このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ハッシュドビーフ】の作り方や保存方法は?気になる歴史も紹介

【ハッシュドビーフ】の作り方や保存方法は?気になる歴史も紹介

投稿者:ライター 佐々木美紀(ささきみき)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月 5日

ハッシュドビーフの調理方法や裏ワザに関する記事をまとめて紹介しよう。ハヤシライスとの違いも解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハッシュドビーフのカロリー

ハッシュドビーフは一品でも満足できる、ライスと相性バツグンの煮込み料理。ハッシュドビーフをライスといっしょに食べた場合、どれくらいのカロリーになるのかはダイエットをしていなくても気になるところ。ハッシュドビーフは材料に牛肉やデミグラスソース、バターを使用しているので比較的カロリーは高めだ。カロリーオフしたい場合は脂質の少ない肉を選ぶか、ライスを少なめによそうのがおすすめだ。
この記事もCheck!

2. ハッシュドビーフのおすすめ隠し味

ハッシュドビーフを作る際のポイントは3つ。牛肉に下味をつけること、玉ねぎをしっかり炒めること、煮込んだ後は強火で水分を飛ばすことだ。また、隠し味にカラメルソース、チョコレート、赤みそ、醤油などを加えると味に深みが増すので、気になる方はぜひ試してみてほしい。添えるライスをガーリックライスやサフランライスに変えても旨い。
この記事もCheck!

3. ハッシュドビーフのアク取りは調理の重要なステップ

アクは食材に含まれる渋みやえぐみ、苦み成分だ。アク取りは必要ないと思っていた、こまめなアク取りは面倒だ、という方は、料理がさらに旨くなるチャンスを逃しているかもしれない。アク取りのコツは、煮込み料理の場合、材料を入れた鍋が沸騰してきたら一気に強火にすること。アクが中央に集まり取りやすくなる。また、キッチンペーパーやアルミホイルを使用すると手軽にアクを取ることができる。
この記事もCheck!

4. ハッシュドビーフの保存方法

ハッシュドビーフを多めに作った際、そのまま常温保存しておくのはおすすめしない。常温ではウェルシュ菌という食中毒の原因になる菌が繁殖するリスクが高まるからだ。次の日に食べる場合は冷蔵保存、後日食べる場合は冷凍保存が適している。どちらの場合もできてすぐに急速に冷やして保存容器に移すとよい。冷凍保存の際はジッパーつきの袋に小分けにして保存するのがおすすめだ。
この記事もCheck!

5. 冷凍保存したハッシュドビーフは湯せん解凍しよう

ハッシュドビーフの保存には冷蔵か冷凍が適していると紹介したが、冷凍保存した場合、解凍方法に迷う。電子レンジを使用するのか、鍋に移して直火で温めるのか...。冷凍したハッシュドビーフを美味しく食べるには湯せん解凍がおすすめだ。解凍の際に温めムラができにくく、保存袋に入れたまま温められるので洗い物も少なくて済む。カレーやシチューの解凍と同じ要領である。
この記事もCheck!

6. ハッシュドビーフソースの活用法

ハッシュドビーフをいつもと違うアレンジで食べたい。そんなときはオムライスソースとして食すのはいかがだろうか。卵に水と油、生クリームを足して混ぜながら焼いてふわふわのオムレツを作ろう。ライスのうえに移し、ナイフで切り目を入れて割ればとろとろ卵のオムライスだ。そこにハッシュドビーフをかければいつもと違う特別なオムライスに早変わりである。
この記事もCheck!

7. ハッシュドビーフはハヤシライスと違う?

ハッシュドビーフとよく似た食べ物にハヤシライスがある。どちらも薄切りにした牛肉をデミグラスソースで煮込んだもの。ハッシュドビーフはハヤシライスとどう違うのか、気になる人も多いはずだが、実のところ、両者に明確な区別はない。ハヤシライスは西欧からハッシュドビーフが伝わった際にアレンジが加わり、ハヤシライスと名が変化して現在に至るという説が有力のようだ。
この記事もCheck!

8. ハッシュドビーフやハヤシライスの元祖

ハッシュドビーフ、ハヤシライスはともにほぼ同じポジションで扱われているが、気になるのはハヤシライスがなぜハヤシライスと呼ばれるようになったか、ではないだろうか。ハヤシライスは早矢仕有的(はやしゆうてき)という人物が作り始めたのがきっかけでそう呼ばれるようになったという説が有力だ。当時は日本にブラウンソースがなく、醤油やみそ、野菜、肉を煮込んで作られたそうだ。
この記事もCheck!

結論

ハッシュドビーフは材料を煮込むだけで比較的簡単に調理することができる。牛肉を使用しているので豪華さがあり、おもてなし料理にもおすすめだ。ハンバーグやオムライスにかけるなどアレンジも効く料理なので、ぜひ多めに作ってストックしたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >