外出時の飲料用に利用したい場合は、前日に飲料を入れて、冷凍しておくとよいだろう。凍ったペットボトルであれば、溶けきるまで冷たい水を飲むことができる。そこで、500mlのペットボトルを経済的に活用し熱中症対策に使用するとよいだろう。

結論

大量にあるペットボトルの収納方法別のメリットとデメリットやペットボトルの活用方法について解説したがいかがだっただろうか。今回紹介した方法を参考にして、それぞれの家庭の実情に合った、よりよいペットボトルの収納方法について見直してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ