このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

壁の掃除にも「重曹」が使える?掃除のコツと汚れの原因を徹底解説!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月31日

壁の汚れが気になるという人にとって、正しい掃除方法は是非知っておきたいところだ。白い壁に汚れによる色の変化があると、非常に目立つものだ。それを防ぐためにも、定期的に掃除をする必要がある。そこで、正しい壁の掃除方法について紹介する。

1. 壁にカビが生えることを防ぐ方法

壁にカビが発生すると、壁の黒ずみだけではなく、アレルギーなど、健康への影響が出る場合もある。それを防ぐためにも、壁にカビが発生しないよう対策をとる必要がある。

カビの主な原因として考えられるのは、湿気によるものだが、カビを防ぐためにはこまめに換気をすることがもっとも効果的な方法だろう。カビの繁殖を防ぐためには、部屋の湿度を常に60%以下に保つことが理想的だ。しかし、梅雨場などの雨が多い季節には湿度を下げるのは難しいので、その場合には、除湿機と空気清浄機を上手に利用することをおすすめする。

除湿機で湿度を60%以下に保ち、さらに空気清浄機でカビのエサとなる雑菌を防ぐことで、カビの繁殖を防ぐよう心がけよう。不衛生な環境はカビの繁殖の原因になるので、掃除機をかけるなど、日頃から部屋の掃除は怠らないことが大事だ。

2. 壁の掃除には重曹が効果的

壁を掃除する際におすすめなのが、重曹を使用する方法だ。そこで、重曹を使用した壁の掃除の手順について解説していく。

重曹を使って壁の掃除をする手順

  • 40度程度のお湯に重曹を入れる
  • スプレーボトルに入れる
  • 壁の汚れに吹きかける
  • 水に濡らしてしっかり絞ったタオルで拭き上げる
この方法で壁の掃除ができるが、掃除をする前に知っておくべき注意点がある。

重曹で壁を掃除する際の注意点

重曹で壁を掃除する際には、65度以上のお湯で重曹を溶かすと、分解されて弱アルカリ性から強アルカリ性になる。徹底的に汚れを落とすには効果的だが、素手で触ると火傷や肌荒れの危険があるので、注意が必要だ。

重曹を溶かす温度は40度程度にすると、洗剤に比べ手荒れしないというメリットがある。低刺激で、料理にも使われる重曹は小さい子どもやペットがいる家庭でも安心して使用できるので、壁の掃除の際に使用してみてはいかがだろうか。

3. 壁を簡単に掃除する方法

壁の掃除をする方法は様々あるが、その中でも特におすすめな掃除方法を紹介する。

クイックルワイパーを使用する方法

壁の掃除はこまめにすることで、落ちにくい汚れになることを防ぐことができるが、こまめに掃除するなら、クイックルワイパーでさっと拭き上げるだけでも充分綺麗な状態を保つことができる。クイックルワイパーは高いところを掃除する際にも便利なので、壁全体の掃除には非常におすすめだ。

中性洗剤を使用する方法

壁の汚れを落とす際には、中性洗剤を使うと効果的だ。濡れ雑巾に中性洗剤を数滴つけて、汚れの部分を拭き、仕上げに水拭き、乾拭きをして完了だ。先にほこりなどの汚れをクイックルワイパーで取ってから拭くと、よりきれいになる。力を入れて拭くと壁紙が剥がれてしまうことがあるので注意が必要だ。

結論

壁の掃除をする方法でポイントとなるのは壁紙を傷つけたり、剥がれたりしないよう注意することだ。力強くこすることや、水気の多い雑巾で掃除することなどは、壁紙が傷んでしまうので避けることをおすすめする。壁のお掃除の正しい方法を知ることで、きれいな状態を維持するよう心がけよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ