このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

米酢、リンゴ酢、ワインビネガー、何が違う?お酢の種類を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2018年11月30日

料理の世界には、似て非なる調理法、食材、加工法が多く存在する。今回お届けするのは、米酢、リンゴ酢、ワインビネガー。それぞれの違いを皆さんは説明できるだろうか?今回はそれぞれの特徴を解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 米酢って?

基本のき

お酢には醸造酢と合成酢が存在する。醸造酢は、米やりんご、ぶどうなどを原料にした酢のこと。対して合成酢とは氷酢酸や酢酸をベースに、調味料を加え、人工的に作った酢のこと。基本的には醸造酢を使うといいだろう。醸造酢は、穀物酢と果実酢に分けられる。

米酢の基礎知識

米酢は、その名の通り、米から作った酢のこと。製造方法は、米を発酵させて作るのが一般的だ。米の種類によって味わいが異なるため、ブランドにより味にはかなり違いがある。好みのものを見つけると料理の仕上がりがぐんと変わる。日本ではかなり古くから使われており、広く庶民に使われるようになったのは江戸時代といわれている。

米酢に向いている料理は?

米酢は米が原料なので、味わいがまろやか。酢の物や三杯酢、すし酢にもってこいの存在だ。特に寿司には、ぜひ米酢を使っていただきたい。癖がないので1本常備すれば、幅広い料理に使うことができる。

2. リンゴ酢って?

リンゴ酢の基礎知識

リンゴ酢は、醸造酢のなかでも果実酢に分類される。りんごの果汁を発酵させて作られる。日本のものと思われがちだが、アップルビネガーという名前で海外でも広く使われている。

リンゴ酢に向いている料理

りんごがベースなだけあって、とてもフルーティーな味わいなので、そのまま薄めて飲むこともできる。ピクルスやドレッシングに使うのがおすすめだ。国産りんごのみで作られたものもある。

3. ワインビネガーって?

ワインビネガーの基礎知識

ワインビネガーの原料はぶどう。ぶどうの果実にワイン酵母を加えて、醸造して作られる。リンゴ酢と同じく、果実酢に分類される。同様にぶどうを原料にしたお酢にはバルサミコ酢もある。こちらは果汁を煮詰めて作るので、より濃厚な味わいが楽しめる。

ワインビネガーに向いている料理

ワインビネガーは、すっきりとした味わいで癖がないので、こちらも幅広い料理に使うことができる。総じて洋風料理の酸味には、ワインビネガーを使うのが正解。ちなみにワインビネガーには、原料のぶどうにより白ワインと赤ワインの2種がある。白ワインの方がよりすっきりとしている。

バルサミコ酢の上手な使い道

バルサミコ酢の使い方が、いまいちわからない。という人は、ぜひ煮詰めて使ってみてほしい。煮詰めることで酸味が飛び、グッと深みのある味わいになる。ソテーしたポークやチキンにかけるだけでレストランのようなソースになる。また、醤油やはちみつなどとの相性もよい。酢が苦手な人にもおすすめだ。

4. 上手に使い分けるには?

味わいを確かめる

米酢、リンゴ酢、ワインビネガーは、それぞれ原料が異なるため、味わいもまるで違う。家庭であれば、この3種があれば十分。すべて揃えるのが難しい場合は、米酢とワインビネガーをピックアップしよう。それぞれ、実際に食べてみると違いがわかりやすい。

酸味を飛ばす裏技

酸味が苦手、という人は、ぜひ加熱調理に使ってみてほしい。加熱することで、酸味が飛んで、深みがぐっと増す。肉や野菜の炒め物の仕上げに、数滴加えるだけでもグッと味わいに差が出る。

結論

原料が異なる米酢、リンゴ酢、ワインビネガーは味わいももちろん異なる。ぜひ、少量タイプを揃え、どんな味か確かめてみよう。酢の物やドレッシングだけでなく、加熱調理に使う技も覚えると◎。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ