このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

干し肉のカロリーが高めでもダイエットにおすすめの理由とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月20日

干し肉といえばビーフジャーキーが有名である。ビーフジャーキーは本来、保存性を高めるために肉を干したものであるが、今では酒のつまみとして食べられていることが多い。ここでは干し肉のカロリーや栄養について紹介し、ダイエットへの活用法を考えていきたい。

1. 干し肉といえばビーフジャーキー!気になるカロリーは?

食品成分表によると、ビーフジャーキーは100gあたり315kcalである。生の和牛もも肉は100gあたり259kcalであることから、ビーフジャーキーのカロリーは高めといえるだろう。ビーフジャーキーは、肉の中に含まれる水分を飛ばして乾燥させて作られる。そのため生の肉よりも水分量が少なく、栄養素や旨味が凝縮されているのである。

しかし、ビーフジャーキーは乾燥しているため噛みごたえがあり、一度に多くの量を食べるのは難しい。コンビニやスーパーで買えるビーフジャーキーの1パックあたりの量は少ないものばかりなので、カロリーを摂りすぎるリスクは生の肉よりも少ないかもしれない。

2. 干し肉は高栄養?注意することはある?

注目したいのがビーフジャーキーの栄養価である。水分を抜いて乾燥させた食品は栄養素が凝縮されているものが多いので、栄養価の高い食品が多い。しかし、その中でもビーフジャーキーはダントツの高い栄養価を誇るといってもいいだろう。

・ビーフジャーキーに含まれる主な栄養(100gあたり)

たんぱく質54.8g、脂質7.8g、炭水化物6.4g鉄6.4mg、亜鉛8.8mg、ナイアシン11.8mg、ビタミンB12 3.5μg、パントテン酸1.25mg

ビーフジャーキーには、三大栄養素だけではなくビタミンやミネラルも幅広く含まれている。特に鉄や亜鉛は不足が懸念される栄養素であるが、ビーフジャーキーは効率よく摂取できるというメリットがある。ただし、食塩相当量が多く4.8gにもなる。乾物は塩漬けにして作られるものが多いので、塩分には注意したい。

100gあたりたんぱく質を50g以上含んでいる食品はなかなかない。たんぱく質は筋肉の材料となり、代謝を上げるためにも欠かせない栄養素である。ダイエット中にも積極的な摂取が勧められている栄養素なので、ダイエッターは上手にとり入れていこう。

3. 干し肉は糖質制限にも向いている?

ダイエット中の天敵である糖質は、肉類にはもともと少ないが、ビーフジャーキーは100gあたり6.4gとなっている。ご飯に含まれる糖質量は36.8gであり、比べてみるといかに少ないかということがわかるだろう。

ビーフジャーキーは糖質量が少なく、たんぱく質が多いためダイエット中でも安心だ。しかし、100gあたりのカロリーは315kcalと高めなので、あくまでも食べ過ぎないことを心がけよう。

4. 干し肉を使ってカロリーオフする方法

ビーフジャーキーは食事として食べることは少ないが、おつまみやおやつとして親しまれている。ビーフジャーキーの最大のメリットはよく噛むことができるという点で、ガムと同じように満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ効果がある。

おつまみやおやつに食べるのもよいが、食前に少し食べておくと、少ない食事量でも満足感を高めることができるだろう。「ご飯の前にはビーフジャーキー」を合言葉にして、ダイエット中の空腹感を緩和するために活用してみよう。

結論

干し肉はほとんどが牛肉で作られるため、ビーフジャーキーと同じ意味を指すことが多い。ビーフジャーキーは肉の水分を抜いて栄養素を凝縮させているため、不足しやすい鉄や亜鉛などのミネラルが豊富に含まれている。カロリーが高めなので摂りすぎには気を付けなければならないが、上手に摂り入れられればダイエットにも活用できる優秀な食品といえるだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ