このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アレンジ次第で食べ方いろいろ!しゃぶしゃぶの奥深さにせまる

投稿者:ライター 大中千景(おおなかちかげ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月 8日

寒い冬に食べたい温かい鍋料理の1つがしゃぶしゃぶ。出汁のしっかり効いたお湯に肉や野菜をくぐらせて、ポン酢やゴマダレで食べるしゃぶしゃぶは、あっさりしていてとてもヘルシー。今回はそんなしゃぶしゃぶをさらに堪能するための食べ方を紹介。ぜひこの記事を参考に、あなたオリジナルのしゃぶしゃぶレシピを開発してほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. しゃぶしゃぶの特徴は

ここではしゃぶしゃぶの特徴を紹介しよう。まずはしゃぶしゃぶに使用する肉。おもに牛肉もしくは豚肉が使われる。ちなみに、関西では牛肉派、関東では豚肉派が多いといわれている。しゃぶしゃぶの一番の特徴といえば、やはり肉の厚みだろう。一般的に、すき焼きに使用される牛肉の厚みは2mm程度といわれている。しゃぶしゃぶ用の肉は、それよりもさらに薄くスライスされている。これにはれっきとした理由があり、さっとお湯にくぐらせるだけでも火を通りやすくするためだといわれている。また、しゃぶしゃぶ用に使われる部位は、牛肉、豚肉ともにロース、肩、外ももであるというのも大きな特徴のひとつといえるだろう。さらに近年では、牛しゃぶ、豚しゃぶのほかにも鶏しゃぶやブリしゃぶ、鯛しゃぶなど、ラインナップが豊富だ。好きな肉や魚、野菜で楽しむことができるのも、しゃぶしゃぶの特徴の1つである。

2. しゃぶしゃぶに使う野菜の切り方

いくら豚や牛を楽しむ鍋料理だといっても、肉だけではいささか寂しい気もする。そこで、しゃぶしゃぶにぴったりの野菜の切り方やを紹介していこう。まずは、葉物。葉物のおすすめは白菜、レタス、春菊、キャベツなど。しゃぶしゃぶに使用する葉物は、手で大胆にちぎったり、ざく切りにしたりすればOK。白菜の芯の部分は、薄くそぎ切りにしていくと火が通りやすくなる。
続いて根菜。根菜のおすすめは、大根、にんじん。しゃぶしゃぶにしてもしっかりと食べごたえがあるので、あれば嬉しい野菜だ。根菜は、薄切りにするのがベスト。ピーラーやスライサーなどの調理器具を使えば、簡単に薄くできる。
えのき、まいたけ、しいたけなどのきのこ類もしゃぶしゃぶにぴったりの食材だ。しゃぶしゃぶにすれば、きのこ本来のもつ旨みを存分に味わうことができるだろう。きのこ類は、いしづきを取って小房にわけるだけでよい。このほかにも、もやし、ネギ、変わり種ではズッキーニ、かぼちゃなどもしゃぶしゃぶにすると美味しいのでおすすめ。

3. しゃぶしゃぶのちょっと変わった美味しい食べ方は

さっと湯通しした肉や野菜をゴマダレやポン酢ダレで食べる従来の食べ方にちょっぴり飽きてきた...という人に、いつもとひと味違う変わり種の美味しい食べ方を紹介しよう。まずは出汁をアレンジする方法。出汁に豆乳やオリーブオイル、昆布茶などを使用してみよう。豆乳を使えばクリーミーでコクのあるしゃぶしゃぶに、昆布茶を使えば風味豊かな優しい味わいにしゃぶしゃぶが大変身である。
また、トマト風味の出汁を使用してイタリアンしゃぶしゃぶ、カレールーを溶かした出汁にくぐらせるスパイシーしゃぶしゃぶなど、洋風にアレンジするのもおすすめだ。また、使用する具材を変えてみるのもいいだろう。イカや牡蠣、まぐろ、わかめなどをメイン具材に使用するのも美味しい食べ方としておすすめだ。

4. ダイエット中の人におすすめな食べ方~しゃぶしゃぶ編~

温かいしゃぶしゃぶは、胃腸を活性化してくれ、消化を促す効果が期待できる。肉だけでなく野菜もたくさん食べられるので、食物繊維やたんぱく質をしっかりと摂取することができる。また、野菜を多めに食べたり、きのこを入れたり、脂身の少ない肉を使ったりすれば、しっかり食べてもカロリーが控えめなので、まさにダイエットにぴったりの料理だといえよう。いい出汁が出るので、つけダレが少なくてもじゅうぶんに風味が出る。さらに、こんにゃくや白滝を入れることで食べごたえが増し、少ない量でも満足感を得ることができる具材もおすすめである。ダイエット中でもほんの少し具材を工夫するだけで、しゃぶしゃぶを思いっきり堪能することができるのだ。

結論

ヘルシーなしゃぶしゃぶも、工夫次第でさらにカロリーカットできる。美味しくて食べごたえがありそのうえ低カロリーとは、しゃぶしゃぶはダイエット中の救世主!といったらいいすぎだろうか。この冬はいろいろなしゃぶしゃぶの食べ方にトライして、しゃぶしゃぶ道をひとつ極めてみるのはいかがだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ