このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
重曹スプレーでエコクリーニングを!作り方や使い方、そして注意点も

重曹スプレーでエコクリーニングを!作り方や使い方、そして注意点も

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年5月22日

重曹は、お菓子やパン作りにも欠かせない。もともとは自然のもので口の中に入れても害がないこと、環境にやさしいことからエコクリーニングの洗剤として注目されている。エコクリーニングに取り入れやすい重曹スプレーの簡単な作り方と使い方、そして注意点なども紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 重曹スプレーで落とせる汚れ

重曹スプレーは、人にも環境にもやさしい洗剤として活用できる。しかし、万能というわけではない。重曹には得意分野の汚れがあり、それを知っておく必要がある。

そもそも重曹とは

重曹は料理にも使われ、別名「炭酸水素ナトリウム」ともいわれる。食塩水に二酸化炭素を溶かし込んで精製したものだ。人間の体の中にもある物質なので、口の中に入っても無害という特徴がある。

重曹スプレーには、油脂を乳化したりタンパク質を分解したりする作用があるため、エコクリーニングの洗剤として掃除に使うことができる。

重曹スプレーは油汚れに強い

皮脂や食品などの油汚れは「弱酸性」の汚れだ。重曹は「弱アルカリ性」なので、重曹スプレーをかけることでお互いにその性質を打ち消し合い、汚れを緩ませることができる。

さらに、重曹は粒子が細かいという特性がある。クレンザーよりも粒子が細かいので、表面に傷をつけずに汚れを落とすことができる。

2. 重曹スプレーの簡単な作り方

重曹スプレーを作ることは、とても簡単だ。しかも100均を利用すれば、安価でエコクリーニングを実践できる。

重曹スプレーの簡単な作り方

重曹スプレーを作るために必要なものは3つ。「重曹」「水」「スプレー」だけだ。水200mlに対して重曹小さじ2杯を溶かすことで重曹スプレーを作ることができる。

重曹は水に溶けにくいため、よくかき混ぜることが大切だ。また、40℃くらいのお湯を使うことで早く溶かすことができる。

3. 重曹スプレーの便利な使い方

重曹スプレーは、スプレー状になっているからこそ使いやすい場所がある。水で薄められている分、洗浄力に関しては若干弱いかもしれないが、使い方を間違えなければ十分汚れを落とすことができる。

フローリングの拭き掃除

フローリングは、台所の油汚れや足の裏の皮脂などが付きやすい場所だ。重曹スプレーを使えば、フローリングのベタ付き汚れを取ることができる。

フローリング全体に重曹スプレーを吹き付け、油汚れを緩める。その後、ぞうきんで水拭きをして、最後の仕上げに乾拭きをすれば完了だ。

嫌な臭いの消臭

重曹スプレーを使うことで、キッチンに置かれたゴミ箱や三角コーナーからの生ゴミ臭を抑えることができる。重曹には雑菌の繁殖を抑制する作用があるため、消臭効果が期待できるだろう。

また、カーテンの消臭にも重曹スプレーが効果的だ。カーテンは、とくにタバコの臭いなどが付きやすいが、簡単に洗うことができない。重曹スプレーは臭い成分を吸着することで消臭効果を発揮する。

トイレ

トイレ掃除というと、重曹の性質とは逆の「酸性」洗剤を使うこと考えるだろう。確かに水垢などにはクエン酸などの酸性洗剤が有効だ。しかしトイレの「臭い」対策には、重曹スプレーが効果的だ。

トイレの臭いは、床や便器だけでなくトイレの壁紙などにも付着している。重曹は消臭効果があるので、重曹スプレーを壁に吹きかけることで嫌な臭いを取り除くことができる。

さらに、アロマオイルを重曹スプレーに数滴入れることで、より臭いが気にならなくなるだろう。

4. 重曹スプレーの掃除の注意点

エコクリーニングの洗剤として優秀な重曹だが、注意する点もある。重曹スプレーによる掃除の失敗がないようにこれだけは覚えておこう。

重曹スプレーが使えない場所を知っておく

重曹スプレーは天然の成分ではあるが、使ってはいけない場所もある。それは以下の場所だ。

・木材
・畳
・アルミ
・銅
・漆器類
・大理石
・宝石

このような素材は、変色、シミ、傷、塗装の剥がれなどといったトラブルが予想されるので、重曹スプレーを使わないように注意しよう。

使用期限があることを認識する

重曹スプレーを作ったら、1週間~10日くらいで使い切ることが大切だ。時間が経つと重曹の成分が変化してしまうため、効果的な掃除はできない。つまり、重曹スプレーは鮮度が大切だということだ。

重曹スプレーを作る際には、使用する分だけ作ることで節約することもできる。

重曹と水の割合を守る

スプレーを作るときに、ついつい効果アップを期待してしまい、重曹を多く入れてしまいがちだ。しかしそれは間違いで、水に溶かす重曹が多ければ効果がアップするというものではない。

むしろ、乾いた後に重曹の白い粉が浮き上がって、せっかく掃除をしたのにもかかわらず汚れて見えてしまう。重曹は規定量を守ることがポイントだ。

結論

エコクリーニングの第一歩として重曹スプレーはおすすめだ。材料は100均で揃えられるので始めるのにハードルも低い。スプレーだけでなく、粉やペースト状で使うことで幅広いクリーニングができる。重曹スプレーは、安全面でもペットや小さな子どもがいる家庭にはおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >