このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

風味を保って長く美味しく楽しむ!ウスターソースの保存方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年4月10日

さまざまな材料の旨みが詰まったウスターソースは、便利な調味料だが、大容量のボトルで買っても、なかなか使い切れない場合がある。自家製した場合も、意識して使わなければ余らせてしまうかもしれない。本記事では、余ったウスターソースを美味しく保存する方法について紹介する。

1. ただ保管するのはNG?ウスターソースの正しい保存方法

開封した市販の、および自家製のウスターソースの正しい保存方法は、冷蔵保存だと言われる。ウスターソースは、常温でも腐ることは少ない。しかし、時間とともに味や香りが落ちやすいため、常温での長期保存は向かないのだ。味や香りを保つためには、正しい方法で保存する必要がある。

また、冷凍保存は長期間の保存が効くが、ソースの食材によっては風味が落ちる場合もある。自家製の場合、特に注意が必要だ。

一方、冷蔵保存なら、風味を保ちつつ長期保存できる。手軽さの面からも、ウスターソースの正しい保存方法としては冷蔵保存がおすすめだ。

2. おすすめ!ウスターソースの冷蔵保存方法

ウスターソースが余ったら、なるべく密閉容器に入れる。特に自家製の場合は、忘れずに移し替えよう。そのまま冷蔵庫に入れて保存しよう。これだけで、風味を保ったまま長期間保存できる。

市販のウスターソースを開封後に冷蔵保存した場合、約2〜3ヶ月ほどは美味しく食べられる。ただし自家製ソースの場合は、食材によっては長く保存できない可能性がある。冷蔵保存したからと油断せず、様子を見ながら、なるべく早く使い切るようにしよう。

3. 長期保存向き!ウスターソースの冷凍保存方法

ウスターソースを冷凍保存したい場合は、フリーザーバッグなどに入れてから、冷凍庫に入れると良い。その際、厚さがなるべく薄くなるようにするのがおすすめだ。解凍しやすくなるだけでなく、一度に使う量だけを割ることもできるからだ。また、使う量ずつに小分けにするのも良いだろう。

ウスターソースを冷凍保存すると、冷蔵保存以上に長期間保存できる。ただし、冷凍により風味が損なわれる場合もある。それでも良いから長く保存したい、という場合には、冷凍保存を選択肢に入れて良いだろう。

4. 焦らず安全に!ウスターソースの解凍方法

理想的なウスターソースの解凍方法は、冷蔵庫でゆっくりと解凍すること。時間をかけることにより、風味を極力損なわずに解凍できるだろう。

急いでいる場合は、つい電子レンジで解凍したくなるが、この方法ではウスターソースがすぐに熱くなってしまう。やけどの危険があるほか、ソースを入れているフリーザーバッグなどが破れてしまう可能性もある。時間がないときは電子レンジで半解凍して、残りは鍋に移して加熱し解凍するという方法もある。手早さや風味の保持だけでなく、安全面にも十分に注意を払おう。

結論

ウスターソースは、もともと保存が効く調味料だが、保存の仕方によって風味に違いが出てくる。冷蔵保存が基本ということを忘れないようにして、風味を長く楽しみたい。特に自作した場合は、せっかく手間をかけたのだから、長く美味しく食べられるように保存しよう。長く保存すると、ソースが熟成されるという考え方もあるが、まずは早めに使い切ることを意識するのが良い。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ