このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自宅のコンセント隠してる?おしゃれさと安全な家づくりを両立する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月19日

おしゃれな家具をおいたり、室内のものを極力減らしてスッキリさせたりしても、どこか生活感を感じてしまうことはないだろうか。実はその原因は、コンセントにあるのかもしれない。今回は、ワンランク上のおしゃれ空間を目指すために、コンセントを隠す方法について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 壁のコンセントを隠すと室内がおしゃれに変身する

インテリアにこだわる注文住宅を建てる場合、コンセントを床に設置し、使わないときは見えないよう収納させることがある。もちろん、リビングが広い場合など、壁より床にコンセント差込口がついていた方が使いやすいという利便性を考え導入することもあるが、インテリアにこだわって床下に収納できるコンセントにする家もある。

ある住宅設計会社のアンケートによると、コンセントの配置について不満があると回答した割合は半数近くあった。しかし、注文住宅でない限りコンセントの位置は、当初から壁についているものが多いため、実際には不満があっても設置場所を移動させることは難しい。

コンセントは生活に必要なものではあるが、1か所から何本もの配線が出ていたり、タコ足配線になっていたりすると、どんなに室内をおしゃれにしようとしてもどこか生活感が出てしまう。

そこで、生活感のないワンランク上のおしゃれな室内を目指すためにも、壁のコンセントを隠すことを検討してみてはいかがだろうか。

2. コンセントを隠すアイデアいろいろ

コンセントを隠すにはどのような方法があるのだろうか。下記にてコンセントを隠す方法や、目立たなくするアイデアをいくつか紹介するので参考にしてほしい。

家具を設置することでコンセントを隠すアイデア

・背面のついていない家具、もしくは背面にコンセント用の穴が開いている家具を設置する。
・ルーター収納や、配線隠し用ケーブルボックスを設置する。
・電源タップ付き家具を設置する。

コンセントに対するアイデア

・市販のコンセントカバーを付けてコンセントを隠す。
・コンセントに直接差し込むライト、もしくはアロマランプを付ける。
・100円ショップには、インテリアボックスや木製の飾り棚などが豊富にある。それらを利用し、コンセントが隠れるボックスをDIYする。

配線に対するアイデア

コンセントを隠しただけではスッキリしない場合も多いため、ごちゃごちゃする配線には配線隠しモールを付けるとよいだろう。配線をスッキリさせるために、折りたたんで結束するケースが見られるが、配線を折ると断線の危険があるので避けるべきである。

3. コンセントカバーでコンセントを隠すもう一つのメリット

コンセントカバーなどでコンセントを隠すことは、室内をおしゃれにする以外にも役立つメリットがある。

トラッキングと呼ばれる短絡現象をご存じだろうか。電源プラグにほこりや水分が溜まり、コンセント差込口付近で発火する現象のことである。実際にトラッキング現象により、コンセント付近から発火することもある。つまり、コンセントカバー等でコンセントにほこりが付着しないようにすることで、事故の危険を減らせるのだ。

その一方で、気を付けなければいけないのが、コンセント前に大型のソファーや大型の家具を置くことである。なぜなら、家具があることでコンセント周りの掃除がしにくくなるため、ホコリが溜まっていても気づきにくくなり危険だからだ。

また、コンセント前に大型の観葉植物を置くことも注意した方がよいだろう。移動しにくい観葉植物の陰に隠れたコンセントに、水やりの水がかかることでトラッキング現象を引き起こす可能性がある。実際に、水槽横にあるテーブルタップに水しぶきがかかったことによる発火の例もあるようだ。

コンセントカバー等を付けるメリットとしてほかにも、子供のいたずら防止がある。小さい子供が濡れた手でコンセントを触ったり、金属製の金具をコンセントに差し込んだりすることによる感電の可能性をカバーによって防ぐことができるのだ。事故を防ぎ家族を守るためにも、コンセント周りの安全対策は施しておくべきといえるだろう。

結論

ワンランク上のおしゃれ空間を目指すため、コンセントを隠す方法について解説したがいかがだっただろうか。断捨離などで室内をスッキリさせ、ポイントになる1点物のおしゃれな家具を配置してもどこか生活感が出てしまう場合は、コンセントを隠す工夫をしてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ