このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アイロンがけの当て布って何?使う理由や正しい使い方も紹介

アイロンがけの当て布って何?使う理由や正しい使い方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月10日

衣服にアイロンをかける時に洗濯表示をチェックすると、「当て布使用」と書かれているものがある。しかし、当て布とはどんなものかがわからなくて困った経験がある人も多いのではないだろうか?ここでは、当て布とはどんなものでなぜ必要なのかについてと、使い方や購入場所を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイロンがけに当て布はなぜ必要なのか?

当て布はなぜ必要なのだろうか?当て布とは、アイロンをかける際にアイロンが直接触らないように服の上に置く布のことだ。当て布がなぜ必要なのかを一口で説明すると、アイロンの熱による生地へのダメージを防ぐためだ。

アイロンは熱と蒸気で服のしわを伸ばすが、熱が高すぎると生地が傷んだり、繊維が溶けてしまったりする場合がある。また、アイロンの圧力で繊維がつぶれてしまい、テカってしまう場合もあるのだ。しかし、当て布を使用すると、熱や蒸気をほどよく防いで生地の傷みやテカリを防いでくれるのである。

なお、すべての服に当て布が必要なわけではない。当て布は、ウール、シルク、カシミア、レーヨン、ポリエステル、アクリルなどのデリケートな服にアイロンをかけるときに使用する。また、Tシャツなどのプリント部分や、黒や紺などの色の濃い服にかけるときにも使用する。服についている洗濯表示に当て布が必要かどうかが書かれているので、アイロンをかける前には必ず確認しよう。

当て布がなぜ必要なのかをきちんと理解すると、「面倒だから」「うっかり」といった理由で当て布をせずにアイロンをかけることもなくなるだろう。

2. アイロンをかける際の当て布の使い方

この項目では、服にアイロンをかける際の当て布の使い方を説明する。使い方が間違っているとせっかく当て布を使用しても生地が傷む場合があるので、しっかりとマスターすることをおすすめする。使い方のコツは、低温からはじめてテカリがないかどうかを確認しながら少しずつ温度を上げることと、キレイにしわを伸ばすために霧吹きやスチームを使用することだ。

当て布の使い方

  • アイロンをかける服をアイロン台にのせ、かけたい部分に霧吹きをする。スチームアイロンを使用してもいいだろう。折り目がある服の場合は折り目をしっかりとつける。
  • 服の形を整えてから当て布をのせる。
  • アイロンをかける時は、力をいれすぎないように軽く押し付けて少しずつ滑らせる。
当て布は、綿100%の薄い布ならなんでもよい。アイロンがかけやすい大判のハンカチやスチームが通りやすい手ぬぐいなどがおすすめだ。また、市販の当て布を購入してもよい。市販の当て布はメッシュ素材で下が見えやすく蒸気の通りがよいので、しわをよく伸ばしたり、折り目がつけやすかったりする。ハンカチや手ぬぐいを使用した際の仕上がりが今ひとつ、と感じた場合は試してみるとよいだろう。

3. アイロンをかける際に必要な当て布はどこに売っている?

当て布の必要性はわかったが、どこに売っているのかがわからない人も多いだろう。この項目では当て布はどこに売っているのかを紹介する。

当て布は2.で説明したように、家にあるハンカチや手ぬぐいを使用してもよいが、専用の当て布を使用すると蒸気が通りやすく仕上がりがよくなる。専用の当て布は、100均ショップやニトリ、ネット通販などで購入できる。

値段は100円から900円前後。通販で購入する場合は別途送料がかかる場合があるので注意しよう。当て布がどこに売っているかがわかったら、自分に合った方法で購入しよう。

結論

デリケートな服にアイロンをかける場合は当て布が必要だ。当て布は、アイロンの熱が直接服に当たって生地にダメージを与えるのを防ぐために服の上に置く布のことである。アイロンの熱が服に当たりすぎると、生地を傷めたりテカったりする可能性がある。当て布は、家にあるハンカチや手ぬぐいを使用してもよいが、専用の当て布を購入してもいいだろう。当て布の正しい使い方をマスターして、服を傷めずキレイにアイロンをかけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >