このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【かつおのたたき】に合う薬味とは?定番から変わり種まで紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年1月28日

高知県土佐の名物であるかつおのたたきは、全国的にも知られている人気のある郷土料理の一つである。炙ったかつおには旨みが凝縮されているため、さっぱりとした味付けとたっぷりの薬味でいただくのが美味しい食べ方だ。この記事では、かつおのたたきに欠かせない薬味に着目し、定番のものから変わり種のものまで紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かつおのたたきの定番薬味とは

かつおのたたきは薬味と一緒に食べることで、生臭さが気にならなくなりより美味しく食べられる。一般的に薬味というとおまけのような量を想像しがちだが、かつおのたたきにはたっぷりの薬味を添えられることが多い。定番の薬味の中から好きなものを選んで組み合わせよう。

定番の薬味と切り方

  • たまねぎ(新たまねぎ)...薄切りにし、空気にさらす(辛みをやわらげるため)
  • 青ネギ...小口切り
  • みょうが...千切り
  • 大葉...そのまま、もしくは千切り
  • にんにく...薄切り
  • しょうが...すりおろす

本場高知の薬味はにんにくたっぷり

かつおのたたきは薬味を添えてポン酢などをかけていただくのが一般的だが、高知の漁師の間では古くからたっぷりのにんにくと塩で味わう食べ方が伝えられてきた。にんにくはかつおの臭みを和らげてくれる薬味のため、たたきだけでなくかつおの刺身もにんにく醤油で食べられることが多い。

2. かつおのたたきと薬味の盛り付け方

かつおのたたきとたっぷりの薬味をどのように皿に盛り付ければよいかわからないという人も多いだろう。美しく盛り付けるにはちょっとしたコツが必要だ。

高さの出る盛り付け方

まずたまねぎを皿に平らに敷き、次にかつおのたたきを並べる。その上から千切りにした大葉とみょうが、にんにくを散りばめ、最後に青ネギを散らす。大葉を切らない場合はたまねぎと一緒に皿に敷く。このように薬味とかつおのたたきを重ねるように盛り付けることで高さが出て美しく見える。かつおのたたきと薬味にまんべんなくタレをかけたい場合にもおすすめの盛り付け方だ。

間に薬味を入れる盛り付け方

かつおのたたきを4~5きれずつのブロックで皿に並べ、ブロックの間に薬味を盛り付けるという方法もある。パーティーメニューとして出す場合におすすめの盛り付け方だ。にんにくと青ネギは全体に散らしてもよい。

完全に分ける盛り付け方

皿の中央にかつおのたたきを集め、まわりに薬味を盛り付けてもきれいだ。薬味にタレがかかりにくいため、味が濃くなったりシャキシャキ感がなくなったりすることも防ぐことができる。また薬味が苦手な人がいる場合も、かつおだけを取ることができるというメリットがある。

3. かつおのたたきに合う変わった薬味

かつおのたたきにはポン酢やタレ、塩などさまざまな味付け方がある。薬味を変えることでもまた変わった味を楽しむことができる。そこで、いつもとはちょっと違う変わった薬味を試してみてはいかがだろう。

梅干し

甘酢タレとの相性がよい梅干しは、みじん切りにして全体に散りばめよう。タレに混ぜてからかけてもよい。さっぱりとした酸味がさわやかで意外と美味しい。

貝割れ大根

ピリッとした辛みがたまらない貝割れ大根をいつもの薬味に加えれば、より大人の味わいに。

大根おろし

かつおのたたきをよりさっぱり食べたい人には大根おろしがおすすめ。ポン酢や甘酢との相性もよく、いつもと違った味わいが楽しめる。

結論

かつおのたたきは、シンプルな薬味で味わうのも、もちろん美味しいが、にんにくたっぷりの漁師風レシピや定番の薬味とポン酢のほかにも、変わった薬味やタレなど様々な食べ方ができるのも魅力だ。まだ試したことの無い食べ方があれば、ぜひチャレンジしてみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ